無料ブログはココログ

« 尾道の浄土寺山、よめさんの希望で登る | トップページ | 一二三ではなく壱弐参 »

2019年11月17日 (日)

ラストライン

「ラストライン」文春文庫 堂場瞬一
新しい警察小説のキャラクター。
岩倉剛は年齢50歳になり、捜査一課から所轄に転勤を申し出た。赴任署は南太田署。
殺人事件が起き、新聞記者が自殺した。
関連が気になり、調べてみる許可を得た。
ずばり、予感は的中した。
捜査本部の目標とはかなり別の線での逮捕ということになった。
まだキャラクターが魅力的とは言えません。
記憶力が並外れている。過去の捜査記録・新聞発表を覚えこんでいる。
その記憶が捜査に活かされるここぞという場面はなかったなぁ。
相棒の新任女性刑事も普通人だよなぁ。
このシリーズ、評判を上げるのかなぁ。

読書メーター

広島ブログ

« 尾道の浄土寺山、よめさんの希望で登る | トップページ | 一二三ではなく壱弐参 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 尾道の浄土寺山、よめさんの希望で登る | トップページ | 一二三ではなく壱弐参 »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31