無料ブログはココログ

« 陝西省 | トップページ | うしくん かえるくん »

2019年12月16日 (月)

地に巣くう

「地に巣くう」あさのあつこ 光文社
主人公の群れは、北町常廻り同心小暮信次郎、小間物問屋遠野屋の主人清之介、岡っ引き(親分)伊佐治。
小暮は夜道を襲われて傷を負った。
ここから紐を手繰り始め、父親、同心の小暮右衛門が抜け荷に加担していたことを探り出す。
こう書いてしまえば単純だが、巻頭から巻末までを一挙に圧縮すると、こういうことなのだ。
三人とも只者ではない。
話す言葉、語る口跡が魅力的なのだ。
あの、バッテリーのあさのあつこが時代小説に達者なのにびっくりする。
弥勒シリーズの一つなのだ。
読んで、毎回唸るのは、漢字の使い方が達者なこと。
漢籍にも詳しいのじゃなかろうか。

読書メーター

広島ブログ

« 陝西省 | トップページ | うしくん かえるくん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 陝西省 | トップページ | うしくん かえるくん »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29