無料ブログはココログ

« 東広島市河内町、広島空港を経て一周(自転車篇) | トップページ | 冬タイヤに替えました »

2019年12月 4日 (水)

百舌落とし

「百舌落とし」逢坂剛 集英社
百舌シリーズ第八弾です。
百舌が生きたまま両目をテグスで縫い合わされ、木の枝に結わえ付けられてバタバタ暴れているのが見つかる。
百舌落としという技法なのだそうな。
かっての<百舌>は死んだのに、<百舌>と名乗る殺人犯がいる。
警察の公安を退職した大杉は調査会社を開いている。
上司の倉木は公安畑に在職している。
新聞記者の残間も<百舌>を追う。
いったい、<百舌>とは誰なのか。
<百舌>は殺されます。誰かはここでは語れません。
この中の二人が死にます。誰かは明かせないけどね。
主要人物が死んでしまったから、もう<百舌>の続編はありません。

読書メーター

広島ブログ

 

« 東広島市河内町、広島空港を経て一周(自転車篇) | トップページ | 冬タイヤに替えました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東広島市河内町、広島空港を経て一周(自転車篇) | トップページ | 冬タイヤに替えました »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31