無料ブログはココログ

« うしくん かえるくん | トップページ | 芸石国境、境界を分ける長瀬川、再び行く(自転車篇) »

2019年12月18日 (水)

花を呑む

「花を呑む」あさのあつこ 光文社
主人公は、北町常廻り同心小暮信次郎、小間物問屋遠野屋の主人清之介、岡っ引き(親分)伊佐治。
油問屋東海屋の主人が殺された。
死体には牡丹の花が口いっぱいに詰め込まれていた。
タイトルの「花を呑む」そのままの世界です。
同心小暮の狷介な性格はそのままですが、遠野屋の過去が語られてきます。
町人になる前は武士で、父に命じられて何人も暗殺したということ。
弥勒シリーズはこれで2冊目ですが、同心小暮は遠野屋の過去を知っているのか。
並外れた腕の冴えはよく分かっています。
花の香り、においがキーになります。

読書メーター

広島ブログ

« うしくん かえるくん | トップページ | 芸石国境、境界を分ける長瀬川、再び行く(自転車篇) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うしくん かえるくん | トップページ | 芸石国境、境界を分ける長瀬川、再び行く(自転車篇) »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29