無料ブログはココログ

« 違えよ、その2 | トップページ | 字数を百まで数えるには »

2020年1月16日 (木)

焦土の刑事

「焦土の刑事」堂場瞬一 講談社
昭和20年、空襲で東京は焦土と化していた。
その中で、2件の連続殺人が発生する。
京橋署の高峰刑事は殺人事件の捜査に取り掛かっていた。
上からの命令で差し止めとなった。
終戦で、警察は変わった。特高が廃止された。
本庁の捜査一課に転勤となった。
また殺人事件があった。今度は差し止め命令はない。
さらに殺人事件が起きた。
どうも演劇の昭和座の関係者に何かがありそうだ。
元特高の検閲をやっていた海老沢を引き込む。小学校の同級生なのだ。
わたし、戦中戦後の事情には疎いけど、そうかもしれない、そうなのだろうな、と納得です。
ここでの昭和座とは、劇団新派や新国劇をイメージしての架空のものでしょうかね。

読書メーター

広島ブログ

« 違えよ、その2 | トップページ | 字数を百まで数えるには »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 違えよ、その2 | トップページ | 字数を百まで数えるには »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31