無料ブログはココログ

« 12月に読んだ本 | トップページ | 雲の果 »

2020年1月 3日 (金)

冬天の昴

「冬天の昴」あさのあつこ 光文社
弥勒シリーズの内です。
いつもなら遠野屋清之介が主人公で回して行くのが通常ですが
この巻では同心小暮信次郎が主人公。
出会茶屋で酌婦と奉行所の同心との心中が発見された。
ただの心中と処理されるところだったが、同心小暮信次郎は疑った。
裏を暴き、核心に迫るのがこの小説のキーです。
もちろん、本筋にまつわるサブストーリーがあって
遠野屋清之介の見せ場もあります。
お話しの運びもよく出来ているが、単に筋を追うだけではつまらない。遠野屋清之介、同心小暮信次郎、岡っ引き伊佐治のやり取りがあって、くつろげるのです。

読書メーター

広島ブログ

« 12月に読んだ本 | トップページ | 雲の果 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月に読んだ本 | トップページ | 雲の果 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31