無料ブログはココログ

« 完治と寛解 | トップページ | 焦土の刑事 »

2020年1月15日 (水)

違えよ、その2

012-02-08 に、違えよ、について、ここで考えてみたことがあります。
違うよと違えよが同じだ、ここまでは指摘出来たのですが。
どう同じなのかは追及出来ていませんでした、ここまでがその1。

違えよを使うキャラにはキムタクがいます。
キムタクがいて、彼より若い世代は誰もが使う。

実は、江戸時代から使われていたんじゃないか、そう考えます。
歌舞伎のセリフにも、落語講談の語りの中にもでてきません。
しかし、江戸の周辺、関東から信濃越後あたりには、違えよ、があった。
江戸っ子にも染まっていて、自然と口にしていた。
江戸っ子は自分が使っているとは決して認めないが、外から流れ込んでくる人数のほうが多い。
染まって当然なのです。

キムタク、ナカイ世代は、関東べぇべぇ言葉を使うのを隠しもしない。好んで使っています。
違えよも、関東べぇべぇ言葉の一種なんですよ。
関東イナカ弁を使うのがカッコイイ、逆転してしまったのです。
彼らによって、江戸時代からの底流が表に噴出したんじゃないでしょうかね。

広島ブログ

« 完治と寛解 | トップページ | 焦土の刑事 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 完治と寛解 | トップページ | 焦土の刑事 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31