無料ブログはココログ

« アカウントを確認してください | トップページ | 江の川、芦田川、沼田川、水源地を行く(自転車篇) »

2020年2月29日 (土)

愛子天皇でほんとうに良いのか

愛子天皇が実現するか、ということで考えてみます。
いずれは、愛子内親王も結婚なさいます。
夫君が皇室に繰り込まれて、皇配という立場・名称になろうかと思います。
イギリス王室のエリザベス女王の夫君は王配と呼ばれています。

夫君は必ず民間人です。
サラリーマンで若いからぺーぺーの役職だろうと思われます。
給料も高額であるはずもない。
愛子天皇の夫君を、上司として叱ったことがある、クレームで問い詰めて罵詈雑言を浴びせたことがある。
こんな事態は当然あります
あっても不思議じゃないけど、これはマズイのじゃないでしょうか。

若くても、叱られない立場というと
生け花・茶の湯の御曹司、高僧・神職の次世代が候補に挙がります。
国民としては、それでええのか。そんな温室育ちを皇室に仰げるのか。

愛子内親王が民間に降嫁することは想像できても
その逆は想像しにくい。

愛子天皇は現実的とは思えません。
法制上可能であるとしても、それを国民が受け入れられるか、それは別問題です。

広島ブログ

« アカウントを確認してください | トップページ | 江の川、芦田川、沼田川、水源地を行く(自転車篇) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アカウントを確認してください | トップページ | 江の川、芦田川、沼田川、水源地を行く(自転車篇) »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31