無料ブログはココログ

« 電源切ったのに切れていない問題(続) | トップページ | 見切れる »

2020年2月20日 (木)

飛雲のごとく

「飛雲のごとく」あさのあつこ 文芸春秋
元服の場面から始まる。
14歳、新里林弥は元服した。
同年齢の道場仲間が二人。
山坂和次郎、既に普請方に出仕している。
家老の妾腹の子で樫井透馬。
小舞藩には暗殺が横行している。
新里林弥の兄も暗殺された。
樫井透馬を芯に新しい小舞藩を作り直していくのだ。
読みながら、こいつら14歳そこそこの中学生程度の若者だよな。
どうみても姿かたちは青年剣士じゃないか。
襲撃に立ち向かい、切り結び、切り抜けていく。
遺された兄嫁に恋心を抱くところは、中学生程度だよなぁ。
爽やかなお話だが、年齢に合う筋立てではないので、戸惑いながら読み切りました。
前作「火群のごとく」を受けて続編なのだそうな。それは知らなかった。
さらに続くであろう、この次を読んでみたい。

読書メーター

広島ブログ

« 電源切ったのに切れていない問題(続) | トップページ | 見切れる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電源切ったのに切れていない問題(続) | トップページ | 見切れる »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31