無料ブログはココログ

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月30日 (木)

めざわり みみざわり

めざわりは目障り、不愉快なこと
みみざわりは耳触り、心地よいこと

めざわりは、誰もが不愉快だと共通認識ですが
みみざわりは、人によっては、愉快、不愉快、必ずしも一致しているわけではありません
場の状況を伝えながら、こっちの意味での《みみざわり》だよと明示する必要があります

てざわり、はだざわり、も心地よいことのはずですが
逆に、不愉快なことと受け取られることがあります
しょうがないね、あなたは嫌われているんですよ

広島ブログ

2020年4月29日 (水)

君たちに明日はない

「君たちに明日はない」垣根涼介 新潮文庫
「君たちに明日はない」「借金取りの王子」「張り込み姫」「勝ち逃げの女王」「迷子の王様」とシリーズがある。
当然、全部読み。
本棚を眺めていて、もう一回読んでみよう、13年前の本の再読み本。
リストラ請負会社です。内部社員では情が絡むところを、外部会社だからズバズバ切っていける。
首を斬られて当然というケースもある。
首を斬らずに別の形で残すというアドバイスもある。
中には、転職を橋渡しするケースもある。
シリーズ最後の「迷子の王様」ではリストラ会社が廃業する。
自分もリストラの対象になる、という究極のリストラ話しが展開します。
リストラ話が小説でシリーズ化される。
次はどこが首切りの舞台になるんだろう。
垣根涼介、凄い小説の泉を掘り当てましたね。
必殺仕事人ならぬ必殺首切り人だけど、泉が涸れる前にシリーズを打ち切った。
こういうところが潔いのだよね。

読書メーター

広島ブログ

2020年4月28日 (火)

シャベル・スコップの持ち手の形状

中国・アラブ・ヨーロッパでのシャベル・スコップの持ち手の形状は一本の棒状です
アメリカでは、現在は知らないが、西部劇では棒状の持ち手でした

日本では、シャベル・スコップは末端が三角形の持ち手になっています
明治時代、始めてシャベル・スコップに出会った時は末端まで棒状だったはずです
その後、日本では、棒状の持ち手から、三角形の持ち手に変わりました
日本標準は完成しましたが、世界標準から離れています
これから先、どこまで日本標準が世界に浸透していくのか、見ていたいです
道具は単純なほうがええ、という保守的なものが優勢だから、変わらないと思います
その意味では、ころっと変えてしまった日本の柔軟さは世界でも珍しいと言えます

ここでシャベル・スコップと大雑把な言い方にしたのは、下のような理由です
東日本と西日本でシャベル・スコップの呼び方が反対になっているのだそうです
片方だけ肩を持つわけにはいかないので、両方とも掲げて、双方の顔を立てるようにしました

広島ブログ

2020年4月27日 (月)

女性を卑下?! あぁ、発信元があそこならしょうがない

《”女性を卑下”大阪市長に批判》
こんなタイトルでTweetが出ていると記事があります。
https://news.nifty.com/article/world/korea/12211-642197/
松井大阪市長の「女性は買い物に時間がかかる、だから」という発言に関してです。

《卑下》じゃないでしょ、《蔑視》の間違いだろう。
発信元は、Wow!Korea  あぁ、そこなら、しょうがない、よくある間違いです。
韓国では、《蔑視》と書くべきところを《卑下》と書いてしまうのです。
日本語翻訳文の中で《卑下》と誰もがそう表現します。
ネット辞書がそうなっているのかしらね。
韓国の韓日辞書ではなく、日本の日韓辞書を開いてみることをお薦めします。

自分を引き下げること《卑下》と、他人を貶(おとし)めること《蔑視》、両者の区別ができないのかもしれません。

どうかすると、日本人の書く文章にも《卑下》と誤用するのが見受けられます。
ついつい韓国流の影響を受けてしまうのでしょうが、間違えてはいかんよ。
日本人なのに《卑下》と《蔑視》を取り違えるのは恥だ、固く自分を戒めましょう。

広島ブログ

2020年4月26日 (日)

自転車のこれからの予定を変えました

HPのトップページに自転車の予定を掲げています
-----
太田川中流域
旧甲奴郡大回り
宮島海岸
可愛川源流
帝釈峡
-----
今までは、このように公表していましたが
中には、一年以上も前から予告したまま、《行く行く詐欺》状態になっています
-----
ピオーネ団地東回り
ピオーネ団地西回り
可愛川江の川西城川馬洗川
三次庄原間自転車最適の道
江の川太田川沼田川水源地
-----
今までのは全部キャンセルして、このように変更しました

骨折で入院して、病院のベッドで睡眠誘導材として、うつらうつらと
図上演習ならぬ頭上演習で選り抜いて
遠くを目指さず、近場のコースを攻めよう、と選定しました

広島ブログ

2020年4月25日 (土)

やる あげる さしあげる

やる 普通語
あげる 敬語
さしあげる 最上級

じゃぁ、その反対の、見下(みくだ)す言葉、貶(おとし)める言葉 は なぁに

くれてやる

広島ブログ

 

2020年4月24日 (金)

言葉がキツイ

言葉がキツイのに、二種類あります
切り口上、ののしり、吊るし上げ、イチャモン、この時に使う言葉がキツイのと
方言、なまり、ローカル、が深くて、何を語っているのか聞き取れないキツイのと
両者、全然違うのにね
同じ言葉のことだからと、キツイ、で括ってしまうのでしょうね
あっちのキツイのと、こっちのキツイのとは、全然空気感が違うのにね

広島ブログ

2020年4月23日 (木)

ほぼほぼ

[ほぼ]と言わずに、[ほぼほぼ]と表現するのに違和感あり
違和感があるけど、どうやらわたしのほうが少数派みたい

[ほぼほぼ]に最初に出会ったのは、稀勢の里の記者会見でした
優勝して、インタビューで、[ほぼほぼ]と語るのを初めて耳にしました
それから以後は、芸能人などでちょいちょい聞くようになりました

ゆうべ息子と電話していたら、あいつ、[ほぼほぼ]という言葉を使いよる
ははぁ、世代語なのだ、年齢が違えば使う言葉も違うのだ
地域語かもしれない、使う地域と使わない地域、浸透するのにむらがあるみたい

[ますます]が当たり前です、[ます]とは言わない 増々
[ほどほど]が当たり前です、[ほど]とは言わない 程々
[しめしめ]が当たり前です、[しめ]とは言わない、嬉しくて思わず出る言葉
[ただただ]が当たり前です、[ただ]とは言わない、唯々 唯と言うこともある
[かさねがさね]が主流です、[かさね]とは言わない 重ね重ね
[かえすがえす]が主流です、[かえす]とは言わない 返す返す

重ね言葉です、繰り返しの言葉です
[ほぼほぼ]が主流で当然なのだろうなぁ

広島ブログ

2020年4月22日 (水)

USBメモリーの足が引っ込んだ

何度も抜き差しを繰り返していると
足がメモリーの体内に引っ込んでしまいました
えらいこっちゃ

ラジオペンチで足をつかんで引き出して
USBメモリースロットに差し込みました
入った!
USBメモリーの内容をPCに転送、成功

こんな乱暴な使い方をしても、酷使に耐えるもんですね

広島ブログ

2020年4月21日 (火)

ノートンのポップアップ広告が実に迷惑

[サーチナ=中国の日本語翻訳のブログ・ポータル]を開くと、ノートンのポップアップ広告が出てきます
このポップアップ、ページを閉じるX印がないのです
開くしかない
しかし、開けば、見込み客として登録されて、さらに売り込みが増してくるはず
しょうがないので、そのページを閉じて、ノートンのポップアップ広告も閉じてしまう
再びそのページを開くと、ノートンのポップアップ広告は出てきません
必ず出るのではなく、アトランダムに出てくるみたいです

以前は、ポップアップ広告でも、X印があって、見ない選択もありました
これは見る選択肢しかない、やり過ぎだと思うよ
行儀の悪い売り込みで、ノートンの好感度がダダ下がりに下がっています
好感度どころか、ゼッタイ買わない、反感度が湧き上がってきます

広島ブログ

2020年4月20日 (月)

蕗の薹

ふきのとう と読みます
読むことは読めます

それでは、書いてください
んん~、書けません

これ、一か月前に書き留めておいたネタです
入院しているうちに季節は過ぎ去っていきました
蕗の薹は花開き、花散り、周囲の草に埋もれてしまいました

広島ブログ

2020年4月19日 (日)

自転車でリハビリ

自転車で転倒したものは自転車でリハビリ
右足はビンディングの金具付き(ペダルと靴を結ぶ金具)のサイクリングシューズ
左足は保護するコルセットとサンダル
右左ちぐはぐだが、そこはしょうがない。

同じ時間をかけるなら、自転車より徒歩のほうが負荷がかかるみたい。
自転車では汗もかかないが、歩けばじんわり汗ばみますからね。200419

広島ブログ

2020年4月18日 (土)

リヴィエラを撃て 下

「リヴィエラを撃て 下」高村薫 新潮文庫
入院中の暇つぶしの本、20年前の文庫本を再読み。
ジャック・モーガンとCIAのコードネーム《伝書鳩》がコンビで主人公になる。
《伝書鳩》はコードネーム《リヴィエラ》をずっと探っていたのだ。
《ギリアン》という対立軸が浮かび上がってくる。
下巻の半分あたりから警視庁外事一課警視の手島が主人公になる。
《リヴィエラ》の正体が明らかになる。
人が大勢死ぬ。
手島は生き残るが、登場人物のあらかたが死んでしまう。

読書メーター

広島ブログ

リヴィエラを撃て 上

「リヴィエラを撃て 上」高村薫 新潮文庫
入院中の暇つぶしの本、20年前の文庫本を再読み。
巻頭で若い男女が殺される、1992年。
遡って、1978年、ここはアイルランド、ジャック・モーガンはIRAに入ろうとしている。
テロリストとして訓練され、IRAを脱退するまでが上巻の概略。
まるで翻訳のような文体で、なかなか読み進められない。
冷静に描写しようとするだけに、読むのにも冷静に読むことになる。

読書メーター

広島ブログ

城を取る話

「城を取る話」司馬遼太郎 光文社文庫
入院中の暇つぶしの本、20年前の文庫本を再読み。
関ケ原直前、家康に歯向かった上杉家に「城を取って進ぜましょう」佐竹家を退散したという車藤左が現れた。
伊達領国境に帝釈城が築かれつつあるのだ。
さて、この城を取るお話し、成就するのやら、失敗するのやら。
司馬遼太郎というと、「坂の上の雲」など、史談のような小説で知られています。
これは初期の頃の作品です。ものすごくロマネスクです。
もともとは、石原裕次郎への宛書で、映画のネタ本とした生まれたものです。

読書メーター

広島ブログ

損料屋喜八郎始末控え

「損料屋喜八郎始末控え」山本一力 文春文庫
入院中の暇つぶしの本、20年前の文庫本を再読み。
損料屋とは現代のレンタルショップ。
喜八郎は浪人の子で、奉行所蔵米方与力の秋山のもとで一代限りの末席同心だった。
上役の不始末の尻ぬぐいで首になった。
以来、損料屋を商いながら、奉行所蔵米方のエージェントとして働いている。
札差で、伊勢屋、大口屋、笠倉屋など、なかなかの仕掛けを掛けてくるが、いずれも覆して仕返ししている。
山本一力の語り口は、小説家というより、講釈師の語り口で、これは、他に真似できる小説家はいないなぁ。

読書メーター

広島ブログ

北の狩人 下

「北の狩人 下」大沢在昌 幻冬舎文庫
入院中の暇つぶしの本、20年前の文庫本を再読み。
解散した田代組の旧組員はそれぞれ別のヤクザ組織に吸収されていった。
その中の出世頭・近松は鴨下・新島の金主で、偽札作り、米ドルや台湾ドルの偽札を作っていた。
台湾のマフィア、上海の幇、当然彼らが割り込んできます。
次々と人が死にます。
梶の父親を殺したのは誰か、解明されます。

読書メーター

広島ブログ

北の狩人 上

「北の狩人 上」大沢在昌 幻冬舎文庫
入院中の暇つぶしの本、20年前の文庫本を再読み。
新宿で田代組について聞いて回る若者がいる、梶雪人。
爺っちゃはマタギ、父親は刑事、本人も刑事で、秋田県警捜査一課の刑事なのだ。
十二年前、父親は田代組組員を犯人受け取りに東京に行って殺された。
同行した刑事は行方不明になった、水野。
梶は田代組の旧組員を次々に訪ねていく。
ヤクザ以外でも、違法カジノやディスコを経営する鴨下や新島とも知り合った。
ふと思いついた、水野巡査が鴨下なのではないか。
呼びかけた、「水野巡査」。

読書メーター

広島ブログ

灰夜 新宿鮫VII

「灰夜 新宿鮫VII」大沢在昌 光文社文庫
入院中の暇つぶしの本、20年前の文庫本を再読み。
巻頭で鮫島は荒野の檻に閉じ込められている。監禁されている。
鮫島は同期の七回忌に出席したのだ。
麻取、鹿児島のやくざ、福岡のやくざ、鹿児島の汚れ警部補、鹿児島の公安。
絡み合いながら話が進んでいく。
鮫島は休暇を挟んで三日間で東京に帰らなければいけない。
その三日間でお話は進んでいく。


読書メーター



広島ブログ

屍蘭 新宿鮫III

「屍蘭 新宿鮫III」大沢在昌 光文社文庫
入院中の暇つぶしの本、20年前の文庫本を再読み。
新宿署管内を遊弋する故売屋が死んだ。
死因は血管内凝固症候群。
ここから鮫島は探りを入れ始める。
胎児を中絶して壊すことなく引き出して製薬材料の原料として輸出することから始まる事件だった。
驚くような事件だが、主犯の結びつきに整合性がなく、毒薬の入手方法など省いてあるのでフッテワイタ感はあります。

読書メーター

広島ブログ

朝倉恭介 Cの福音・完結編

「朝倉恭介 Cの福音・完結編」楡周平 宝島社文庫
入院中の暇つぶしの本、20年前の文庫本を再読み。
18年ぶりの読み返しです。
5作のシリーズの完結編です。
朝倉恭介、川瀬雅彦、ダブルヒーローです。
凶介、正彦と言い換えられるように、二人は善悪が逆です。
アメリカから持ち込んだ日本のコカインルート、破れ目が表れてきた。
ルートを収束させるため、朝倉恭介は日本に帰ってきた。
川瀬雅彦はその端緒をつかんで、二人は対決する。

読書メーター

広島ブログ

依頼人は死んだ

「依頼人は死んだ」若竹七海 文芸春秋
入院中の暇つぶしの図書館本。
葉村晶、女探偵で長谷川探偵調査書のフリーランス。
9篇の短編集です。
探偵を依頼した対象者が悪かったり、依頼者本人が悪かったり、そういうお話しです。
読後、あまり後味はよくない。
若竹七海はこれで卒業するでしょうね。

読書メーター

広島ブログ

フーテンのマハ

「フーテンのマハ」原田マハ 集英社文庫
入院中の暇つぶしの図書館本。
大学時代の学友と当てどのない旅に出るのが常だった。
一人で出かけることも多かった。
美術館勤めからフリーランスになって、旅に出ることはさらに増えた。
美術館の企画を完成させるにはそれは避けられなかった。
他愛もない旅なんですよ。
ゴッホやピカソを巡る旅もある。
そこは戯文ではない。
硬軟取り混ぜて、原田マハが浮かび上がってくる。

読書メーター

広島ブログ

2020年4月17日 (金)

3月に読んだ本

入院していたので、お知らせが遅れました。

3月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:1194
ナイス数:44

悪いうさぎ (文春文庫)悪いうさぎ (文春文庫)感想
NHKのテレビドラマでハムラアキラというテレビドラマを見ていました。これは歯に合わない。凡作だ。連続ドラマの一回目で見るのをやめました。小説を見つけました。手に取りました。おいおい、面白いじゃないか。プロットがどうのこうのじゃない、語り口が面白い。キャラクターが立っている。で、お話は、お話は、ですがね、なんだか咀嚼しにくいお話しです。主人公は女探偵で、名前が葉村晶、ハムラアキラ。女子高生が家出して、それを家に連れ戻す、その応援をする、という普通の探偵のお話し。最後は、最後の50ページは胸が悪くなるお話し
読了日:03月17日 著者:若竹 七海


火群のごとく (文春文庫)火群のごとく (文春文庫)感想
小舞藩六万石、そこで14歳の新里林弥、山坂和次郎、上村源吾、三人は道場の同門だ。林弥は勘定方の家柄、和次郎は普請組の軽輩、源吾は執政の家柄にある。樫井透馬が江戸から呼び寄せられた。筆頭家老の家柄で、妾腹の子なのだ。同じく14歳。正室の子が病弱で、死期も近く、嗣子とするべく呼び寄せたのだ。林弥12歳の時、兄は殺された。筆頭家老と中老との暗闘があって、兄は暗殺されたのだ。源吾の家も焼き討ちされた。一家全員切腹した。筆頭家老が中老一派を粛正したのだ。ここから先は「飛雲のごとく」に続きます。続篇を先に読んだのだ。
読了日:03月05日 著者:あさの あつこ


国道食堂 1st season (文芸書)国道食堂 1st season (文芸書)感想
15篇から成る連続短編ストーリー。語り手が変わって、本人目線で物語を語っていく。小田原から発する架空の国道、山の中に国道食堂はある。今の店主の父が始めた食堂で、息子がそのあとを継いでいる。息子はプロレスラーで、食堂の隅にプロレスのリンクを作った。プロレスの興行、アマチュアのコンサートなどに利用されている。客のひとりで配置薬のルートセールスマン、彼からひとり芝居の稽古に使わせてくれと頼まれた。ここから幕が開いていきます。誰も彼も、若いころは腕を鳴らしたことがあるんですよ。青年のためにちからを貸してやる。
読了日:03月03日 著者:小路幸也

読書メーター

広島ブログ

2020年4月16日 (木)

自転車乗りは洗濯板舗装は避けよう

自転車の下りで転倒して骨折しました。
あまりに急坂なので、セメント舗装を洗濯板のようにデコボコにしてあります。
自動車は自重で浮き上がることはないが
自転車は点接触で、空中に飛び上がってしまいます。
この状態ではブレーキは効きません。
スピードの加速が止められず、コントロール不能で転倒してしまいます。

こんな洗濯板の道が国道にもあります、国道183号線。
広島県と鳥取県の県境の道です。
麓の小鳥原(こととばら)集落から、急坂で、道後山山麓の三坂集落へ
この間がとてもゲキサカなんです。
登るなら道後山駅からの迂回路を登らなきゃならない、国道を行くと押して登ることになる。
下りなら行けるだろう、とんでもない。
舗装面を走ると怖い、怖い、道端の草地を走って、下りることができました。

こういう道では自転車を走らせてはいけないなぁ。
ブレーキが効かなくなる惧れがあります。

もうひとつ、これも原因かも、タイヤ面がツルツルなんですよ。
前々から気にしてはいたんだが、これを反省材料に、タイヤを替えることにします。

広島ブログ

2020年4月15日 (水)

広島ブログ ブログランキング大後退

広島ブログというのがあります。
広島のブロガーが大集合してブログランキングを競っています。
骨折で入院して、なんにもネタ上げできていませんでした。
入院前は、120位程度が定位置でした。
退院してみると、423位、獲得ポイントゼロ
423位が最下位で、423位が大勢いて、2千位か、3千位か、あるいはもっと下か
最底辺にいるのだとわかりました。ここから以前の120位前後まで戻すのは並大抵じゃないな。

広島ブログ

 

骨折から退院しました

2003251 3月20日に骨折しました。
23日に入院し、25日に手術しました。
本来ならリハビリも含めて、4週間から6週間必要なのだそうです。
明日、免許更新の高齢者講習があります。
これを逃がしたら免許を失うことになるので、無理を言って今日退院しました。
手術後、3週間での退院となります。
外出許可の内諾を得ていて、一日講習を受けに行く許可を得ていましたが
新型コロナウィルスが猛威を振るっているので、内諾はキャンセルになりました。
いったんシャバの空気を浴びると、病室に戻すわけにはいかない、これが理由です。
むしろ退院させたほうがリスクが少ない、こういうことになりました。
退院後はリハビリ通院する予定でしたが、退院当日になって、それはキャンセル。
コロナウィルスの危険があるので、外来リハビリは受け入れない、となりました。
これからは自前リハビリに励むことにします。

脛骨・腓骨、足の骨の細いほうの骨(腓骨)を骨折しました。
一本の大きなボルトは折れた骨を直に繋ぎ、チタンの板で支え、8本のボルトで繋いであります。

広島ブログ

 

----------------------------------------

 

----------------------
「しぇるぱ散らし踏み」
http://sherpaland.net/
----------------------

 

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31