無料ブログはココログ

« 屍蘭 新宿鮫III | トップページ | 北の狩人 上 »

2020年4月18日 (土)

灰夜 新宿鮫VII

「灰夜 新宿鮫VII」大沢在昌 光文社文庫
入院中の暇つぶしの本、20年前の文庫本を再読み。
巻頭で鮫島は荒野の檻に閉じ込められている。監禁されている。
鮫島は同期の七回忌に出席したのだ。
麻取、鹿児島のやくざ、福岡のやくざ、鹿児島の汚れ警部補、鹿児島の公安。
絡み合いながら話が進んでいく。
鮫島は休暇を挟んで三日間で東京に帰らなければいけない。
その三日間でお話は進んでいく。


読書メーター



広島ブログ

« 屍蘭 新宿鮫III | トップページ | 北の狩人 上 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 屍蘭 新宿鮫III | トップページ | 北の狩人 上 »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31