無料ブログはココログ

« シャベル・スコップの持ち手の形状 | トップページ | めざわり みみざわり »

2020年4月29日 (水)

君たちに明日はない

「君たちに明日はない」垣根涼介 新潮文庫
「君たちに明日はない」「借金取りの王子」「張り込み姫」「勝ち逃げの女王」「迷子の王様」とシリーズがある。
当然、全部読み。
本棚を眺めていて、もう一回読んでみよう、13年前の本の再読み本。
リストラ請負会社です。内部社員では情が絡むところを、外部会社だからズバズバ切っていける。
首を斬られて当然というケースもある。
首を斬らずに別の形で残すというアドバイスもある。
中には、転職を橋渡しするケースもある。
シリーズ最後の「迷子の王様」ではリストラ会社が廃業する。
自分もリストラの対象になる、という究極のリストラ話しが展開します。
リストラ話が小説でシリーズ化される。
次はどこが首切りの舞台になるんだろう。
垣根涼介、凄い小説の泉を掘り当てましたね。
必殺仕事人ならぬ必殺首切り人だけど、泉が涸れる前にシリーズを打ち切った。
こういうところが潔いのだよね。

読書メーター

広島ブログ

« シャベル・スコップの持ち手の形状 | トップページ | めざわり みみざわり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シャベル・スコップの持ち手の形状 | トップページ | めざわり みみざわり »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31