無料ブログはココログ

« 損料屋喜八郎始末控え | トップページ | リヴィエラを撃て 上 »

2020年4月18日 (土)

城を取る話

「城を取る話」司馬遼太郎 光文社文庫
入院中の暇つぶしの本、20年前の文庫本を再読み。
関ケ原直前、家康に歯向かった上杉家に「城を取って進ぜましょう」佐竹家を退散したという車藤左が現れた。
伊達領国境に帝釈城が築かれつつあるのだ。
さて、この城を取るお話し、成就するのやら、失敗するのやら。
司馬遼太郎というと、「坂の上の雲」など、史談のような小説で知られています。
これは初期の頃の作品です。ものすごくロマネスクです。
もともとは、石原裕次郎への宛書で、映画のネタ本とした生まれたものです。

読書メーター

広島ブログ

« 損料屋喜八郎始末控え | トップページ | リヴィエラを撃て 上 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 損料屋喜八郎始末控え | トップページ | リヴィエラを撃て 上 »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31