無料ブログはココログ

« 朝倉恭介 Cの福音・完結編 | トップページ | 灰夜 新宿鮫VII »

2020年4月18日 (土)

屍蘭 新宿鮫III

「屍蘭 新宿鮫III」大沢在昌 光文社文庫
入院中の暇つぶしの本、20年前の文庫本を再読み。
新宿署管内を遊弋する故売屋が死んだ。
死因は血管内凝固症候群。
ここから鮫島は探りを入れ始める。
胎児を中絶して壊すことなく引き出して製薬材料の原料として輸出することから始まる事件だった。
驚くような事件だが、主犯の結びつきに整合性がなく、毒薬の入手方法など省いてあるのでフッテワイタ感はあります。

読書メーター

広島ブログ

« 朝倉恭介 Cの福音・完結編 | トップページ | 灰夜 新宿鮫VII »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝倉恭介 Cの福音・完結編 | トップページ | 灰夜 新宿鮫VII »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31