無料ブログはココログ

« サイコンの表示が怪しい | トップページ | あれは峠と呼んでええのでしょうか »

2020年5月20日 (水)

北京大学てなもんや留学記

「北京大学てなもんや留学記」谷崎光 文春文庫
舞台は、前に読んだ「中国てなもんや商社」からざっと10年経過しています。
本棚の文庫本の再読みです。
中国からの買い付け商社の仕事から、只今は北京大学で留学中です。
周囲は、学生であり、教授陣であり、住まいの周辺のことですが
内容はザワツクことばかりです。
北京オリンピック前夜の頃です。
国営公司から民間に移行する時代の頃です。
ひとつひとつのエピソードや事件が痛くて、2、3ページ毎に本を閉じてしまいます。
好きで好んで中国に飛び込んでいった作者です。
その作者でも、茫然とすることは数多くあります。
てなもんや商社では、面白くするためにあえてドタバタにしていましたが、どっぷり中国に漬かると、シリアスになってしまいます。


その数年後、尖閣海域で中国漁船の襲撃事件があって、日本排斥が起こります。
その時、著者はどうなったのでしょうね。
思いやられます。
現在もなお、中国で生活しています。タフですねぇ。

谷崎光の近況は、「InsideAsia」ここは無料、(有料月間ネットマガジンを刊行しています)
https://www.insideasia.click/
無料だけど、有料に誘導する撒き餌です。だって、これもメシ食う手立てのひとつですから。

読書メーター

広島ブログ

« サイコンの表示が怪しい | トップページ | あれは峠と呼んでええのでしょうか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サイコンの表示が怪しい | トップページ | あれは峠と呼んでええのでしょうか »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31