無料ブログはココログ

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月30日 (火)

笑わす 笑かす

関西弁に、《笑かす》がありますが
本来の言葉は、《笑わす》ですよね
どうしてこんな変化が起きたのか

《捨てる》という意味の《ほうる》
《ほかす》という関西弁があるが、《笑かす》の類例なのか
《化かす》は全国的にどこでも《化かす》なのか
《いかす》はこの流れとは違う流れのような?

《笑かす》このような音韻変換が起きたのは他にもあるでしょうか
他になければ突然変異です
次々と言葉が変わっていく突破口というわけでもなさそうだ
静観しときましょ

おまけ
IMEの文字転換なんですがね
《わらかす》が《笑かす》に転換するのです
単なる関西弁から共通語化している、ということなんでしょうね

広島ブログ

2020年6月29日 (月)

ひとりあいづち

あいづちは対話の中で、聞いてるよ、という合図です
ところが
何々なのよ、うんうん
何がどうしてね、えぇえぇ
このように、自分が自分にあいづちを打つひとがいます
これはもう、自分の話に酔っているので、口が挟めない
こういうの、ひとりあいづち、とでも言いましょうかね

広島ブログ

 

2020年6月28日 (日)

当地にはマンガ喫茶がないので

当地にはマンガ喫茶がありません
過去、時期はそれぞれ別々ですが、3軒ほど、あったことはあります
結局、どの店も潰れてしまいました

マンガ喫茶で何をするか、パソコンで自分のHPの確認です
自分の意図通りに再現できているかの確認です
マンガ喫茶がないので、図書館で確認しました
よしよし、ちゃんと出来ている

自分で仕掛けを変更した時などは、図書館で確認しています
ソフト側、ブラウザ側で変更があった時、確認がおろそかになります
仕様変更、登録変更に追いつくのが精一杯で、追いついただけで力尽きてしまいます
再現できているかどうかの確認、遅くなりましたが、自分で確認しました

広島ブログ

2020年6月26日 (金)

みよし風土記の丘から、山の道を、里の道を(自転車篇)

辻塚の集落に到着、ここを左折すればピオーネ団地に行くのだ、「ピオーネ団地から東回り」でこの分岐にやってきたのだ。
直進する。春木の方向へ進むのだ。当然、春木の集落に進むと思うでしょ。春木の集落の手前で道を逸れるのだ。そこんとこ、要注意だね。
この道は、芋面川に沿った道で、2008年8月1日「馬洗川水系芋面川」2012年4月10日「馬洗川水系芋面川2(芋面川から美波羅川)」二回ここは自転車で走っている。
芋面川の最後の集落、芋面は神杉・廻神に属していない。尾根の反対側の川西・三若に所属しているのだ。おそらく、地頭の勢力が強くて山を越えて支配が及んだのだろうね。
行政区域はそうでも、実際は不便でしょうがない、芋面の子供たちは川西小学校に通わず神杉小学校に通っている。農協の区割りも神杉に所属している。
峠に差し掛かる。この峠は神杉の区域と志和地の区域を分ける峠なんだよ。
志和地への下り坂を降りていく。突然、通行止めの看板に出合う。直進の道が先へ伸びている。農道を建設中でこの先は通行止めなのだそうな。
看板の地図を読むと、春木、藤根原への道が通行止めなのだ。右折して、三和方面、国道54号線へ進むように誘導してある。抵抗感があるが、狭い道の方へ進んでいくのだよ。
ファロスファーム(株)花見山農場の看板がある。この看板の道を行くと間違いないのだ。
山の中を抜けて、里に出てきた。休校になった小学校の横を通る。旧志和地小学校なんだね。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜き書きです。
全体の姿は下のリンクからお出でください。

http://sherpaland.net/bike/2020/bike-200624-hudokinooka/bike-200624-hudokinooka.html

広島ブログ

2020年6月25日 (木)

一を聞いて

故事成語:一を聞いて十を知る
発展応用:一を聞いて十を盛る

一を聞いて十を知る、一般の社会ではエリートです
一を聞いて十を盛る、演芸の世界ではエリートです
演芸の世界では、あいつは出来る、評判が上がります

広島ブログ

2020年6月24日 (水)

動乱の刑事

「動乱の刑事」堂場瞬一 講談社
「焦土の刑事」「動乱の刑事」「沃野の刑事」の三部作です。
シリーズの中で、言いたいことはこの篇にある。
世田谷区の周辺で警察の派出所が爆発した。二人死んだ。
高峰は捜査一課、海老沢は公安、それぞれの立場で捜査に出動した。
時代はGHQが撤退して、日本が独立を取り戻すころ。
途中をすっ飛ばして結論を言うと
公安が共産党などの台頭を恐れて、自作自演で派出所を爆発した。
これを機に、高峰は国民を守り、海老沢は国家を守る、決意を固めた。
戦前の特高から脈々と流れる公安の血統、三部作はそこを書いている。
読後感は、読み終わったカタルシスはない。肚の中に沈殿物が残る。

読書メーター

広島ブログ

2020年6月23日 (火)

諂う=へつらう

媚び諂う、媚びるはよく漢字で書くけど、諂うを漢字で書くことはないなぁ
媚びるは女社会でよく見かけるから、あれは女のことと突き放して、漢字で書けるのかなぁ
諂う、これは女社会ではなく、男社会に特有のものでしょうね
あっても、伏せておきたい、文字に書き留めることはしたくないよなぁ
諂いながらも、内心は屈辱を感じているのだよ
へつらうと口で言うだけなら、言った瞬間に消えてしまうからともかくも
漢字化するぅ?勘弁してくれよ

広島ブログ

 

2020年6月22日 (月)

JALとANA

JALはジャルと読むのは誰もがそうだと言うが
ANAはアナと読むかエーエヌエーと読むか、どっちが多いと思いますか
ANA本社はエーエヌエーと読むと告げていますが、世間の人はどっちが多いかなぁ

グルジアが国名をジョージアに変更すると告げて、それは誰もが従いました
たしかに読み方の問題で、ANAと似たようなことではあるが
それとこれとは別の問題のような、いや、同じようなことであるような

広島ブログ

 

2020年6月21日 (日)

沃野の刑事

「沃野の刑事」堂場瞬一 講談社
「焦土の刑事」「動乱の刑事」「沃野の刑事」の三部作です。
「動乱の刑事」は未読です。
高峰:捜査一課の管理官。海老沢:公安の管理官。小嶋:週刊誌の編集長。
この三人は小学校の同級生なのだ。
小嶋の息子が自殺した。
不審に思って事件に首を突っ込む。学生運動の逮捕歴があるということで、海老沢も捜査に引き込む。
もっと裏があるらしい。
自衛隊の戦闘機の契約が関わることが浮かび上がってくる。
中心人物は、警察OBの代議士。公安畑の出身なのだ。
高峰と海老沢の間には、警察の認識に違いがある。個人を守る警察か、国家を守る警察か。
60年安保は全学連、70年安保は全共闘、今の時代は70年安保当時の時代なのだ。
焦土の時代から、これから沃野の時代に入って行くのだ。それを暗示している。
三人とも定年が近いのだ。

読書メーター

広島ブログ

2020年6月20日 (土)

パソコンが重くなったとき

パソコンが重くなることがあります
キーボードを打ち込んでも、言葉に転換しようとして、わずかな時間差があったり
HPの編集で、ソース編集に移ろうとしても、即座に場面転換してくれなかったり
そんなことが起きます
これ、イライラします

ディスクのクリーンアップをしてみたり、デフラグをしてみたり
効果なし、一向に事態が進展しません
ウィルスとアンチウィルスソフトが戦っている最中かもしれません
ほんとのところ、そこは分からんけど

今やっている作業を全部畳んで、再起動してみましょう
再起動して、さっきの作業を始めてみましょう
たいてい問題なくスムーズに動くと思います
どこかに問題があるのだろうから、また重くなるかもしれません、でも、それは先のこと
目の前の作業をさばくには、再起動してみることが一番手っ取り早いです

広島ブログ

2020年6月19日 (金)

三次ピオーネ団地から西回り(自転車篇)

ピオーネ団地へ分岐する交差点まで戻ってきた。あれぇ、交通標識の看板があっちとこっちで名前が違う。
東に向かう看板には市道西酒屋寺町線、西に向かう看板には備北広域農道、ダブルネームなのだねぇ。たぶん、広域農道の命名者は広島県農政局、市道の命名者は市役所、先発後発の違いだけだと思うよ。
そのまま進んで、ワイナリーとトレッタの交差点まで帰ってきた。
みよし運動公園の中に入って、野球場のきんさいスタジアムの前を通り、陸上競技場をちょっと覗いて、駐車場まで帰ってきた。
午前中で帰ってきて、昼食は家で食べる予定、ちゃんとその通りに事が運んだ。
これなら、ピオーネ団地を、東回り、西回り、8の字に一筆書きに描いて、一日コースに仕立てることも可能だったな。
たぶん、地元の自転車乗りも試したことがないコースだと思うよ。もしも先発者がいたらゴメン、最初の称号は譲りますから。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは、最後の部分、全体の姿は下のリンクからお出でください。

http://sherpaland.net/bike/2020/bike-200617-pione_w/bike-200617-pione_w.html

広島ブログ

 

2020年6月18日 (木)

無慈悲に、という脅し文句

北の民主主義人民共和国でのことですがね
声明を出すとき、無慈悲に、この用語をしきりに使います

民族の慣用句があるのでしょうね
無慈悲に、こう発すると、自らの琴線に触れるのでしょうね
心を鼓舞するのでしょうね

日本ではどうなんでしょう
遺憾だ、遺憾だ、これはイカン
この程度しか言えません
一度、無慈悲に、と警告を出してみてはいかがなものか

いやいや、憲法の制約に触れるから、無慈悲に、とは言えんのだ
憲法第9条が無慈悲な行為を禁じている、そういう反論が繰り出されるのだ
たとえ口先介入でも、憲法違反と指摘されるのだ
予算委員会で何日も吊るし上げられ、内閣不信任案が提出されるのだ
無慈悲内閣打倒!と倒閣運動のデモが起きるのだ
朝日新聞と毎日新聞はデモに同調して、反政府の空気を報道するのだ
共同通信も同じ、地方紙の報道は共同通信の提供なのだ
あんたのことだよ、中国新聞(北京じゃないよ広島だよ)を指さして言っているのだよ

一連の動きは怖くはないが、他の法案が巻き添えになって、成立が遅れるのが困るのだ
ここ日本では、とうてい、無慈悲に、などと、口が裂けても言えないのだ

広島ブログ

2020年6月17日 (水)

Amazonプライム会員から抜け出しました

アマゾンで商品をオーダーしましたが
成り行きで、Amazonプライム会員に入ってしまいました
メール到着
会費がかかる、月会費500円、あるいは、年会費4900円 ということがわかりました
アマゾンを利用するのは、1年に一度、3年に一度の程度です、必要ないね
即座にプライム会員登録を解除しました

登録を解除するのに、分かりにくく散々迷走させる会社が多いなかで
理解しやすい案内で、好感が持てました

うかうかとプライム会員に誘導されたのは、わたしが悪い
よぉく損得を計算して、これからも気を付けなければ

ところで、アマゾンで何を買ったの?
消耗品です、カメラのレンズフード、よく失うんだ、2千円未満の買い物です

広島ブログ

2020年6月16日 (火)

どこか変だよ、接待を伴う飲食店

接待を伴う飲食店と分類されて、うまいこと言うなぁ、と感心しましたが
やっぱり違和感あり

接待というと、得意先を接待する、これが本義じゃありませんか
自分を接待してくれるとはなんのこっちゃ
しかも、接待されても、会計は自分で払うとは

お色気を伴う飲食店と言ってしまえばええじゃないか
お色気を伴う接客業と言ってしまえばええじゃないか
なんでそう割り切れないんだろ
あれだけキッパリ語る小池都知事が言い渋るのは何ででしょうかね

人権問題を声高に言い募る勢力がうるさいからですよ
接待を伴う飲食店とは言うけれど、わかってるでしょ、あの業界のことなんだよ
ぼやかして言っているけど、わかってやってちょうだいよ、苦肉の伝え方なんですよ

広島ブログ

2020年6月15日 (月)

桃源

「桃源」黒川博行 集英社
大阪府警泉尾署刑事課捜査二係、新垣、沖縄出身、相棒は上坂。どっちも年齢は三十台後半。
頼母子講、無尽、沖縄では模合(もあい)という。座元が無尽の金を持ち逃げした。
沖縄へ逃げたらしい。追いかけて、沈没船の財宝が関係すると判明する。
トレジャーハンター、沈没船引き上げの出資を募っての詐欺なのだ。
関係者を追っているうち、姿が消えた者がいる。
殺されたのじゃなかろうか。
二係は経済犯担当、オレオレ詐欺などを追うのが通常なのだが、殺人事件を引き当てた。
いつもは、刑事のお話しでも、悪徳刑事、汚れ刑事ばっかり小説にしているのだが
今回は、極めて働き者の刑事で、夜は連夜飲み屋通い。経費精算の時間もないし、よく金が続くなぁ。
上司運が悪いなぁ。部下の手柄を横取りする上司だ。
「桃源」題名に意味はありません。
黒川博行の毎度のことで、思いつきの題名です。事件のキーワードでもないし、事件の印象でもないし、無視してください。
意味ある題名は「後妻業」くらい、漢字二文字の題名なら考え込む必要なし。

読書メーター

広島ブログ

2020年6月14日 (日)

道路の勾配 % の感覚

自転車で走る道路の勾配について、ですがね
道路の勾配は%で表示されます
小学校から角度は慣れ親しんできましたが、勾配の%はいまいち感覚が付いていかない

100米進んで100米登ったら、100% 45度(こんな道路はない、これはもう登山道です、カモシカ道です)
100米進んで_10米登ったら、_10% _6度
100米進んで__1米登ったら、__1% _1度
-----
こんなのを見つけました
《(大雑把な計算でよいとき&坂道がそこまで急でないときは)パーセント表示に 0.57をかければ度数表示にできます》
三角関数・サイン・コサイン・タンジェントの応用だな
----
15%=8.55°≒9°
12%=6.84°≒7°
10%=5.71°≒6°
_8%=4.56°≒5°

これは目安です
自転車を漕ぎながら、%を読み取る、角度を読み取る、それが目標です

県道や林道で、%の標識が出ている場合があります
0.57を掛けましょう
いやいや、自転車を漕ぎながら計算ができるわけがない

標識に書いてあるのは何%か覚えておきましょう
覚えられなかったら、写真に撮っておきましょう、メモしておきましょう
帰ってから、0.57を掛けて、ほほぅ、あれは何度の坂道だったのか
何回か繰り返しているうち、何%の坂道は何度の坂道、と感覚が身に付いてきます

%標識の勾配を体で覚えます、それを基準とします
感覚を養うと、%標識のない坂道でも、これなら何%・何度、と自己判定が下せると思います

実は、なかなか%標識に出合うことは少ないです
出合ったらチャンスです、大事にしましょう

広島ブログ

2020年6月13日 (土)

へりくだる

謙る
遜る
謙遜はどっちの字もへりくだるの意味です

日本人ならへりくだるの意味を知っていますが
中国人はへりくだるの意味を知っているのかしら、きわめて疑問
オレが、オレが、の自慢しぃの民族性ですもの、へりくだる美風などあるのだろうか
謙遜は、日本人には常識の言葉ですが、中国人には謙遜とは死語なんじゃないかしら
たぶん、謙の字、遜の字、中国では人名漢字にしか使われていないのじゃないかしら

日本で使用する謙遜の文字の数量と、中国で使用する謙遜の文字の数量は
圧倒的に日本の数量のほうが多いだろうと思います

広島ブログ

 

2020年6月12日 (金)

かたじけない

時代劇で、感謝を表すのに、かたじけない、と言いますが
ありがとうございます、感謝いたします、に比べて
圧倒的に心がこもっているように感じます

かと言って
今の世の中で、かたじけない、と発すると
受け入れられません
これはおそらく
かたじけない、は上位高位の人の言葉で
いくら かたじけない と言われても、頭が高くて面白くない、と感じるからでしょうね

かたじけなく感謝に耐えません
まことにかたじけないことでございます
このように、上位高位の位置を引き下げて、へりくだると受け入れられるかも

広島ブログ

2020年6月11日 (木)

むすめ、こむすめ、せがれ、こせがれ

------
5月2日に「ずるい、こずるい、《こ》という修飾語」で語っています
それをもうちょっと広げてみました
------
《こ》と言う言葉は卑小化・矮小化する言葉です
むすめ こむすめ
せがれ こせがれ
きれい こぎれい
まめ こまめ

《こ》が幅を利かせ過ぎて、本来の言葉が消えてしまった例

こごと、本来なら、こと《言》が単独で存在したはずだが、消えてしまった
こっぱ、本来なら、は《端》が単独で存在したはずだが、消えてしまった

消えてもしゃぁない、単独で生き残るには、ちからのない言葉だったのでしょうね

広島ブログ

2020年6月10日 (水)

バイキングの違う言い方

料理の提供の仕方にバイキングがあります
ビュッフェ、ブッフェ、バッフェ
世界的にはこっちが普通です

バイキングは日本ローカルの言葉です
外国では通用しません

広島ブログ

 

2020年6月 9日 (火)

暗約領域 新宿鮫Ⅺ

「暗約領域 新宿鮫Ⅺ」大沢在昌 光文社
新宿鮫もこれでシリーズ11作目です。
新宿署の課長が変わる。桃井課長の殉職を経て、女性の課長が赴任する。
新しく相棒が着任してくる。
鮫島と新課長の衝突がある。お互い仕事の仕方が違うのだ。
新しい相棒は公安から付け人だった。
これはシリーズ12作目のネタフリかな。
事件はインフルエンザの特効薬のタミフルだ。
百万人分のタミフルを北朝鮮に運ぶ。
公安が仕掛けたのだ。薬品と引き換えに情報を得ること。
祖国を失ったヤカラがうごめくが、事情は汲み取れるが、同情はできないね。
悲惨な最後を迎えようとも、そういう道を選んだのは君じゃん。
暗約領域、意味ありげだが、どういうことなんだろう。暗約とは秘密の約束のこと?暗躍の言い換え?

読書メーター

広島ブログ

2020年6月 8日 (月)

三次ピオーネ団地から東回り(自転車篇)

名高いけれど、地元の自転車乗りでも、たぶん、知らないコース、エアポケットのようなコースがあるんですよ。
みよし運動公園の駐車場に車を置く。ちょいちょい利用しているが、たいていスカスカで遠慮なく利用できる。
テニスコートの横を通って、市立三次中央病院の前に出る。そのまま道を進んで、三次ワイナリーの前を過ぎる。
次の交差点は、ワイナリーと、農産物販売所のトレッタ三次、こども施設の森のポッケ、と野外遊戯施設・みよしあそびの王国遊戯ランドに包まれている。奥田元宋・小由女美術館がその先に見えている。
ここは右折して西に向かう。次の信号が東酒屋町交差点、ここは左折する。ピオーネ団地へ向かっていくのだ。
けっこうな登り坂なのだ。尾根を切り通して開削してある。何度か自転車を降りて休まないと持たない。なんのなんの一挙に漕いで登れるよ、そんな自転車乗りはうらやましい。
新しい道が建設中なのだ。ワイナリーの交差点から真っすぐ進む道が建設中なのは中央病院に入院しているときに眺めていた。ここへ出てくる道なのかい。この道も、自転車にはキツイ道だろうと思うよ。
ピオーネ直売所の前を通過して、ピオーネ団地の最高点に達する。灌漑用水のタンクがあって、ぶどう畑の要所要所に届くようになっている。
ピオーネ団地を見渡すと、あんな風だったり、または、こんな風だったり、ビニール温室でびっしりと埋まっている。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは出だしの部分、全体の姿は下のリンクからお出でください。

http://sherpaland.net/bike/2020/bike-200606-pione_e/bike-200606-pione_e.html

広島ブログ

2020年6月 7日 (日)

ノートンのポップアップ広告が実に迷惑(続)

ざっと一ヶ月前に、ノートンのポップアップ広告が出て、実に迷惑、と苦情を述べました。
-----
[サーチナ=中国の日本語翻訳のブログ・ポータル]を開くと、ノートンのポップアップ広告が出てきます
http://www.searchina.net/
このポップアップ、ページを閉じるX印がないのです
-----
正確ではなかったな、ポップアップ広告にはX印はないが、本体ページにはX印はありました。
もうひとつの不正確
ノートンだけじゃなかった、他にも広告はありました。
ウィルスソフトに関心があるから、ノートンをわたし向けに狙い撃ちしたのだ。
他のひとには、それぞれに見合った商品を狙い撃ちするのだろう。

実に迷惑なのはその通りだが、本体ページのX印を押せば、ポップアップの迷惑から逃れられるのだ。
迷惑の軽減方法も示していたのだ。

広島ブログ

2020年6月 6日 (土)

驚愕

驚:おどろく
愕:おどろく

驚がおどろくなのは知ってましたが
愕もおどろくとは始めて知りました

わに=鰐 あご=顎
こっちの字のほうが親しいです

愕くのを、字義の通りに演じるとしたら、思い切りアングリと口を開けるのかしらね

広島ブログ

 

2020年6月 5日 (金)

腰が痛くなるのも自転車、腰を治すのも自転車

ちょっと前の話です
足を骨折して、退院後、リハビリのために近所を自転車で乗り回しました
翌朝、寝おきから腰が痛い
コルセットで保護したり、バンテリンを塗ったり
全然、治らんがな
えい、逆療法、また自転車に乗ってみよう

背骨の周りの筋肉に作用したのかな
痛くなくなった

腰が痛くなるのも自転車、腰を治すのも自転車、マッチポンプみたい
今では腰は完全に治癒しています

広島ブログ

 

2020年6月 4日 (木)

保健所のイメージが変わった

コロナ以前は、保健所とは連絡官庁・取り纏め官庁だとばかり思っていました
ただのパイプ役だと思っていました
違った
ガチガチの労働官庁だったんですね
てっきり文系の公務員ばかりだと思い込んでいました
保健師がいるのは知っていたが、医師、看護師が保健所にいるとは思ってもいませんでした

世間のひとのイメージもコロナで大きく変わったんじゃありませんか

広島ブログ

2020年6月 3日 (水)

「ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌」復活しました

ざっと10年以上前から「ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌」を観察してきました。
https://inbound.exblog.jp/
去年の8月から長い休眠に入っていました。
ついこの前の4月末から再開していました。
これまでも、長い休眠にはいることは再々ありました。
中国北朝鮮国境に滞在したり、タイやビルマに長期間滞在したり。
いずれ復活するだろうと、待っていましたが、やっと再開です。

これまでと違うのは、自分を語らず、ひとさまのウェブを紹介することに変更しています。
これからどっちの方向へ手掛けていくのか、ウォッチングです。

広島ブログ

2020年6月 2日 (火)

5月に読んだ本

5月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:1585
ナイス数:40

疫病神 (新潮文庫)疫病神 (新潮文庫)感想
建設コンサルタントの二宮啓之と二蝶会組員の桑原保彦のお話し。「疫病神」「国境」「暗礁」「螻蛄」「破門」「喧嘩」「泥濘」と刊行されているが「疫病神」がシリーズ最初。本棚の文庫本の再読みです。そうか、二宮と桑原はこういう風に知り合ったのか。二宮はサバキを頼んだわけではない。桑原がゼニの臭いを嗅ぎつけたのだ。産業廃棄物の用地買収、産廃関連はゼニになる。どいつもこいつも腹黒で一筋縄じゃいかない連中ばっかりなんですよ。何度も痛めつけられ、何度も死にそうな目にあって、それでも、結果、ゼニを得た。良かったなぁ、二宮くん
読了日:05月31日 著者:黒川 博行


テロリストのパラソル (文春文庫)テロリストのパラソル (文春文庫)感想
よめさんが読んで絶賛したもの、本棚の文庫本、ざっと10年前の再読み本。お話しの前史がある。全共闘時代に爆弾の事故で運動から離れた。それ以来、市中に潜んでいる。爆弾事故から20年後。新宿の小さい公園で爆弾が爆発した。全共闘で共に戦った学友も爆弾で死んだと報道で知る。自分も指名手配されていることを知る。ここから疾風怒濤の巻き添え成り行きの展開です。テロリストのパラソル、寓意としては意味が遠い。小説を売らんがためなら、こんな題名でええのかいな。題名は作者の意志です、読み手としては納得がいかないがね。作者が早死に
読了日:05月27日 著者:藤原 伊織


北京大学てなもんや留学記北京大学てなもんや留学記感想
舞台は、前に読んだ「中国てなもんや商社」からざっと10年経過しています。本棚の文庫本の再読みです。中国からの買い付け商社の仕事から、只今は北京大学で留学中です。周囲は、学生であり、教授陣であり、住まいの周辺のことですが、内容はザワツクことばかりです。北京オリンピック前夜の頃です。国営公司から民間に移行する時代の頃です。ひとつひとつのエピソードや事件が痛くて、2、3ページ毎に本を閉じてしまいます。好きで好んで中国に飛び込んでいった作者です。その作者でも、茫然とすることは数多くあります。シリアスになってしまい
読了日:05月20日 著者:谷崎 光


中国てなもんや商社 (文春文庫)中国てなもんや商社 (文春文庫)感想
20年前の文庫本の再読みです。現在、作者は中国在住、コンサルタント、文筆業、講演業、有料のメールマガジンを発行しています。無料のマガジンだった頃からの読者です。谷崎光が就職したのは、ダイエー傘下の商社でした。衣料品が主力で、そりゃもう鍛えられた。OLのみそっかすが、国内業務で鍛えられ、中国で揉みに揉まれた。当時は、文化革命が終わったころ、衣料品のセンス
など持ち合わせていなかった。そこに、日本の文化を注入し、センスを変えさせていくのだ。天安門事件以降、改革開放の風が吹き出し、国営公司は民営企業に変わって
読了日:05月12日 著者:谷崎 光

読書メーター

 

広島ブログ

2020年6月 1日 (月)

三次・庄原、国道と並行する脇道を行く 2(自転車篇)

仁賀の信号交差点に入って行く。変形五差路の交差点で、県道61号線を庄原に向かう、帰りは県道441号線で七塚から帰る。
交差点からは本村川に沿って遡上していく。
庄原市の境界を越える。越えてすぐに道の分岐がある。川沿いに進む道は峰田・本村へと進んでいく。そっちには進まない、真っすぐ坂道を登っていく。
前回の「三次・庄原、国道と並行する脇道を行く」では川沿いの道を進んだ。今日はそれとは違う道を行こう。
この登り坂、せっせせっせとひたすら坂道を登るのですよ。けっこうトラックが通るのだ。自転車のハンドルがゆらりと揺れて、そこをトラックが追い越すので、ヒヤリとする場面はあるよね。
登り斜面の町名は実留、峠があって、峠の向こうの町名は一木、登り斜面はきついけど峠を越えると平坦な路面に変わるんだよ。
板橋の区域に入って、大きな池がある。池の名前が大池。板橋大池ではないみたい、ただ単に大池という名前なのだそうな。
庄原市西城に大橋という橋がある。松江にも大橋という橋がある。《わしら大橋と呼んでいるよ、それがどうかしましたか》それと同じことだよね。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜き書きです。
全体の姿は、下のリンクからお出でください。

http://sherpaland.net/bike/2020/bike-200530-miyoxi_shobara2/bike-200530-miyoxi_shobara2.html

広島ブログ

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31