無料ブログはココログ

« 諂う=へつらう | トップページ | 一を聞いて »

2020年6月24日 (水)

動乱の刑事

「動乱の刑事」堂場瞬一 講談社
「焦土の刑事」「動乱の刑事」「沃野の刑事」の三部作です。
シリーズの中で、言いたいことはこの篇にある。
世田谷区の周辺で警察の派出所が爆発した。二人死んだ。
高峰は捜査一課、海老沢は公安、それぞれの立場で捜査に出動した。
時代はGHQが撤退して、日本が独立を取り戻すころ。
途中をすっ飛ばして結論を言うと
公安が共産党などの台頭を恐れて、自作自演で派出所を爆発した。
これを機に、高峰は国民を守り、海老沢は国家を守る、決意を固めた。
戦前の特高から脈々と流れる公安の血統、三部作はそこを書いている。
読後感は、読み終わったカタルシスはない。肚の中に沈殿物が残る。

読書メーター

広島ブログ

« 諂う=へつらう | トップページ | 一を聞いて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 諂う=へつらう | トップページ | 一を聞いて »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31