無料ブログはココログ

« 三次ピオーネ団地から東回り(自転車篇) | トップページ | バイキングの違う言い方 »

2020年6月 9日 (火)

暗約領域 新宿鮫Ⅺ

「暗約領域 新宿鮫Ⅺ」大沢在昌 光文社
新宿鮫もこれでシリーズ11作目です。
新宿署の課長が変わる。桃井課長の殉職を経て、女性の課長が赴任する。
新しく相棒が着任してくる。
鮫島と新課長の衝突がある。お互い仕事の仕方が違うのだ。
新しい相棒は公安から付け人だった。
これはシリーズ12作目のネタフリかな。
事件はインフルエンザの特効薬のタミフルだ。
百万人分のタミフルを北朝鮮に運ぶ。
公安が仕掛けたのだ。薬品と引き換えに情報を得ること。
祖国を失ったヤカラがうごめくが、事情は汲み取れるが、同情はできないね。
悲惨な最後を迎えようとも、そういう道を選んだのは君じゃん。
暗約領域、意味ありげだが、どういうことなんだろう。暗約とは秘密の約束のこと?暗躍の言い換え?

読書メーター

広島ブログ

« 三次ピオーネ団地から東回り(自転車篇) | トップページ | バイキングの違う言い方 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三次ピオーネ団地から東回り(自転車篇) | トップページ | バイキングの違う言い方 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31