無料ブログはココログ

« 一を聞いて | トップページ | 当地にはマンガ喫茶がないので »

2020年6月26日 (金)

みよし風土記の丘から、山の道を、里の道を(自転車篇)

辻塚の集落に到着、ここを左折すればピオーネ団地に行くのだ、「ピオーネ団地から東回り」でこの分岐にやってきたのだ。
直進する。春木の方向へ進むのだ。当然、春木の集落に進むと思うでしょ。春木の集落の手前で道を逸れるのだ。そこんとこ、要注意だね。
この道は、芋面川に沿った道で、2008年8月1日「馬洗川水系芋面川」2012年4月10日「馬洗川水系芋面川2(芋面川から美波羅川)」二回ここは自転車で走っている。
芋面川の最後の集落、芋面は神杉・廻神に属していない。尾根の反対側の川西・三若に所属しているのだ。おそらく、地頭の勢力が強くて山を越えて支配が及んだのだろうね。
行政区域はそうでも、実際は不便でしょうがない、芋面の子供たちは川西小学校に通わず神杉小学校に通っている。農協の区割りも神杉に所属している。
峠に差し掛かる。この峠は神杉の区域と志和地の区域を分ける峠なんだよ。
志和地への下り坂を降りていく。突然、通行止めの看板に出合う。直進の道が先へ伸びている。農道を建設中でこの先は通行止めなのだそうな。
看板の地図を読むと、春木、藤根原への道が通行止めなのだ。右折して、三和方面、国道54号線へ進むように誘導してある。抵抗感があるが、狭い道の方へ進んでいくのだよ。
ファロスファーム(株)花見山農場の看板がある。この看板の道を行くと間違いないのだ。
山の中を抜けて、里に出てきた。休校になった小学校の横を通る。旧志和地小学校なんだね。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜き書きです。
全体の姿は下のリンクからお出でください。

http://sherpaland.net/bike/2020/bike-200624-hudokinooka/bike-200624-hudokinooka.html

広島ブログ

« 一を聞いて | トップページ | 当地にはマンガ喫茶がないので »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一を聞いて | トップページ | 当地にはマンガ喫茶がないので »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31