無料ブログはココログ

« 水の音とエンジン音と | トップページ | 今日この頃です、これを使った最初の人 »

2020年7月26日 (日)

いも殿さま

「いも殿さま」土橋章宏 角川書店
旗本の井戸平左衛門、勘定方から石見銀山の代官を命じられた。
着任すると、田畑は不作で飢饉にあえいでいる。
唐芋に頼ろう。藤十郎、薩摩で芋を手に入れてくれ。
用人の藤十郎、奉行所手代の金三郎、修行僧の泰永、この三人で薩摩に芋を求めに行く。
薩摩から芋は持ち出し禁止、手に入れて持ち出すまでがハイライトなのですよ。
持ち帰った種芋がちゃんと収穫できるまでには、まだまだ程遠い。
飢饉は進み、平左衛門は代官所の米蔵を開いて百姓に開放する。
当然、罪に問われます。
罪に問われるが、石見では、いも殿さま、いも代官さま、とあがめられる。
ゆるいお話なんですよ。
緊迫感などどこにもない。嫌味などなく涼やかに読み続けられる。
こういうお伽噺のようなものもええもんですねぇ。

読書メーター

広島ブログ

« 水の音とエンジン音と | トップページ | 今日この頃です、これを使った最初の人 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水の音とエンジン音と | トップページ | 今日この頃です、これを使った最初の人 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31