無料ブログはココログ

« 6月に読んだ本 | トップページ | 香港は安心して旅行できるか »

2020年7月 2日 (木)

決戦!広島城 天下大乱の火種を消すべし

「決戦!広島城 天下大乱の火種を消すべし」松永弘高 朝日新聞出版
福島正則の広島藩、水害の補修を口実にして城の大改造をしている。
届なしの補修じゃ、徳川秀忠は軽んじられていると怒った。
正則は江戸出府の折り、世子は伏見城に詰める折り、幽閉した。
広島城では主戦論が主流で、籠城して幕府と一戦に及ぶと決した。
幕府の上使と広島城の名代が音戸の瀬戸で談判に及んだ。
歴史上では、開城と決まっているわけですよ。
どのような経緯でそう取り決めたのか、実際の城の受け渡しはどうだったのか。
江戸城開城以外でこんなお話しは読んだことがない。
興味津々、次のぺーではどう展開するのか、一気に読み通しました。

読書メーター

広島ブログ

« 6月に読んだ本 | トップページ | 香港は安心して旅行できるか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6月に読んだ本 | トップページ | 香港は安心して旅行できるか »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31