無料ブログはココログ

« 負けず嫌い 食わず嫌い | トップページ | ○○さん、あなたのユウチューブにコメントを付けるには »

2020年8月16日 (日)

算法少女

「算法少女」遠藤寛子 ちくま学芸文庫
児童書です。30年前に岩崎書店で出版され、ちくま学芸文庫で再刊されたものです。
あきは町医者の子、父は算法の素養が深く、父から学んでいる。
浅草の浅草寺に算額を奉納するものがいる。
見ると、算額に書いてある解法が間違っている。
間違っているわ。呟いた声が聞こえてしまった。
小さな女の子が間違いを見つけた、と評判になった。
その評判を聞きつけ、久留米の殿さまから呼び出しを受けた。
ここからは小説を離れて実話です。
あきと父は「算法少女」という本を出版した。
父が出題し、子が回答する、という問答の本です。
その本から出発して、児童文学に仕立てようという意図からこの本は始まっています。
児童書だから、漢字にはふりがなを付けてあるが、等比級数などの術語はそのまま書いてあります。
算法・数学のお話を児童書に仕立てるのは、なかなか難しいですね。
大人には面白いんだけどね。

読書メーター

広島ブログ

« 負けず嫌い 食わず嫌い | トップページ | ○○さん、あなたのユウチューブにコメントを付けるには »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 負けず嫌い 食わず嫌い | トップページ | ○○さん、あなたのユウチューブにコメントを付けるには »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31