無料ブログはココログ

« 情けは人の為ならず | トップページ | ふらここ »

2020年8月12日 (水)

ダブル・フォールト

「ダブル・フォールト」真保裕一 集英社
本條は高階法律事務所のいそ弁で、殺人事件の弁護を担当した。
もちろん任せ切りではなく、主弁護人は高階で、本條は補助なのだ。
被告と面談しているうち、何かを隠している、と被告人を疑うこともある。
亡くなった被害者の過去・行動を探るのも弁護活動の一部なのだ。
被害者の娘が邪魔をする。法廷で弁護士を非難する声を上げるのだ。
だんだんと娘に肩入れするようになってくる。
テニスのサーブで、ファーストサーブに失敗しても、セカンド・サーブがある。
両方失敗すると、ダブル・フォールト、そういう寓意なのだ。
新米弁護士は失敗を重ねながら鍛えられていく。

読書メーター

広島ブログ

« 情けは人の為ならず | トップページ | ふらここ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 情けは人の為ならず | トップページ | ふらここ »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31