無料ブログはココログ

« ノースライト | トップページ | シリンジ、ポンプ »

2020年9月21日 (月)

公安狼

「公安狼」笹本稜平 徳間書店
唐沢はまだ大学生のころ、恋人に誘われて、あるサークルに参加した。
そこでは名前を明らかにせず、仮名で名乗りあうサークルだった。
リーダーはハンクス、自分はレオナルドと名乗ることにした。
段々と異様さを感じてサークルを離れた。
恋人から呼び出されて、ビルの下で待っていると、ビルが爆破して、自分も傷を負った。
恋人も爆死したが、自爆テロの様子だった。
公安の取り調べを受け、容疑は晴れ、リクルートされた。
卒業後、リクルートを受け、公安に入った。
ハンクスを探すのを自分の使命にした。
一方、公安には天敵がいた。捜査の金を着服し、何かと唐沢を排除しようと謀る。

読書メーター

広島ブログ

« ノースライト | トップページ | シリンジ、ポンプ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ノースライト | トップページ | シリンジ、ポンプ »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31