無料ブログはココログ

« 売国 | トップページ | 寝違えてしまいました »

2020年9月12日 (土)

中国はなぜいつも世界に不幸をバラ撒くのか

「中国はなぜいつも世界に不幸をバラ撒くのか」石平 徳間書店
[新型肺炎があぶり出した中国の本性]
[中国と接近すると没落、離れると繁栄]
[中国ではなぜ嘘と責任転嫁がはびこるのか]
[中国をダメにした儒教の害悪]
[日本は「脱中国」の手本を示せ]
5章で出来上がっています。
第1章を読むと、ほぼ言い尽くされています。
この本は2020年3月に出版されています。
その時点で、新型肺炎は中国には責任はない。撲滅に成功した中国に世界は感謝すべきだ。
こう言っていると書いています。
この居直りは最近のことだと思っていましたが、そんなに早い時期から主張していたのか。
中華思想だからです。
徳をあまねく周囲に及ぼして、世界はその徳にひれ伏すべきだと、彼らは考えます。
毎度お馴染み、石平節ですが、その指摘は的を射ています。
タイトルは、中国はなぜいつも世界に不幸をバラ撒くのか、ですが、不幸をバラ撒くとは直接には語っていません。
語ってはいませんが、巻頭から巻末まで読むと、不幸をバラ撒いているなと納得できます。

読書メーター

広島ブログ

 

« 売国 | トップページ | 寝違えてしまいました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 売国 | トップページ | 寝違えてしまいました »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31