無料ブログはココログ

« 菅内閣 | トップページ | 非常識家族 »

2020年10月 8日 (木)

ライアー

「ライアー」大沢在昌 新潮社
ヒロインは神村奈々、消費情報研究所に勤務している。
研究所の実態は政府の非公然組織、海外で日本に不利益をもたらす者を暗殺するのが仕事だ。
そう、わたしは政府の殺し屋。
夫、洋祐が売春婦とともに焼死した。
夫の死に不自然を感じて探り始める。
政府の非公然組織の関東損害保険事業者連合会にたどりついた。
研究所は海外で暗殺を行うが、連合会は日本国内で暗殺を行うのだ。
探っていく影響で、自然と研究所と連合会の戦いになった。
洋祐の父、直祐が研究所の設立に関わっている。今なお、影響のある立場にいる。
殺し屋対殺し屋の戦いなのだ。
ライアーとは嘘つき、誰もが嘘をついている。
嘘のひとつひとつが引っ剥がされていく。

読書メーター

広島ブログ

« 菅内閣 | トップページ | 非常識家族 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 菅内閣 | トップページ | 非常識家族 »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31