無料ブログはココログ

« ふわっとした | トップページ | 侵略者(アグレッサー) »

2020年11月21日 (土)

カピカピ

糊を指になすって乾いた状態
血が固まって乾いた状態
たんぼから出て泥が乾いた状態
このような様子をカピカピと表現します

江戸時代以前でもこの状態はあったはずですが
カピカピと表現した例がない
井原西鶴も、近松門左衛門も、十返舎一九も、書いてはいない
カピカピが現れるのは明治以降なんですね
夏目漱石、森鴎外、菊池寛、芥川龍之介などが、カピカピて書き残したかな
ないね、出現したのは戦後を過ぎてからのことでしょうね
初出がいつかは知らないが、今では、世間一般で普通に使っている言葉です

どうやら、ある現象を言葉で捉えるのには、社会の成熟が必要なようです
あれはカピカピ、そうカピカピ
言葉が行き渡るには、普通の言葉として認識されるには、社会の成熟・脱皮が必要なようです
社会の風がちょっと違う、世間の雰囲気が変わってきた、そういうことなんでしょうね

広島ブログ

« ふわっとした | トップページ | 侵略者(アグレッサー) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ふわっとした | トップページ | 侵略者(アグレッサー) »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31