無料ブログはココログ

« 半端ない | トップページ | だって*** と ***だって »

2020年11月 7日 (土)

暴虎の牙

「暴虎の牙」柚月裕子 角川書店
「孤狼の血」「凶犬の眼」と繋がる三部作。
「孤狼の血」は大上章吾が主人公。「凶犬の眼」は日岡秀一が主人公。
昭和57年、沖虎彦は少年院、年少刑務所上がりを集めて呉寅会を組織している。
呉の五十子会、広島の綿船組に歯向かっている。
広島北署、マルボウ刑事の大上章吾がいる。
職務上取り締まるはずなのだが、好き放題にさせている。
沖は18年の懲役を受けた。
大上は沖が刑務所にいる間に死んでいた。
平成16年、沖は刑務所を出た。
呉原東署のマルボウ刑事日岡秀一が沖と対峙する。
沖は呉寅会を再起させようと図る。
大上は沖を放置したが、日岡は厳然と取り締まる。
三部作でこのシリーズは閉じると納得できる。

読書メーター

広島ブログ

« 半端ない | トップページ | だって*** と ***だって »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 半端ない | トップページ | だって*** と ***だって »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31