無料ブログはココログ

« 台湾と日本では自転車のブレーキが逆というお話 | トップページ | 任侠シネマ »

2020年12月10日 (木)

ダブル・トライ

「ダブル・トライ」堂場瞬一 講談社
神崎真守はラグビーと円盤投の両方のアスリートだ。
ラグビーは15人制を離れて7人制に専念している。
円盤投は中学時代見込まれて始めた競技なのだ。
神崎は株式を相続して、配当で有り余る金を持っている。
スポーツメーカーが契約金をいくら提示しようと、心動かすことはない。
7人制ラグビーは東京オリンピックに出場できる戦績を勝ち取った。
円盤投の最終選考会、ここでオリンピック参加標準記録を越えないと資格を得られない。
果たして。
ここからは語らない。自分で読んでください。
プロとアマチュアの境界、オリンピックは貴族のスポーツ、そうだろうか、どうだろうか、というお話し。

読書メーター

広島ブログ

 

« 台湾と日本では自転車のブレーキが逆というお話 | トップページ | 任侠シネマ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾と日本では自転車のブレーキが逆というお話 | トップページ | 任侠シネマ »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31