無料ブログはココログ

« 11月に読んだ本 | トップページ | しぇるぱくん、ファイルのコピーが出来なくて、大いに焦ること »

2020年12月 4日 (金)

武士はなぜ腹を切るのか

「武士はなぜ腹を切るのか」山本博文 幻冬舎
サブタイトルに、日本人は江戸から日本人になった
日本人は江戸から日本人になった、この解説はない。全体を通せばわかるでしょ、ま、言わずとも伝わるか。
五章で、各章、五節から七節の短文が入ります。
一節は4~6ページ程度。
タイトルにして、第三章の「武士はなぜ腹を切るのか」そこの各節は
武士の生きる目的は”家”を存続させることにつきる--家名
命が惜しくはないのか--汚名
死人に鞭打つことはしない--責任
つねに緊張感をもって生きるべし--斬り捨て御免
失敗が即、死につながる世界--妬み
人の道として命を奪う--仇討ち
第一章、ここがすごい!サムライ日本人。この本はこの章に尽きます。

読書メーター

広島ブログ

« 11月に読んだ本 | トップページ | しぇるぱくん、ファイルのコピーが出来なくて、大いに焦ること »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11月に読んだ本 | トップページ | しぇるぱくん、ファイルのコピーが出来なくて、大いに焦ること »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31