無料ブログはココログ

« どうぞひとつ | トップページ | http:// をhttps:// に変更するか、どうか »

2021年1月15日 (金)

天を測る

「天を測る」今野敏 講談社
警察小説ではない、任侠○○でもない。
今野敏最初の歴史小説なのです。
小野友五郎、笠間藩牧野家家臣。
長崎海軍伝習所の一期生、測量が専門なのだ。
咸臨丸が米国に向かうので、召集された。測量方運用方に任命される。現代で言えば航海士。
天測の手腕は抜群で、アメリカ海軍の航海士より優秀なのだ。
同じ船に勝海舟と福沢諭吉がいる。小野友五郎からすると、二人は役立たずなのだ。
帰国後は、藩士から旗本に引き抜かれる。
ここからは、軍艦は造るは、江戸湾防衛の要塞を造るは、造船所製鉄所を造るは、多忙を極める。
技術者として要請に答え、どんどん出世していく。
大政奉還、鳥羽伏見の戦い、江戸開城、幕府は負けました。
最初は、新政府に仕えるのは断ったが、節を曲げて、鉄道敷設の仕事についた。

読書メーター

広島ブログ

« どうぞひとつ | トップページ | http:// をhttps:// に変更するか、どうか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どうぞひとつ | トップページ | http:// をhttps:// に変更するか、どうか »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31