無料ブログはココログ

« 映(ば)える | トップページ | Google Chrome のバージョンを最新にするには »

2021年1月19日 (火)

タイワニーズ

「タイワニーズ」野嶋剛 小学館
サブタイトルが、故郷喪失者の物語
第1章が、蓮舫と台湾の政治家、この章が面白くない。
読まなくてよろしい。飛ばして第2章から読めばよろしい。
第2章、直木賞作家東山彰良、芥川賞候補作家温又柔。
第3章、ジュディ・オング、余貴美子。
第4章、551蓬莱の羅報強、インスタント麺の安藤百福。
第5章、陳舜臣、邱永漢。
終章、 タイワニーズとは?
2章から5章、いずれも、台湾生まれ、日本育ち。中には、大陸生まれ、台湾経由日本育ちもいる。
人それぞれで、主軸は台湾だったり、日本だったり。
タイワニーズという括りで、これほどの人材がいるのだ。
終章で突き付けているのは、日本は台湾を2回捨てたということだ。
1回目はポツダム宣言で、2回目は中華人民共和国を承認して台湾と断交したことだ。
わたし個人としては、台湾の山々に何度も登り、たびたび自転車で台湾の街道を走って、台湾に強い親近感を持っています。

読書メーター

広島ブログ

« 映(ば)える | トップページ | Google Chrome のバージョンを最新にするには »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映(ば)える | トップページ | Google Chrome のバージョンを最新にするには »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31