無料ブログはココログ

« 送信しようとしている情報は保護されません | トップページ | どうぞひとつ »

2021年1月13日 (水)

烏金

「烏金」西條奈可 光文社
浅吉は、金貸しお吟のところにもぐりこんだ。
使い走り、取り立てを請け負った。
浅吉は利息計算も達者で、よく働いた。
算学の先生に拾われて、仕込まれた経過があるのだ。
無理な取り立てをするわけじゃない、暮らしが立ちながら金を稼ぐ方法を考えてやるのだ。
無償の善意でお吟のところに潜り込んだわけじゃない。
金を狙ってのことです。それはバレます。
悲劇的な結末を迎えるはず、ところが、意外なハッピーエンドの結末が待っています。
烏金とは、朝借りて夕方には金を返す、夕方借りて朝には返す。そういう金の貸借のこと。
お吟の金貸しは通常の金貸しが大部分です。烏金は取り立てが手間で、なかなか難しい。
カラスをペットにしている、そういう道具立てもあります。

読書メーター

広島ブログ

« 送信しようとしている情報は保護されません | トップページ | どうぞひとつ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 送信しようとしている情報は保護されません | トップページ | どうぞひとつ »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31