無料ブログはココログ

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月28日 (日)

プロファイリング

警察用語で、プロファイリングというのがあります
プロ+ファイリングだろうと思っていました
たぶん、違う
プロフィール+ing
でしょうね

これと同類がダイバーシティ(多様性)
ダイバー+シティではない
ダイバースの名詞形

広島ブログ

2021年2月27日 (土)

きみぃ、タイピングが雑なんだよ

自転車篇で新しいページをアップしました。
そこで気が付いたのは、前回のページのファイル名の間違いです。


bike-210211-pione_3 と命名すべきを
buke-210211-pione_3 と名前を付けている。
キーボードでの並びが u と i が隣り合わせになっている、指違いのタイプミスです。
打ち間違いに気が付かず、ページ作成を続けたためです。


このまま放置していては、この先まずいことになる、並びの順番が違ってくる。
正しい名前で編集し直して再アップしました。


去年の12月にアップしたページにも間違いがあります。
bike-201212-nakaama_pass
bike-201212-nakayama_pass であるべきなのです。
y の字を空振りしてしまっています。


アップ後、間違いに気が付きました。
ま、ええか、間違いと分かっているのは自分だけだ、nakaama nakayama どっちでも大差ないさ。


教訓その1、ファイル名をタイプするのに、軽々しく打つんじゃないよ。
教訓その2、編集が終わって、アップする前に、よぅく間違い探しをするんだよ。



広島ブログ

2021年2月26日 (金)

つましい つつましい

ただなんとなく、両者は近縁関係のような気がしていました
倹しい、慎ましい
倹しいのは、生活が苦しく、倹約しなきゃやっていけないことです
慎ましいのは、財布とは関係ない、挙措・振舞が控えめなことです
両者には全く繋がるところがありません

慎ましいとは、世間ではよく見聞きする言葉です
倹しい、これはほとんど見聞きすることがない
倹しいを使うより、倹約、貧乏、ストレートに語ることが多いです

つましい、おそらくこの先、常用語から消滅してしまうと思います
つましいはつつましいの類語だろうとの錯覚されるのを恐れて、使われなくなると思います

広島ブログ

 

2021年2月25日 (木)

つましい

倹しい、約しい
ははぁん、倹約とはこういう字義で出来上がったのかと分かってきます

倹しいを読むのに、前後の文脈から、つましいだろう、と当て推量で読めますが
約しいを読むのは、たいていの人が読めないのじゃないでしょうか、わたしも読めない

広島ブログ

2021年2月24日 (水)

もたれる

壁にもたれる、胃がもたれる
漢字で書くと、凭れる、靠れる

いやいや、ひらがなで書きましょうよ
漢字で書いても、誰も読めない

広島ブログ

 

2021年2月23日 (火)

三次・川西・上田の里(自転車篇)

最後の傾斜をえんやえんやと漕いで、峠は変形四差路、県道54号線の登り路・下り路、平田観光農園への道が右折し、上田小学校跡への道が反転して登っていく。
ここはバス停破堂というのだ。峠の名前が判然としないのですよ。上田峠ではないみたい。上田峠と呼びたい候補が他にもいっぱいあるからね。破堂峠でもないみたい。
しょうがない、平田観光農園分岐と名付けよう。このように呼べば、誰もが、ははん、あそこのこと、と伝わっていくことだろうと思うよ。
2020年2月10日 森谷の道を登った。その時はえらく傾斜の強い道だと体に堪えた。今回登ってみて、そんなことないじゃん、ペダルを踏めばそこそこ登っていける道じゃん。
他のふたつは、明神山関連で北から登る道なんだが、こっちもきつかったよ。体感的にはこっちの方が堪えたように思うがね。
上田小学校跡への道をちょっと行くと、森谷を見下ろす地点がある。下りの頭から森谷が続いて川西の美波羅川の谷まで見渡せる。
軽トラが追い越した。荷台にはイノシシが二頭横たわっている。太ったイノシシで、これは大収穫だよなぁ。
岡田山への分岐を過ぎて、道は平らになる。旧上田小学校跡への分岐から小学校のほうへ道草する。
旧上田小学校、ほしはら山のがっこうとしてNPO法人が運営している。経営を破綻せずに、よく続いているな、と感心しております。
もとの道に帰って続きを行く。中腹の平らな道から明神山が見えている。明神山はたくさんあるので、上田明神山、あるいは、地元の集落名の槙明神山と呼んでやってほしい。
平らな道が急傾斜に折れ曲がるところに岡城地蔵堂がある。ここからは岡田山のアンテナ群が良く見えている。

編集が終わりました。
新しいページをアップしております。
これは一部分の抜き書きです。
全体の姿は下のリンクからお出でください。

http://sherpaland.net/bike/2021/bike-210221-kawanixi_ueda/bike-210221-kawanixi_ueda.html

2021年2月22日 (月)

漣のゆくえ とむらい屋颯太

「漣のゆくえ とむらい屋颯太」梶よう子 徳間書店
連作短編6章。前作で颯太(そうた)はとむらい屋を開いている。
僧侶と棺桶職人、奉公人も抱えている。医者と奉行所同心も顔なじみなのだ。
前作では、身内の葬儀もあったが、この作では外の人を弔う。
6章に、漣(さざなみ)の行方がある。
漣(さざなみ)とは水死体の意味か、イメージを重ねて膨らませている。
奉公人のおちえ、子供のころ、母親は馬に蹴られて死んだが、侍の紋所は覚えていた。
葬式繋がりで、馬で蹴った侍の身元がわかった。
お吉という奉公人を増やす。これも不幸の子。
誰もが不幸を抱えていて、だからこそ、遺族がとむらいで癒されるのだ。

読書メーター

広島ブログ

2021年2月21日 (日)

ストレーナー

フィルター
空調業界、油圧業界、多くの業界でフィルターと言うのに
ストレーナー
水道業界ではフィルターと言わずにストレーナーと言います

幕末から明治に、外国から導入した際にそう学んだのが今も続いているのでしょうね
でも、段々とその流儀は伝承が途絶えているようです
作業員のおにいちゃんはフィルターと言っていました
こっちからストレーナーと餌を撒いたのに、引っ掛かることなく、フィルターと返してきました

広島ブログ

2021年2月20日 (土)

とむらい屋颯太

「とむらい屋颯太」梶よう子 徳間書店
とむらい屋のお話しです。連作短編6章。
主人の颯太(そうた)、奉公人のおちえ、僧侶の道俊、棺桶作りの勝三とその弟子正平、雑用の寛治郎、これがとむらい屋の一党です。
とむらい屋だが、商売は葬具屋、道具を貸し出すということで葬式を請け負うのだ。
とむらう死人に訳ありがあって、それを洗い出す経緯があったり、奉行所の同心、韮崎に当てにされているのだ。
とむらい屋の面々の関わりの人のとむらいを引き受けたり、それぞれに深い人生があるのだよ。
第6章で、颯太の子供時代が書いてある。
子供のころは惣吉という名前だった。火事で焼け出されて、世話になった姐さん方を火屋(火葬場)に送った。
それが、とむらい屋颯太の始まりになる第一歩だったのだ。

読書メーター

広島ブログ

2021年2月19日 (金)

坂道の勾配を計算するには

勾配=高さ/底辺
高さは地図に表現されています
サイクルコンピューターの距離は斜辺の数字です
タンジェントで言う底辺の数字ではない

地図ソフトのカシミールで確認してみましょう
カシミールの自転車の軌跡に触れて右クリック
トラックの操作→グラフ表示
現れたポップアップページを最大化します
右側に数値ガイドがあります
人形を動かすと、その地点での数値がガイドに出てきます
距離とは水平距離のこと、タンジェントでの底辺です
沿面距離とは斜辺のこと(サイコンの数字と同じです)
沿面距離の次に標高が書いてある

これで、標高と水平距離を知ることができました
標高/水平距離=%
区間・区間を区切って、それぞれの勾配を算出します

サイコンの数字を使うと、どれだけ違うものか
ある区間の計算ですが、正しい計算で7.0%と算出できました
サイコンの数字なら6.9%と計算できました
大差ない、とも言えます
小数点以下を四捨五入すれば、同じ数字です
階段のように極端な道なら差が出ますが、普通の道なら似たようなもんです

自転車で、この坂道なら、勾配なんぼ
その体験があって坂道に向かうと

こりゃムリだ、と挫けるか
成功体験が後押ししてくれるか
さぁ、どっちだ

広島ブログ

2021年2月18日 (木)

賞金稼ぎスリーサム!二重拘束のアリア

「賞金稼ぎスリーサム!二重拘束のアリア」川瀬七緒 小学館
前作品で三人は知り合い、会社を創設する。
チーム・トラッカー、これが新しい会社名だ。
警察が未解決事件に懸賞金を出す、それを稼ぐのだ。
さっそく飛び込みの依頼者があった。
三年前、夫婦が殺しあった事件があった。事情を知りたい。
報酬が高額なので引き受けた。
三人のキャラクターは面白い。
関係者もユニークで、どんどん読み続けていける。
残り5%ほども読み進んで、これはいけません。
犯人に行き当たるのだが、これが最悪、空気感が一変するのだ。
依頼は解決しました。
前作で、テロリストの老女を取り逃がした。
この件が片付いていない。
次作に、乞う、ご期待、ということだ。

読書メーター

広島ブログ

2021年2月17日 (水)

パッキン

水道の継ぎ手のプラスチック製のアレを買いに行くのに、メモしようとして

ワッシャ、これは金属だよなぁ
クッション、用途はその通りだが、これでは布製だよなぁ
パッキン、思い出した、あれはパッキンと言うのだ

買い物メモにパッキンと書きました

広島ブログ

2021年2月16日 (火)

東京芸術大学音楽学部

東京芸術大学音楽学部を三回唱えてみてください
言えますね
もうちょっと厳密にやってみましょう

音楽学部をゆっくりと三回唱えてみてください
早口言葉じゃありませんから、鬼の形相で唱えないでください
ゆっくりとぉ、優雅にぃ、上品にぃ、唱えてください
注意すべきは、鼻濁音を効かせてぇ

そうそう、じょうずじょうず
その上で、早口言葉として唱えてください

そうそう、できましたね
東京芸術大学音楽学部を三回唱えてみてください

広島ブログ

2021年2月15日 (月)

自転車で峠のてっぺんを見定めるには

ここが峠のてっぺんだろう、いいえ、それは行き過ぎています
自転車に乗っていると、目の位置がいつもとは違うのです

峠の舗装道路は、たいがいダラダラとした水平道が続きます
あそこが最高地点だと理解するのは、行き過ぎてから振り返ると、分かるもんです

早めに自転車から降りて、歩く高さで見定めると間違いません
側溝の傾斜や法面の具合を見渡して、ここが峠のピーク、と判断すべきです
登山の歩きの場合、峠の最高地点を見誤ることはありません
自転車の場合、峠のてっぺんを見誤ることが多いように思います

広島ブログ

2021年2月14日 (日)

タメになる教え、ダメになる教え

タメになる教え、ダメになる教え
濁点が付くだけで
素晴らしいものが、一挙にガラクタになってしまいます

広島ブログ

2021年2月13日 (土)

三次ピオーネ団地、第三の道

みよしワイナリーを過ぎて、次の交差点が三次中央病院(南)、交差点の向こうには、トレッタみよし(野菜販売所)、みよし森のポッケ(こどもの室内遊び場)がある。
今までピオーネ団地に向かうには、この交差点を右折して、次の信号交差点、東酒屋町を左折するのが順路だった。
ここを直進すればよろしい。この道が新しく開かれた道なのだ。
道は大曲りに曲がって登っていく。振り返れば三次中央病院が見えている。
水道タンクが見えている。三次中央病院に入院した時、窓から見える施設で、一番目につく施設なのだ。
谷を隔てて、ピオーネ団地に向かう先発の市道が見えている。池を跨ぎ谷を渡る道なので橋が渡してある。あそこを通るとき、橋を渡っているという意識はなかったなぁ。
この道も橋を渡る。池の頭の谷を渡る橋なのだ。酒屋大橋と命名してある。大橋とは大袈裟な、いえいえ、この酒屋地区でこれほど橋脚の高さが高い橋は他にはないのだ。
ピオーネ団地への先発の道と合流する。前に来た時、建設中の道があるなと観察しながら通ったもんだよ。
三次ピオーネ直売所がある。ここで三人ほど自転車乗りが休憩しているでしょ。
酒屋大橋の下で追い越された。自転車乗りをピオーネ団地に誘導しているのが嬉しいのだよ。【三次 ピオーネ団地】で検索すると、わたしのページがトップに誘導される。
これに誘われてピオーネ団地に向かってくれたとしたら、わたしは嬉しいのだよ。それとは関係なく、既に自転車乗りの間では有名なコースなのかもしれないけどね。
もう少し進むとピオーネ団地の最高地点だ。灌漑用水のタンクが設置してある。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜き書きです。
全体の姿は、舌のリンクからお出でください。

http://sherpaland.net/bike/2021/bike-210211-pione_3/bike-210211-pione_3.html

広島ブログ

2021年2月12日 (金)

賞金稼ぎスリーサム!

「賞金稼ぎスリーサム!」川瀬七穂 小学館
法医昆虫学捜査官シリーズとは別物です。
金持ちの警察マニアがいます。
退職刑事を引き込みます。
若い女の子で狩猟の達人、仲間に加わってきます。
目的は懸賞金稼ぎ、警察の出す懸賞金が目的です。
ペットショップが放火されて町内が激しく延焼した。
ネットで調べると、関東一円でペットショップが放火を受けている。
唐突にお話は終わる。
追いかけていたものは一億円の懸賞首だった。
他に、放火事件の懸賞が3百万、野鳥闇猟の件が他にいくらか。
賞金稼ぎは商売になる。
面白いキャラクターを創造している。

読書メーター

広島ブログ

2021年2月11日 (木)

国会議員と夜の会合

国会議員が夜の会合に行ったと非難されています

国会議員は毎日毎晩顔を合わせていないと疑心暗鬼に襲われる、のでしょうね
ある晩の会合に欠席したら、寝返ったと疑われる、のかも
常に、紐帯、連帯の証を立てておかなきゃならんのです、たぶん
電話より面談、顔を合わすだけじゃなく、酒を酌み交わす、酒がアリバイだと思いますよ
彼ら、こういう世界にいるのです、おそらく

コロナ時代の付き合い方がまだ出来上がっていないのです、これはキッパリと言い切れます

広島ブログ

2021年2月10日 (水)

デジタル一眼のバッテリー

つい最近のことですがね
駐車場所に到着した、いざ、出発しようとして
デジタル一眼のスイッチを入れると動きません
予備のバッテリーに入れ替えても動きません
遂にカメラが壊れたか
予定は諦めて、その日は帰りました
我が家に帰って、バッテリーに充電してみると
充電してみれば、カメラは動きます

わたし、予備のリチウムバッテリーを2個持っています
カメラ内蔵のリチウムバッテリーも含めて3個
放電し終わったバッテリーと充電満タンのバッテリーとの区別ができません
どっちを充電すべきか、見分けがつきません
そもそも、充電済みのバッテリーと放電バッテリーを同居させるのが間違いです
今後は、放電バッテリーはポケットに入れて持ち帰ることにします
ポケットに入れておけば、脱ぐ時、必ず充電する段取りに進めます
充電が完了した上で、同居させることにします

と、このように手順を変えることにします

広島ブログ

2021年2月 9日 (火)

中国ではNHKのニュース番組が中断されることもあるそうな

ついこの前も、武漢でのWHOの調査のニュースで、放送中断があったそうです
NHKワールドのことでしょ、どうして可能なんだろ、衛星放送を遮断する方法があるのかしら
それができるのなら、他国の人工衛星を自由にコントロールできる、その寸前、ということじゃないですか

西日本新聞の記事によると
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/665144/
------
NHKによると、中国での放送はNHKが衛星を通じて提供したものを中国側が受信し、政府の規制に従って、別の衛星を通じて中国国内に配信している。
テレビ電話で日本と中国をつなぎ、同じ番組を視聴すると、中国の放送は日本より約1分半遅かった。中国側はこの時差を使って内容を常時点検しているようだ。
------
へぇぇ、こんなカラクリがあるのかい

放送を遮断する時、今までは、画面が真っ黒になるだけだったが
去年の秋からは、カラーバーが表示されて
「NO SIGNAL PLEASE STAND BY 信号異常 馬上回来」
と表示されて、不都合なニュースが終わると回復する
のだそうです

衛星放送のB-CASカード、C-CASカードが決め手なんだな
中国では、日本のカードは通用せず、中国のカードしか通用しないのだ
中国のカードでは特定の人工衛星しか受信できないのだろう、たぶん

衛星テレビを日本のB-CASカード、C-CASカードを同梱したまま、税関を通すといけるかしら
たぶん、通関不可で没収されることだろうな

B-CASカード、C-CASカードを他の荷物に紛らせて税関を通すといけるかしら
バレたら中国ではタダゴトじゃ済まないだろうな
国家転覆罪で死刑になるかもしれないと、覚悟のうえで実行すべきだろうな

現状は、他国の人工衛星にジャミングをかける、乗っ取ってしまう、そんな事は起きない
しかし、能力としては、目標の人工衛星を破壊する、消し去ってしまう、ことは可能です

広島ブログ

2021年2月 8日 (月)

自転車に乗って

「自転車に乗って」三浦しをん他26名 河出書房新社
自転車にまつわる文章のアンソロジーです。
どれも短文、中にはたった1ページに満たない短文もある(忌野清志郎)。
現代人の文章なら読めるが、明治大正の作家の文章は読むのに苦労する。
夏目漱石、荻原朔太郎、宮沢賢治、志賀直哉、空気感が全然違う。
これは誉めているのではない、読む気がしないのだ。
この中でどれが一番感動的か、心を打ったか。
「自転車をこいでいる人間は何を考えているのか」(伊藤礼、英文学者、エッセイスト)
何も考えていない。いや、細々と決断を下しながら進んでいるのだ。
どっちの道を行くか、小石をどうよけるか。
そうだ、そうだ、その通りだ。そこは賛成。
心が通うものは少ない。このアンソロジーの三分の一は読み続けることができず、パスしました。

読書メーター

広島ブログ

2021年2月 7日 (日)

人を乞う

「人を乞う」あさのあつこ 祥伝社
「天を灼く」「地に滾る」「人を乞う」三部作でした。
天地人の構成なのだ。
点の巻、地の巻を読んだとき、人の巻があるとは知りませんでした。
父が地位を追われ切腹となり、息子の息吹藤士郎は上士に復帰する。
そういう展開だろうと読み進めてきました。
現に、側用人から呼び出され、藩主側に立つことになりました。
藩主をないがしろにする重臣どもが思いのままに藩政を蹂躙している。
それを覆す展開になるだろうと思っていました。
違った、藩主側、重臣側、どっちの陣営に参加するという運びにはならなかった。
そうではない第三の道。
それが何かは読まなきゃ分からない。

読書メーター

広島ブログ

2021年2月 6日 (土)

スワロウテイルの消失点

「スワロウテイルの消失点」川瀬七穂 講談社
法医昆虫学捜査官のシリーズの7作目です。
被害者の解剖が行われている。
立会人の全員がかゆい。
法医昆虫学捜査官の赤堀涼子が叫ぶ、台湾原産の小黒蚊だ、刺されると痒くなる。
特効薬はハッカ油。
これから登場する生物は、カバキコマチグモ、ツバメ。
岩楯警部補の出番となる。
今度の所轄の相棒は、見かけはちゃらんぽらんで使えない、実は有能で、将来有望な捜査員なのだ。
犯人の捜査に、小黒蚊、ツバメが役に立つのだ。
本ストーリーの他にサブストーリーがいくつもある。
この手の脇道が面白いのだ。
次の書下ろし出版は、今年か、来年か。

読書メーター

広島ブログ

2021年2月 5日 (金)

紅のアンデッド

「紅のアンデッド」川瀬七穂 講談社
法医昆虫学捜査官シリーズです。
殺人現場には三人の切断された指が残っていた。
部屋中、天井から畳まで血にまみれていた。
しかし、被害者は見当たらない。
岩楯警部補の出番です。当然、法医昆虫学捜査官も出動します。
今回登場する昆虫は、やけど虫、かいこの糞、カイガラムシから採ったコチニール色素。
毎度おなじみの、ハエ、ウジは今回は出番がありません。
今までは嘱託契約だったが、今回からはプロファイラー、昆虫学者、鑑識に貢献する科学者が採用されて、捜査分析支援センターに所属している。
犯行動機、犯行手段、隠ぺい工作、同情の余地もありません。

読書メーター

広島ブログ

2021年2月 4日 (木)

FFFTPで見慣れない確認

-----
この証明書を信頼し、通信を続行するには「はい」を選択してください。
CNの一致:はい
検証に成功:いいえ
Signature Algorithm;sha256WithRSEAncyption Validity
-----
数日前のことです。
HP原稿をサーバーに送るFTPソフトのFFFTPを開くと、奇怪な文言があって、英文の文言はさらに続きます。
長いからそこは省略。
「はい」「いいえ」で答えるよう指図しています。
答えたら、フィッシング詐欺にかかるんじゃなかろうか。
こんな問い合わせは始めてです。

「はい」「いいえ」どちらかを答えないと、FFFTPソフトも閉じられません。
うぅむ、困ったな、最終手段、Ctrl+Alt+Deleteで電源を切ります。

再度電源を立ち上げ、「この証明書を信頼し、通信を続行するには「はい」を選択してください」
このフレーズで検索してみました。
調べた結果、これは通常の手順で、不審なものではない、とあります。
FFFTPに限らず、FFTP、WinSCP、どのFTPソフトでも出現するようです。
はるか昔、わたしもこの手順を経たことがあるのでしょうね、覚えていないけど。
初期設定以降は、ついぞ問われることのない確認なので、不審なものかと疑ってしまいました。

恐る恐るやってみました、「はい」「いいえ」の回答で「はい」をクリックしました。
無事に、わたしのサーバーのHPリスト一覧が開きました。

いやぁ、ドキドキしたぜぇ。

広島ブログ

2021年2月 3日 (水)

メビウスの守護者

「メビウスの守護者」川瀬七穂 講談社
法医昆虫学捜査官シリーズです。
147ヘルツの警鐘、シンクロニシティ、水底の棘、潮騒のアニマ、これだけ読んでいます。
あまり犯人がどうとか、動機がどうとか、そんなことは問題じゃない。
凶器が昆虫だったり、犯行がばれるのが生き物だったり、そこに焦点があります。
警視庁の奥多摩で山岳救助隊員が人の手首を発見します。
いつも出動するのは捜査一課の岩楯警部補、彼が本庁から出張って所轄と一緒に捜査に当たります。
次に呼び出しがかかるのが赤堀涼子、大学の研究者で警視庁の法医昆虫学捜査官として嘱託です。
今回の法医昆虫学捜査官の発見物はタヌキのためぐそ、ホオグロオビキンバエ、カツイブシムシ。
他にナンキンムシなどの副産物もあります。
そこから死亡日を抽出する。
犯人や犯行動機は降って湧いたような展開です。

読書メーター

広島ブログ

2021年2月 2日 (火)

1月に読んだ本

1月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:2270
ナイス数:52

科学オタがマイナスイオンの部署に異動しました (文春文庫)科学オタがマイナスイオンの部署に異動しました (文春文庫)感想
雑誌連載時、ハードカバー発売時の題名は「賢者の石、売ります」文庫版では題名を変えました。お話しの展開は題名通り、原理原則通りのコチコチの科学信奉者なんですよ。マイナスイオン、パワーストーンなど、似非科学だと蹴散らしています。美容家電の部署に異動になりました。マイナスイオンの商品を売っていかなきゃならない。最初は、主人公だから感情移入して読んでいました。違和感、抵抗感ありあり、段々主人公に反感が湧いてきます。95%程度読んだところで、主人公変節。なぜ変節したのか、どう変節したのかは読んでくれなくては解らない
読了日:01月30日 著者:朱野 帰子


世界を制した「日本的技術発想」 日本人が知らない日本の強み (ブルーバックス)世界を制した「日本的技術発想」 日本人が知らない日本の強み (ブルーバックス)感想
サブタイトルが、日本人が知らない日本の強み、著者は日本工業会サラリーマンを経て、社長、会長を勤める。工業界の動静には詳しい。出版年が2008年なんですよ、13年前の出版だ。ドッグイヤーで言えば、2サイクル前の記事内容なんですよ。その時点で、大きなアドバンテージを得ている。13年経過して、そのアドバンテージを失ったとは思いませんがね。表紙のイラストがからくり人形の茶運び人形なんですよ。すでに当時、技術はかなり高度なものを持っていました。江戸時代のからくり技術が今でも繋がっている、のです。
読了日:01月22日 著者:志村幸雄


タイワニーズ 故郷喪失者の物語タイワニーズ 故郷喪失者の物語感想
第1章が、蓮舫と台湾の政治家、この章が面白くない。読まなくてよろしい。飛ばして第2章から読めばよろしい。第2章、直木賞作家東山彰良、芥川賞候補作家温又柔。第3章、ジュディ・オング、余貴美子。第4章、551蓬莱の羅報強、インスタント麺の安藤百福。第5章、陳舜臣、邱永漢。終章、タイワニーズとは?2章から5章、いずれも、台湾生まれ、日本育ち。中には、大陸生まれ、台湾経由日本育ちもいる。人それぞれで、主軸は台湾だったり、日本だったり。タイワニーズという括りで、これほどの人材がいるのだ。終章、日本は台湾を2回捨てた
読了日:01月19日 著者:野嶋 剛


天を測る天を測る感想
小野友五郎、笠間藩牧野家家臣。長崎海軍伝習所の一期生、測量が専門なのだ。咸臨丸が米国に向かうので、召集された。測量方運用方に任命される。現代で言えば航海士。天測の手腕は抜群でアメリカ海軍の航海士より優秀なのだ。同じ船に勝海舟と福沢諭吉がいる。小野友五郎からすると、二人は役立たずなのだ。帰国後は、藩士から旗本に引き抜かれる。ここからは、軍艦は造るは、江戸湾防衛の要塞を造るは、造船所製鉄所を造るは、多忙を極める。技術者として要請に答え、どんどん出世していく。大政奉還、鳥羽伏見の戦い、江戸開城、幕府は負けました
読了日:01月15日 著者:今野敏


烏金(からすがね) (光文社文庫)烏金(からすがね) (光文社文庫)感想
浅吉は、金貸しお吟のところにもぐりこんだ。使い走り取り立てを請け負った。浅吉は利息計算も達者で、よく働いた。算学の先生に拾われて、仕込まれた経過があるのだ。無理な取り立てをするわけじゃない、暮らしが立ちながら金を稼ぐ方法を考えてやるのだ。無償の善意でお吟のところに潜り込んだわけじゃない。それはバレます。悲劇的な結末を迎えるはず、ところが、意外なハッピーエンドの結末が待っている。烏金とは、朝借りて夕方には金を返す、夕方借りて朝には返す。そういう金の貸借のこと。烏をペットにしている、そういう道具立てもあります
読了日:01月13日 著者:西條 奈加


冬の狩人 狩人シリーズ冬の狩人 狩人シリーズ感想
狩人シリーズ、場所はH県本郷市で起きた多人数殺人事件、本郷市はモチムネの企業城下町なのだ。殺されたのはモチムネの幹部、弁護士、市長、三年経っても犯人のメドが立たない。現場にいて姿を消したのが弁護士の秘書、彼女からH県警にメールが来た。県警に出頭します。ただし、警視庁の佐江警部補と保護下であるのが条件です。H県警は、佐江の相棒として刑事になりたての新米をあてがった、名前が川村。この後、あれよあれよの展開です。モチムネには役員間の内紛あり、乗っ取りを謀る中国企業あり。川村クン、鍛えられて芯のある刑事が誕生した
読了日:01月11日 著者:大沢 在昌


銀閣の人 (角川書店単行本)銀閣の人 (角川書店単行本)感想
室町幕府の足利義政の足跡です。妻は富子、富子のせいで応仁の乱は始まった。わしは政事はせん、文事だけする。祖父は義満、金閣を建てた、それに張り合う気満々なのだ。豪華を目指すのではない。詫びにおく、寂びにおく。寝殿造りは性に合わぬ、会所を目指そう。襖で仕切り、畳を敷こう。装飾の品々を置く押板を高くしよう、床の間と呼ぼう。こういう部屋の造りを書院と呼ぼう。四畳半がよいな、この距離なら主客の身分は対等になる。密談向きじゃ、大広間で大声を出すことはいらぬ。金閣、銀閣と名高いが、ここで新しい和室の歴史が始まったのだ。
読了日:01月09日 著者:門井 慶喜


東京カウガール (PHP文芸文庫)東京カウガール (PHP文芸文庫)感想
小路幸也の本に外れはないと、ずっと読んでいます。おおむね日常を描く小説ばかりなのですが、これは違う。出だしが、若い女が男を関節を折り全治何ケ月まで痛めつける場面から始まります。お話の引き金はオレオレ詐欺の敵討ちです。東京カウガールとは牛飼いの女の子という意味じゃない、カウボーイほどの腕っぷしなんです。じゃ、ハードボイルドか、いいえ、小路幸也特有のほっこりとした筆致です。周囲の暖かい人たちに包まれて、若い男女が結ばれていく、そういうお話です。なんだ、小路幸也お得意の、日常を描くお話しなの。そう、そういうこと
読了日:01月02日 著者:小路 幸也

読書メーター

 

広島ブログ

2021年2月 1日 (月)

天文台教授、博物館教授

大学教授、大学院教授のように、研究と教育に携わるのが教授だと思っていました
天文台教授、博物館教授、研究センター教授、JAXA教授のように、こんなカタチもあるんですねぇ
学生がいないだけに、研究に専念できることでしょうね

天文台、博物館は数々あるが、教授と名乗れるのはそうそうありません
学芸員であるのが通常です
どこに線引きがあるのでしょうね

広島ブログ

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

最近のトラックバック

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31