無料ブログはココログ

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月31日 (水)

府中市上下から、女鹿山、男鹿山(自転車篇)

ぐるっと女鹿山の麓を半周して、そのまま男鹿山に向かえばええのだが、女鹿山男鹿山両方の山を写真に撮るには、山から離れなきゃならない。
街道から離れ、民家への私道を入って、両方の山が視角に入るところまで離れてみた。男鹿山がこれ、右に神山が見えている。女鹿山がこれ、左に神山が見えている。高鉢山は女鹿山に隠れて見えない。
写真は撮った。もとのコースへ引き返そう。男鹿山から下りる道、女鹿山から来る道、それが合わさる分岐を左折する。男鹿山のほうに向かう。
男鹿山への道は県道403号線、女鹿山への道は女鹿一般農道、ここはね、県道のほうが悪路で農道のほうが整備された道なんですよ。こんなことはよくあることだよ。
何度も曲がり角を折り返して、男鹿山東口登山道入口、ここから男鹿山に登っていくのだよ。
東口登山口からこの先さぞかし苦しい道だろうと想像するじゃないですか。いいえ、ごく普通の坂道で、たちまち次の登山口に到着。たぶん北口登山口という名前だと思う。
もうちょっと進むと、三次市との境界、甲奴町の端をかすめるんだね。ちょうど峠のてっぺんになっている。
このあたりの道は、これで県道なのかい、車が来たら交わす余地なんかないじゃないか。いえいえ、もうちょっとの辛抱。
府中市上下町の境界があって、その先は幅の広い道が続いている。県道とはこうでなきゃならないよね。

編集が終わりました。
新しいページをアップしております。
これは一部分の抜き書きです。
全体の姿は下のリンクからお出でください。

http://sherpaland.net/bike/2021/bike-210329-mejika_ojika/bike-210329-mejika_ojika.html

広島ブログ

2021年3月30日 (火)

かんべえの不規則発言

かんべえの不規則発言、というブログがあります
http://tameike.net/comments.htm
最新の記事はページの末尾に載っております
マウスでスライドバーを手繰って下へ下へと潜るのが面倒だと思っていました

解決策を見つけました
キーボ-ドの、Fnキーと→Endのキーを同時に押すと
一挙にページの末尾に到着します

ほぼ日刊イトイ新聞
https://www.1101.com/home.html
コンテンツの柱がいっぱいあって、倉庫の棚のように重なって分厚いです
[今日の言いまつがい]
[今日の小ネタ劇場]
これが最後にあります、これが好み

キーボ-ドの、Fnキーと→Endのキーを同時に押すと
一挙にページの末尾に到達します

広島ブログ

2021年3月29日 (月)

炎天夢 東京湾臨海署安積班

「炎天夢 東京湾臨海署安積班」今野敏 角川春樹事務所
印象としては、神南署が多くて、臨海署は今まで登場したかなぁ。
テレビドラマハンチョウが刷り込まれていて、そのイメージから抜け出せない。
安積警部補、班長、テレビでは佐々木蔵之介
須田巡査部長、テレビでは塚地武雄
他の俳優は覚えていないなぁ。
読みながら、そのイメージで読み進めていました。
遺体発見はマリーナの海面、タレントが殺されていた。
芸能プロダクションのボスのクルーザーが犯行現場のようだ。
芸能プロの社長と警視庁刑事部長は友人のようで、そことなく指揮権を発揮する。
安積班長、刑事部長と対立するか、警官人生の瀬戸際に立っている。

読書メーター

広島ブログ

2021年3月28日 (日)

わるぎはなかった、悪意はなかった

わるぎはなかったとは、悪口や口が滑ったなどのような、些細なことの言い訳
悪意はなかったとは、殺人か、傷害致死か、の境界を分ける証言
わるぎ、悪意、使う言葉を間違うと、もめます
使っちゃいけない場面、使っても構わない場面、取り扱いに気を付けましょう

広島ブログ

 

2021年3月27日 (土)

刑事の枷

「刑事の枷」堂場瞬一 角川書店
枷はかせと読む。
村上は交番勤務から刑事に転勤した。
刑事部屋に危険人物がいるのだそうな。
チクった、と噂のある刑事で、近づかないほうがよいとされている。
影山、噂の刑事が村上に命じた、手伝え。
10年前の殺人事件を追っている、一緒に手伝え。
不愛想で、質問を許さない、一緒にいて不愉快な人物ではある。
次第に自分が物怖じしなくなっている。
監察にも、上司にも、本部の捜一課長にも質問したり、要求したりするようになっている。
過去の捜査記録を読み込み、ある推測に至った。
ひょっとして、影山が執着するわけは。
10年前の殺人事件の犯人は意外な人物だった。

読書メーター

広島ブログ

2021年3月26日 (金)

はきちがえている

はきちがえている、これをワード転換すると、履き違えている
これで合ってますか
何を何と履き違えているんでしょう
靴とスリッパを履き違えていたら、すぐに間違いが分かるはず
自分の靴と他人の靴を履き違えたのかしら

穿き違えている、こっちかもしれません
穿くというと、ズボンかパンツに限りますよね
ズボンであれパンツであれ、𠮟り飛ばすほどの大事件ですかね
(パンツが違っていたら大事件だね)(チャチャ入れないで)

叱る内容は、自由だったり、権利だったり、抽象的なもの、無形のものが多い
無形のものを(さぁ、ここだよ、バンバン、机を叩く音)どうはきちがえるんでしょうね

はきちがえていると叱る側は重大事件と認識している
はきちがえているとされる側にはそんな認識はない
噛み合わないわけです

はきちがえていると叱るときは激しい叱責なんですよ
軽く注意、なんてもんじゃない
カンカンになっている人に、何と何をはきちがえているんですか
そんなこと聞くんじゃないよ、輪をかけて叱られます

広島ブログ

2021年3月25日 (木)

三原市、久井から大和を周遊

坂道を登っていくと、大和中学校がある。ちょうど下校の時間帯で、中学生に自転車レースを挑まれたことがある。そこは花を持たせてやらなきゃ、負けてやったよ。草臥れていたせいもあるけどね。
下徳良に入って、大和町の旧役場、市役所支所がある。ここでも腹を下してトイレのお世話になった。うまいこと支所に出合ったもんだよ。
支所の隣に三原市大和文化センターがある。どこでも箱もの行政で文化センターを建てたがるもんだねぇ。
住民の要求はそんなにあるのかしら。年間何回ホールが開かれるんだろうね。町長・議員の功績として残る、あれはわしが建てたんじゃ。
ビニールハウスがあって、池水槽があって、ははぁ、ここが錦鯉の養殖場なんだ。新潟県山古志に続いて日本第二位の産地なんだよ。
ここは里の池、山の池は芦田川源流地帯の池で成長させている。山の池、里の池での養殖の体系なんだよ。
ゆるやかな坂道を登って、ここが大和町と久井町との境界、自然の境界ではなく、大和側が圧倒的に押し込まれた格好になっているね。
境界からどんどん登っていく。ここらへんが今日の標高のピークになるあたりだね。要するに森の中なんだよね。
坂道を下って、里に出る。標識によると、ここからショートカットして久井支所に向かう道があるのだそうな。いいや、予定では久井稲荷神社を経て帰ることにしている。ここは直進しよう。
不思議なため池が現れたぞ。小さな峠の鞍部にため池がある。両方に土手があって、水は西へ向かうのか、東へ向かうのか、両方に水利権があるのか、水問題は大変だねぇ。
県道25号線に合流した。世羅から久井への県道なんだよ。

編集が終わりました。
新しいページをアップしております。
これは一部分の抜き書きです。
全体の姿は、下のリンクからお出でください。

http://sherpaland.net/bike/2021/bike-210323-kui_daiwa/bike-210323-kui_daiwa.html

広島ブログ

2021年3月24日 (水)

接続詞の 「あと」

一連のお話を語って、まだ言い残しがある
あと、と言葉を繋いで、お話を続けます
この場合の、あと、ってなんでしょうね
接続詞であることは分かります

あと、と話を繋いだ場合、発言の優先権を宣言したのだ
これはその場みんなの共通認識ですよね

[それでね]、[聞いて聞いて]、[あと]、どれも同じです、同じ効果です
接続詞というより、会話のイニシアティブをを奪う熱意かもしれませんね
役割語とでも言いましょうか

それにしても
あと、この由来はどこから来たのでしょうね
あとさきのあと?
踏みあとのあと?
「あと」に「ちょい待ち、わたしが話す」こんな役割を与えたのはどんな世間の成り立ちでしょうねぇ

ひょっとして、これが起源かも、という少数意見があります
[あっと、これも]、この短縮形が、あと

接続詞としての「あと」が誕生したのいつの頃からでしょうね
明治大正の頃か、戦後の頃か、つい最近のことか、どうなんでしょうね
確証はないけれど、つい最近のような気がします、気が付くと、周囲にありました

よく出てくる場面、いろんな祝賀行事での来賓の祝辞
ぼちぼち終わりそうな気配だな、【あと】、(◎_◎;)おいおい、まだ続くのかよ

大逆転の追記
いかにも全国共通のように書いてきましたが
ちょっと待てよ、広島の方言かもしれません
なにしろ、自分の周囲2メートルの見聞しかないもんで
他の地域で、あと、を見た、聞いたという例は、どうでしょう、あるのかしら

広島ブログ

2021年3月23日 (火)

なぜ僕は「ケニアのバラ」を輸入したのか?

「なぜ僕は「ケニアのバラ」を輸入したのか?」小林邦宏 幻冬舎MC
サクセスストーリーです。
筆者はケニアのバラを輸入して当てました。
東大を出て、住友商事で勤務していた経歴があります。
メジャーを知っているからマイナーなればこそのところも分かるのです。
メジャーの視点からすると、ケニアのバラとは安物の代名詞です。
大量に扱わないと、儲けに繋がりません。
マイナーの視点からは、大量のロットは扱えるわけがない。
大輪のバラで、斑入り色変わりで一品ものを狙うしかない。
生産者と膝突き合わせて、小ロット扱いで花卉マーケットで一角を得ました。
そうかい、そうかい、自慢話かい。いえいえ、そうでもないんですよ。
金なく、コネなくの世界で、縁を得るには性格が一番と言っています。
自分の品格を磨くことも当然ですが、パートナーの性格が悪ければ、これまでの投資が多くても、撤退します。

読書メーター

広島ブログ

2021年3月22日 (月)

HP原稿をUSBメモリーにバックアップ

HP原稿をUSBメモリーにバックアップしているんですがね
やたら時間がかかる
夕方に始めると、真夜中過ぎてもまだコピーが終わっていません
(逆は早いんですよ、USBメモリーから控えのPCにコピーするのは早い、なんでだろ)
夜も更けて、しょうがないから、電源を切りますよね
翌朝、最初から始めなきゃならない
USBメモリーをフォーマットすることで、昨夜のコピーを捨てて、コピー再開

よぅく考えてみたら、夜中に電源を切るのが間違いなのだ
電源を切らずに放っておいて、翌朝、コピーの続きを再開すればええのだ
コピーが終わったら
そこでPCを再起動させればええのだ

とまぁ、そんなこんなの、今日この頃です

広島ブログ

2021年3月21日 (日)

帝都争乱 サーベル警視庁2

「帝都争乱 サーベル警視庁2」今野敏 角川春樹事務所
時代は日露戦争が終結したころ、戦争に勝った、賠償金を、領土をしこたま分捕れる。
国民の雰囲気は高揚していますが、現実はそうはいかない。
どうにか戦争を終結しただけ、国民はそれを知りません。
政府の弱腰を追求する焼き討ちが各所で勃発します。
麹町署の警部と巡査は桂首相の愛妾の警備を命じられます。
騒乱で、群衆が雪崩込み、死体が残されています。
死体の身元を突き止め、犯人を検挙するのが警察の仕事です。
時代背景をしっかり書いている。
藩閥の争い、藩閥の中でも、元老が新興勢力に駆逐される、それを旧勢力が必死に食い止める。
その争いの中の殺人です。

読書メーター

広島ブログ

2021年3月20日 (土)

自転車の三角形のライト

自転車のライトで、三角形の後ろ向きの警告灯のことなんですがね
いつのまにか、点灯しなくなった
電池はボタン電池なんですね
ボタン電池をを外すとき、ネジを失いそうだ、と思って慎重に封筒に入れておいたのですが
案の定、小さなネジを失ってしまった、これでは組立不能
しょうがないのでネットで同じライトを注文
今は装着していて、トンネルや朝霧の中など、イザという時には使えます

広島ブログ

 

2021年3月19日 (金)

江戸時代には表札はなかった

ふと思い出したことなんですがね
現代では、通りの家々、だれもが玄関に表札を出していますよね
江戸時代には表札などなかった、のだそうです
大名の上屋敷、下屋敷、旗本の屋敷、どこも表札など出してはいなかった
だから、武鑑を頼った、江戸時代の紳士録のようなもの
役所だってそう
南町奉行所、北町奉行所、火付盗賊改方役所、そんな看板はなかったということです
商家にあるのは暖簾で、暖簾はあるが、表札などなかったのだそうです
あるじゃん、越後屋、伊勢屋、大きな看板があるじゃん
それは看板ですよ、○○寺、××神社、△△道場、それと同じこと
看板は大きいが、表札は小さい、そこんとこ区別しましょう

唯一あるのが長屋、入り口に名札の枠があって、店子の名札が並んでいるのだそうです
でんろく せいきち うめ よね

現代の表札、世界でも珍しいのだとか、中国でも欧米でも、リスクがあるから、名前など出さないのだそうです
ということは、ゼンリンの住宅地図、同様のものが外国にはあるわけがない、ということでよろしいでしょうか

広島ブログ

2021年3月18日 (木)

国道食堂 2nd season

「国道食堂 2nd season」小路幸也 徳間書店
もちろん 1st season も読みました。
心豊かなお話だから、続編が出るのを待ち望んでいました。
引退したプロレスラーが国道沿いで食堂を開いている。
18篇の小品がリレーのように続いて出る。
それぞれの篇での主人公の一人称で語られていく。
無関係な人のようで、いいえ、全部ストーリーに絡んでくるのだ。
食堂のおやじが結婚します。
結婚相手はバツイチ、前の亭主からひどいDVを受けていました。
どうやら前の亭主は別れた前妻を探している。
結婚式が食堂のプロレスのリンクで行われる。
そこへやってくる気配がある。
内容紹介は、これ以上は語らないでおきますね。
3rd season も続くのでしょうね。

読書メーター

広島ブログ

2021年3月17日 (水)

世羅から三原久井まで往復(自転車篇)

ちょっと方角を変えてみようか。今まではご近所ばっかりだったが、世羅から南に向かってみよう。
世羅町の役場の駐車場に車を止める。今高野山の駐車場というテもあるんですよ。あそこは駐車している車の数が少ないのでいたずらされる惧れもある。
ほら、こんなに駐車している台数が多い。甲山の役場の駐車場のほうが安心なんですよ。
尾道三次を結ぶ国道184号線に出る。すぐに三原分かれの交差点がある。そこを左折して久井に向かう。
山裾を登っていくのだが、峠に向かって坂道が続く。今朝は霧が深くて世羅盆地が霞んでしまっている。
ここの峠の名前が不明なんですよ。近所の集落名が、青山、田打、峠のバス停の名前が、新原、候補がいっぱいあって、峠の名前はどれなのか分からない。
世羅盆地が盆のようになっていて、ここが盆の縁、世羅郡は分離分村して隣接の町村に合併して去っているが、久井町との間で分離合併はないみたいだね。
自然の境界でもないところに三原市久井町との境界看板がある。こんな不自然な境界には何か訳がある、どうやら訳も何もないみたい。人為的にバラリズンと境界を引いたみたい。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは出だしの部分、この先は、下のリンクからお出でください。

http://sherpaland.net/bike/2021/bike-210315-sera_kui/bike-210315-sera_kui.html

広島ブログ

2021年3月16日 (火)

自衛隊について、知らなかったこんなこと

自衛隊には憲兵がいないのだそうです
軍規が制定されていないから、憲兵もいないのだそうです

自衛隊員が捕虜になったら、ジュネーブ条約は適用されないのだそうです
軍人として扱われず、民間人として扱われる
ゲリラ、犯罪者として扱われるのだそうです
なぁんでか、軍人じゃないから
ここの理屈は理解できないよね

先日読んだ「邦人奪還」にそう書いてありました
本筋ではなく、ちょっとしたこと、として書いてありましたが
え、それ、ほんま、そこに反応してしまいました

軍規が制定されていないのも、ジュネーブ条約から要件未満とされるのも
国会で審議されていないからです
審議して制定すればええのに
与党はガチで法案提出すればええ、論戦に引きずり込めばええのだ

自衛隊は災害派遣の便利屋部隊じゃないぞ

広島ブログ

 

2021年3月15日 (月)

日本人の対中認識が---

[日本人の対中認識が世界一ネガティブなままのワケ] JBpress 2021.3.12
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64412

わたしの対中国認識ですが、JBpress の記事と同様に最悪です。
中国での旅行は、2000年9月[八達嶺万里の長城]
http://sherpaland.net/album/banri-no-chojo/banri-no-chojo.htm
バスガイドが、日本軍の蛮行を日本人に訴えた。乗客は日本人ばかりなのに、遠慮することなく訴えた。
ツア客は全員黙って聞いていた。反応はなかった。沈黙。

香港の最初の旅行は山案内のガイドを雇った。2001年9月['01年 香港ハイキング]
http://sherpaland.net/album/0102hongkong/0102hongkong.htm
ガイドは日本軍の水道ダムの占領を訴えた。雇い主は我々夫婦だけなのだが、忖度することなく訴えた。
ふぅむ、日本人歓迎の裏で、恨みつらみは消えてはいないな。
降臨歓迎とニッコリ笑いながら、お前ら、嫌いだよ、と言えるのだ。

その後、大陸中国には行く気になれず、中国は外して、何度も香港・台湾を訪ねました。
そこでヘキエキしたのは、ホテル同宿の大陸の中国人たち。
夜更けても、グループ内の部屋を訪問しあって、やかましくて寝られない。
運よく大陸の中国人が泊まっていないホテルでは安眠できる。
自分の体験から、中国人は嫌いです。
同様に、中国という国家も嫌いです。

広島ブログ

日本人の対中認識が---

[日本人の対中認識が世界一ネガティブなままのワケ] JBpress 2021.3.12
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64412


わたしの対中国認識ですが、JBpress の記事と同様に最悪です。
中国での旅行は、2000年9月[八達嶺万里の長城]
http://sherpaland.net/album/banri-no-chojo/banri-no-chojo.htm
バスガイドが、日本軍の蛮行を日本人に訴えた。乗客は日本人ばかりなのに、遠慮することなく訴えた。
ツア客は全員黙って聞いていた。反応はなかった。沈黙。


香港の最初の旅行は山案内のガイドを雇った。2001年9月['01年 香港ハイキング]
http://sherpaland.net/album/0102hongkong/0102hongkong.htm
ガイドは日本軍の水道ダムの占領を訴えた。雇い主は我々夫婦だけなのだが、忖度することなく訴えた。
ふぅむ、日本人歓迎の裏で、恨みつらみは消えてはいないな。
降臨歓迎とニッコリ笑いながら、お前ら、嫌いだよ、と言えるのだ。


その後、大陸中国には行く気になれず、中国は外して、何度も香港・台湾を訪ねました。
そこでヘキエキしたのは、ホテル同宿の大陸の中国人たち。
夜更けても、グループ内の部屋を訪問しあって、やかましくて寝られない。
運よく大陸の中国人が泊まっていないホテルでは安眠できる。
自分の体験から、中国人は嫌いです。
同様に、中国という国家も嫌いです。



広島ブログ

2021年3月14日 (日)

予定しているコースが何キロかを見積もるには

山に登るにせよ、自転車に乗るにせよ、予定のコースが何キロか事前に把握しときたいものです
山なら感覚的に何キロかが分かりますが、自転車のコースは見当をつけにくい
自転車では、大概、過大見積もりして、思ったより短時間で帰ってくる、傾向にあります

地図ソフトのカシミールを使います
予定コースのスタート地点で中指クリック、測定、を選択
人差し指クリックで、チクチクと地図上で縫っていきます

A、円を描いて戻ってくるコースの場合、それと、往復コースの場合
スタート地点に帰ってきたら、中指クリックで確定
測定結果がポップアップで出現します
B、X駅から始めて、Y駅で終わる場合
ラスト地点で、中指クリックで確定
意外にも、スタート地点へ延長線が直線で勝手に伸びていきます
おいおい、それは不必要、伸びるな、と言っても、そういう仕様なんです
ラスト地点で確定してはいけません、スタート地点まで縫いながら帰る
そこで確定、出た数値を半分にする

これでコースのキロ程が分かります
自分の歩行速度、自転車の速度から推測して、おおよその時間が計算できます

広島ブログ

 

2021年3月13日 (土)

邦人奪還

「邦人奪還」伊藤祐靖 新潮社
冒頭では、尖閣列島の魚釣島で中国の国旗が掲揚されます。
海上自衛隊特殊警備隊が上陸して、中国兵を捕獲する。これはマクラです。
本編は、北朝鮮に拉致されている日本人、これを急襲奪還するお話しです。

北朝鮮でクーデターが起きているらしい。
ムスダンリに6人の拉致された日本人がいるとの情報がある。
クーデターの混乱に乗じて、海から上陸して奪還してしまおう。
多大の犠牲を払って奪還に成功しました。

総理官邸で、政府首脳と自衛隊幕僚、実施部隊長が会合した。
北朝鮮へ行ってくれ。
確認します、6人の命と引き換えに、60人の命が奪われることもあります。
それを承知で、行けと命令なさるんですね。聞かせてください。

習志野駐屯地に21の棺が並んだ。遺体は海の底で、棺は空なのだ。
棺の後ろには遺族が並んだ。
総理大臣は取り乱して、威厳も何も失った。

最近読んだ自衛隊の小説
「七四(ナナヨン)」神家正成 宝島社
「小隊」砂川 文次 文芸春秋
七四とは74式戦車、神家正成は、中卒後、陸自富士学校で教育を受ける。陸上自衛隊出身。
砂川 文次は陸上自衛隊出身。退職後、自衛隊中心に執筆中、この先も自衛隊の小説は期待できる。隊歴不明。
伊藤祐靖は海上自衛隊出身、2等海佐で退官。職業はアドバイザー、コンサルタント、副業なので、この先、小説を執筆するかどうか。

以前に読んだ自衛隊の小説
有川浩「空飛ぶ広報室」
福田和代「迎撃せよ」「潜航せよ」「生還せよ」「碧空のカノン 」「群青のカノン」「薫風のカノン」

プロの自衛官の視点での臨場感・存在感とインタビュー調査で書く臨場感・存在感とは違うもんですねぇ。

読書メーター

広島ブログ

2021年3月12日 (金)

ウィンドウズの動きが遅くなったら

HP原稿を作るのに、なかなか従わない、スローモーションで動きが遅い
文字入力がとろいのですよ、ソフトの握り替えがグズグズしている
HP作成ソフト、画像ソフト、地図ソフト、メモ帳数枚、ファイルのエクスプローラ、その他幾つか

あんたねぇ、これだけ同時に使っていれば、そりゃぁ、遅いよ

いえいえ、これが通常なんですよ、いつもなら、この状態でも、チャッチャと動作していました
納豆、オクラ、とろろ芋、これらと同類の粘りの要素が入っているみたい

ディスククリーンアップをやってみよう
スタートマーク
→Windows管理ツール
→ディスククリーンアップ

Cドライブを指定して実行しました

結果、挙動が遅いのは解消したみたい
ほんとはね、何が障害だったのかが知りたかったのだが
ま、ええさ、結果オーライ

1週間前にもディスクのクリーンアップをやったところなんです
クリーンアップしても、1週間経つとまた粘るのは何ででしょうかね
ウィルスか何かで汚染されたのかな、アップデートでの相反衝突が起きたのかな
この先1週間経っても大丈夫なのか、様子を見てみることにします

広島ブログ

2021年3月11日 (木)

miyoxi xa

わたし、三次のことをファイル名にするのに、miyoxi と表現しています
中国語のピンイン表記から借用しました
URL名に使うので、なるべく短い名前にしたいからです

吉舎に行って、ロードサイドミュージアム Xa104 があるのに気が付きました
kisa ではなく Xa これは[きさ]と読ませたいのだな、[くさ]とも読めるがなぁ

広島ブログ

2021年3月10日 (水)

三次市吉舎町、宇賀峠から出て安田峠から戻る(自転車篇)

傾斜の勾配=%に注意が向くと、峠越えが気になってくるんですよ。
峠越えなど好きではないが、傾斜を測るには峠越えしなきゃならない、えいやっと腰を上げようか。
三次市吉舎町、手頃な峠がある。前に坂道を登って、もう嫌なこったと悪態をついた峠がある。そこへ向かおうか。
吉舎の市役所支所に駐車するつもりだったが、工事中で、駐車場は資材置き場になっていて、離れたところの空き地が臨時駐車場になっている。ここへ置かせてね。
いざ、自転車を走らせ始める。国道184号線に出て、最初の信号が上下分かれ、ここを左折する。県道27号線を行くのだよ。
ここはどんどん登って行かなきゃならない。振り返ると、吉舎市街が見えている。谷間を埋める民家の密集が見えるでしょ。
登り坂では脚を突かない、これに命を懸ける自転車乗りが多いけれど、わたしはそんな縛りは受け付けない。
第一、写真を撮るには止まらなきゃならないし、夏には汗も拭く、ブユがたかってくると手の平でパチンパチンと叩いて退治する。それを理由に自転車から下りている傾向もあるね。
ぐるっと大きなカーブを巻いて、谷のこっちの山裾から向こうの山裾に移っていく。ダンプや大型トラックが多いこと。彼らにしてみれば、自転車は邪魔な存在だろうねぇ。
高速道路の尾道道の法面が広がっている。高速道路の追い越し区間に当たるのだと思うよ。
甲奴町との境界となる。高速道路の高架橋の下に境界看板はある。
峠の頂上から吉舎側に踏み込んだところが境界となっている。鎌倉・室町期、甲奴側の地頭の勢力が強かったんだろうね。それとも、あまりに山の中だから吉舎の地頭が手を抜いたのか。
宇賀峠のてっぺんでちょっと休憩、ここに宇賀峠との標識はないが、高速道路の尾道道には宇賀峠と標識がある。したがって、下道の峠も宇賀峠と決定。

編集が終わりました。
新しいページをアップしております。
これは出だしの部分、これより先は、下のリンクからお出でください。

http://sherpaland.net/bike/2021/bike-210308-miyoxi_kisa/bike-210308-miyoxi_kisa.html

広島ブログ

2021年3月 9日 (火)

小隊

「小隊」砂川文次 文芸春秋
安達三尉は第27連隊の右第1中隊のうちの小隊を指揮している。
ロシヤ軍が北海道に進軍した。
釧路駐屯地から東の戦線でロシヤ軍を迎撃する。
稚内から侵略するロシヤ軍を迎撃する別の連隊もいる。
自衛隊とは、階級からの敬語と年次から敬語で、新任将校が古参兵曹に敬語で話すことは普通だ。
一挙に戦火が開く。
戦車に火箭を集め、歩兵に銃弾を浴びせる。
敵の銃弾砲弾は塹壕の掩体掩蔽を破壊する。白兵戦になり、安達三尉も至近で敵兵を射殺した。
小隊の大勢が戦死した。
中隊は中隊長以下砲撃を受けて姿が見えない。
撤退、生きている兵を集めて、駐屯地まで引き返した。
古参の曹長と出合った。
日ごろは敬語を使うのだが、普通にぞんざい語で引き回せるようになっていた。
全部が戦闘描写だ。
なぜロシヤ軍が侵攻したのか、その後の戦争は、勝ったのか負けたのか、書いてはない。
読者は、だしぬけに戦場へ放り込まれ、否応なく戦闘を共に読み続けていく。
最初の局面だけ、その後どうなるか、ぶつ切りでページが終わってしまう。

2020年後半期での芥川賞候補作品なのだそうな。
受賞はしなかったが、純文学の代表作の仲間入りとは、文学も変化しているんですね。

読書メーター

広島ブログ

2021年3月 8日 (月)

あした、あさって、その次は

あした、あさって、しあさって、やのあさって、ごのあさって
これは、知ってる人が知ってるだけで、誰にでも通用するのは、あさってまでだそうです
あさっての次の日は、地域によって違うようです
何月何日と指定したほうが間違いがないです

きのう、おととい、その次は、さきおととい?
確かなのは、おとといまで、そこからは地域によって様々で、定かじゃないです

未来も過去も、2日間だけは全国共通です
3日先、3日後は曖昧なようです

広島ブログ

2021年3月 7日 (日)

コーチ

「コーチ」堂場瞬一 東京創元社
第一部第二部構成になっています。
第一部では三章に分かれていて、それぞれの刑事にコーチが付きます。
人事二課から送り込まれた男で、捜査のノウハウを手ほどきする。
女性ながら警部補で、上を目指す、しかし、空回りしている。
取り調べがうまくいかない、若い刑事。
背が高すぎて尾行に苦労する。
それぞれ、対処方法を教え、いや、自分で気付かせるように持っていく。
第二部では、その三人が本部の捜査一課で一緒になった。
図らずも思いついたのが、逆コーチしよう。
コーチに人事二課から捜査一課に戻ってもらおう。
現実の性犯罪殺人事件を捜査しながら、戻ってもらうよう工作する。

読書メーター

広島ブログ

2021年3月 6日 (土)

応仁悪童伝

「応仁悪童伝」木下昌輝 角川春樹事務所
時は応仁の乱の頃です。
時代背景がよく分からない。
守護・守護代の大大名と傘下の被官との距離感もよく分からない。
童どもが大勢登場します。
年の頃なら、毛が生え始めた頃か、ぼうぼうになった頃か。まだ生えていない頃かもしれない。
掴み切れないまま、読み終えました。
稚児灌頂とか去勢とか、おぞましい。
それは、ヒーローへの仕打ちではなく、サブキャラへの仕打ちなんだが、どこに力点を置いているんだろ。
感情移入する対象が見つかりません。
応援してやろう、肩入れしてやろう、そんな気になりません。
時代の雰囲気がどうにも馴染めない。
室町・応仁の時代は、時代そのものがはちゃめちゃなんですよ。
物語のキーは本字壹號(ほんじいちごう)日明貿易での勘合貿易の割符なのだ。
その取り合いに収斂される物語なのです。

読書メーター

広島ブログ

2021年3月 5日 (金)

でんがな まんがな

です、ますの大阪バージョンだとされています

大阪弁の代表例としては古臭すぎる
若者世代はこんな言葉は使わない
ギャグとして、笑いを取る場合に使う言葉、誇張やね

大阪以外、特に東京人が、大阪弁として真似ているのを冷やかしている
大阪の子はそんなん言わへんでぇ、間違った例を覚えてるでぇ

中川家の礼二が言っていたのを採録しました

広島ブログ

 

2021年3月 4日 (木)

脚立

脚立と書いて、きゃたつと読みます
重箱読みでもない、湯桶読みでもない
立をたつと読むから重箱読みかと思いきや
脚をきゃと読むとは反則だよ

古い時代には、きゃくたつと読んでいたのかもしれない
言い難いから、きゃたつに変化したのかもしれないなぁ

キャベツをキャ別と書く、という八百屋の書き様があるが
脚別と書いても、キャベツと通用するかしら
通用しないだろうね

お話をもとに戻します
脚立をきゃたつと読ませるのは、強引なちから技だよねぇ

広島ブログ

 

2021年3月 3日 (水)

江の川・西城川水系、比和川を源流まで(自転車篇)

ここが吾妻山への登山コース、自動車で登っていくのだが、国民休暇村吾妻山ロッジは経営破綻して閉館になった。これからは、道路が崩れても、補修してもらえる保証はなくなった。
井尻谷の入り口を過ぎる。水害で井尻谷の大岩が流されたのだそうな。渡渉するのに踏み石がなくなって、地元の処置として、登山コースとしては廃道にしたのだそうな。
橋を渡る度に銘盤を読む。川が比和川であることが大前提、次に橋の名を読むのだが、水谷新橋、佐渡橋、越原橋。越原はおっぱらと読む。大字は三河内だが、小字は越原なのだ。
この越原集落の入り口で、県道255号線は右折していく。熊野神社の方へ向かっていくのだ。恐ろしく狭い県道で、対向車が来ないことを祈りながら進んでいくのだよ。
橋の名前を続けよう。比和川、萩峠橋、うん、まだまだ比和川だなぁ。
交通標識に吾妻山・比婆山と行先案内があるが、吾妻山は間違いない。比婆山へは、立烏帽子山の真下、竜王山への林道を指しているのだろうね。自転車向きではない。
熊野神社分岐からスキー場跡地まではほんのすぐ近くという印象を持っていました。なんの、なんの、大違い、はてしなく距離があるぜ。
けっこうな坂道なのだよ。いや、もう、これまで。自転車から下りて押して歩こう。
この橋には、越原川と銘盤にある、橋の名前が吾妻大橋。とうとう比和川を全部踏破したぞ。別に分流する川はなかった。ただ単に、ここから越原川と名前が変わったのだ。
ここぞと言う時なのに、越原川の銘盤にカメラのピントを合わせ損ねた。だいぶ体もくたびれているみたいだよ。
ドルフィンバレースキー場に到着、2006年に閉鎖して、それからが長い。
この先、吾妻山への道は冬季閉鎖になっている。熊野神社への県道255号線も冬季閉鎖になっているのだ。12月15日から3月15日まで閉鎖するのだ。たとえ、開いていても、もう進む気はない。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜き書きです。
全体の姿は、下のリンクからお出でください。

http://sherpaland.net/bike/2021/bike-210301-hiwagawa/bike-210301-hiwagawa.html

広島ブログ

2021年3月 2日 (火)

コンニャクは英語で konjac

NHK BS クールジャパンを見ていて
コンニャクがテーマに取り上げられました
英文翻訳の字幕をみていると konjac

へぇ、これは面白い
ネットの英和辞典で konjac を引いて
音声発音を聞いてみると、どう聞いても
コンジャック
コンニャックとは言わんのかい

ここまで書いてきて、刑事コジャックを思い出しました
刑事コンジャック、刑事コンニャック、お呼びでない、お呼びでないね
大昔のテレビドラマです

広島ブログ

2021年3月 1日 (月)

2月に読んだ本

2月の読書メーター
読んだ本の数:9
読んだページ数:2941
ナイス数:97

漣のゆくえ とむらい屋颯太 (文芸書)漣のゆくえ とむらい屋颯太 (文芸書)感想
連作短編6章。前作で颯太(そうた)はとむらい屋を開いている。僧侶と棺桶職人、奉公人も抱えている。医者と奉行所同心も顔なじみなのだ。前作では、身内の葬儀もあったが、この作では外の人を弔う。6章に、漣(さざなみ)の行方がある。漣(さざなみ)とは水死体の意味か、イメージを重ねて膨らませている。奉公人のおちえ、子供のころ、母親は馬に蹴られて死んだが、侍の紋所は覚えていた。葬式繋がりで馬で蹴った侍の身元がわかった。お吉という奉公人を増やす。これも不幸の子。誰もが不幸を抱えていて、だから、遺族がとむらいで癒されるのだ
読了日:02月22日 著者:梶よう子


とむらい屋颯太 (文芸書)とむらい屋颯太 (文芸書)感想
連作短編6章。主人の颯太(そうた)、奉公人のおちえ、僧侶の道俊、棺桶作りの勝三とその弟子正平、雑用の寛治郎、これがとむらい屋の一党です。とむらい屋だが、商売は葬具屋、道具を貸し出すということで葬式を請け負うのだ。とむらう死人に訳ありがあって、それを洗い出す経緯があったり、とむらい屋の面々の関わりの人のとむらいを引き受けたり、それぞれに深い人生があるのだよ。子供のころは惣吉という名前だった。火事で焼け出されて、世話になった姐さん方を火屋(火葬場)に送った。それが、とむらい屋颯太の始まりになる第一歩だったのだ
読了日:02月20日 著者:梶よう子


二重拘束のアリア: 賞金稼ぎスリーサム!二重拘束のアリア: 賞金稼ぎスリーサム!感想
前作品で三人は知り合い、会社を創設する。チーム・トラッカー、これが新しい会社名だ。警察が未解決事件に懸賞金を出す、それを稼ぐのだ。さっそく飛び込みの依頼者があった。三年前、夫婦が殺しあった事件があった。事情を知りたい。報酬が高額なので引き受けた。三人のキャラクターは面白い。関係者もユニークで、どんどん読み続けていける。残り5%ほども読み進んで、これはいけません。犯人に行き当たるのだが、これが最悪、空気感が一変するのだ。依頼は解決しました。前作で、テロリストの老女を取り逃がした。この件が片付いていない。次作
読了日:02月18日 著者:川瀬 七緒


賞金稼ぎスリーサム!賞金稼ぎスリーサム!感想
法医昆虫学捜査官シリーズとは別物です。金持ちの警察マニアがいます、桐生淳太郎。退職刑事を引き込みます、薮下浩平。若い女の子で狩猟の達人、仲間に加わってきます、上園一花。目的は懸賞金稼ぎ、警察の出す懸賞金が目的です。ペットショップが放火されて町内が激しく延焼した。ネットで調べると、関東一円でペットショップが放火を受けている。唐突にお話は終わる。追いかけていたものは一億円の懸賞首だった。他に、放火事件の懸賞が3百万、野鳥闇猟の件が他にいくらか。賞金稼ぎは商売になる。面白いキャラクターを創造している。
読了日:02月12日 著者:川瀬 七緒


自転車に乗って: アウトドアと文藝自転車に乗って: アウトドアと文藝感想
自転車にまつわる文章のアンソロジーです。どれも短文、中にはたった1ページの短文もある(忌野清志郎)。現代人の文章なら読めるが、明治大正の作家の文章は読むのに苦労する。夏目漱石、荻原朔太郎、宮沢賢治、志賀直哉、空気感が全然違う。これは誉めているのではない、読む気がしないのだ。この中でどれが一番感動的か、心を打ったか。「自転車をこいでいる人間は何を考えているのか」何も考えていない。いや、細々と決断を下しながら進んでいるのだ。そうだ、そうだ、そこは賛成。このアンソロジーの三分の一は読み続けることができず、パスし
読了日:02月08日 著者:角田光代,柴田元幸,夏目漱石,萩原朔太郎,真鍋博,三浦しをん


人を乞う (祥伝社文庫)人を乞う (祥伝社文庫)感想
「天を灼く」「地に滾る」「人を乞う」三部作でした。点の巻、地の巻を読んだ時、人の巻があるとは知りませんでした。父が地位を追われ切腹となり、息子の息吹藤士郎は上士に復帰する。そういう展開だろうと読み進めてきました。現に、側用人から呼び出され、藩主側に立つことになった。藩主をないがしろにする重臣どもが思いのままに藩政を蹂躙している。それを覆す展開になるだろうと思っていました。違った、藩主側、重臣側、どっちの陣営に参加するという運びにはならなかった。そうではない第三の道。それが何かは読まなきゃ分からない。
読了日:02月07日 著者:あさのあつこ


スワロウテイルの消失点 法医昆虫学捜査官スワロウテイルの消失点 法医昆虫学捜査官感想
法医昆虫学捜査官のシリーズの7作目です。被害者の解剖が行われている。立会人の全員がかゆい。法医昆虫学捜査官の赤堀涼子が叫ぶ、台湾原産の小黒蚊だ、刺されると痒くなる。特効薬はハッカ油。これから登場する生物は、カバキコマチグモ、ツバメ。岩楯警部補の出番となる。今度の所轄の相棒は、見かけはちゃらんぽらんで使えない、実は有能で、将来有望な捜査員なのだ。犯人の捜査に、小黒蚊、ツバメが役に立つのだ。本ストーリーの他にサブストーリーがいくつもある。この手の脇道が面白いのだ。次の書下ろし出版は、今年か、来年か。
読了日:02月06日 著者:川瀬 七緒


紅のアンデッド 法医昆虫学捜査官 (講談社文庫)紅のアンデッド 法医昆虫学捜査官 (講談社文庫)感想
法医昆虫学捜査官シリーズです。殺人現場には三人の切断された指が残っていた。部屋中、天井から畳まで血にまみれていた。しかし、被害者は見当たらない。岩楯警部補の出番です。当然、法医昆虫学捜査官も出動します。今回登場する昆虫は、やけど虫、かいこの糞、カイガラムシから採ったコチニール色素。毎度おなじみの、ハエ、ウジは今回は出番がありません。今までは嘱託契約だったが、今回からはプロファイラー、昆虫学者、鑑識に貢献する科学者が採用されて、外郭団体に所属している。犯行動機、犯行手段、隠ぺい工作、同情の余地もありません。
読了日:02月05日 著者:川瀬七緒


メビウスの守護者 法医昆虫学捜査官 (講談社文庫)メビウスの守護者 法医昆虫学捜査官 (講談社文庫)感想
あまり犯人がどうとか、動機がどうとか、そんなことは問題じゃない。凶器が昆虫だったり、犯行がばれるのが生き物だったり、そこに焦点がある。警視庁の奥多摩で山岳救助隊員が人の手首を発見する。いつも出動するのは捜査一課の岩楯警部補、彼が本庁から出張って所轄と一緒に捜査に当たる。次に呼び出しがかかるのが赤堀涼子、大学の研究者で警視庁の法医昆虫学捜査官として嘱託だ。今回の法医昆虫学捜査官の発見物はタヌキのためぐそ、ホオグロオビキンバエ、カツイブシムシ。他にナンキンムシなどの副産物もある。そこから死亡日を抽出する。
読了日:02月03日 著者:川瀬 七緒

読書メーター

 

広島ブログ

 

 

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31