無料ブログはココログ

« ウィンドウズの動きが遅くなったら | トップページ | 予定しているコースが何キロかを見積もるには »

2021年3月13日 (土)

邦人奪還

「邦人奪還」伊藤祐靖 新潮社
冒頭では、尖閣列島の魚釣島で中国の国旗が掲揚されます。
海上自衛隊特殊警備隊が上陸して、中国兵を捕獲する。これはマクラです。
本編は、北朝鮮に拉致されている日本人、これを急襲奪還するお話しです。

北朝鮮でクーデターが起きているらしい。
ムスダンリに6人の拉致された日本人がいるとの情報がある。
クーデターの混乱に乗じて、海から上陸して奪還してしまおう。
多大の犠牲を払って奪還に成功しました。

総理官邸で、政府首脳と自衛隊幕僚、実施部隊長が会合した。
北朝鮮へ行ってくれ。
確認します、6人の命と引き換えに、60人の命が奪われることもあります。
それを承知で、行けと命令なさるんですね。聞かせてください。

習志野駐屯地に21の棺が並んだ。遺体は海の底で、棺は空なのだ。
棺の後ろには遺族が並んだ。
総理大臣は取り乱して、威厳も何も失った。

最近読んだ自衛隊の小説
「七四(ナナヨン)」神家正成 宝島社
「小隊」砂川 文次 文芸春秋
七四とは74式戦車、神家正成は、中卒後、陸自富士学校で教育を受ける。陸上自衛隊出身。
砂川 文次は陸上自衛隊出身。退職後、自衛隊中心に執筆中、この先も自衛隊の小説は期待できる。隊歴不明。
伊藤祐靖は海上自衛隊出身、2等海佐で退官。職業はアドバイザー、コンサルタント、副業なので、この先、小説を執筆するかどうか。

以前に読んだ自衛隊の小説
有川浩「空飛ぶ広報室」
福田和代「迎撃せよ」「潜航せよ」「生還せよ」「碧空のカノン 」「群青のカノン」「薫風のカノン」

プロの自衛官の視点での臨場感・存在感とインタビュー調査で書く臨場感・存在感とは違うもんですねぇ。

読書メーター

広島ブログ

« ウィンドウズの動きが遅くなったら | トップページ | 予定しているコースが何キロかを見積もるには »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウィンドウズの動きが遅くなったら | トップページ | 予定しているコースが何キロかを見積もるには »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31