無料ブログはココログ

« きたいのさぎし | トップページ | わが殿 下 »

2021年4月 5日 (月)

わが殿 上

「わが殿 上」畠中恵 文芸春秋
しゃばけ、つくもがみ、ちょちょら、うずら大名など、その系統だと思って取り掛かりました。
違った、大真面目なお話しじゃないか。
内山七郎右衛門は八十石の軽輩の身分、藩に出仕するようになった。
藩は越中大野藩、藩主は土井利忠、七郎右衛門より四歳年下。
お目見えの折り、気に入られて、財政再建を命じられることになる。
大野藩は九万両の借財を背負っている。
借財の返済方法を考えるように向けられる。
手始めに、銅鉱山の再開発を命じられる。
新しい鉱脈を発見するより方法がない。
三万両、幕府から借金してことに当たる。
新鉱脈を当てました。
誰かに恨まれて、谷底へ突き落される。
二度目、雪の谷底に突き落とされるところで上巻が終わる。

読書メーター

広島ブログ

« きたいのさぎし | トップページ | わが殿 下 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« きたいのさぎし | トップページ | わが殿 下 »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31