無料ブログはココログ

« 可愛川の源流を求めて、分水嶺まで(自転車篇) | トップページ | ダチョウはアホだが役に立つ »

2021年4月29日 (木)

富岳 世界4冠スパコンが日本を救う 圧倒的1位に輝いた国産技術の神髄

「富岳 世界4冠スパコンが日本を救う 圧倒的1位に輝いた国産技術の神髄」日経クロステック 日経BP
題名が長いでしょ。
表紙だけじゃない、本の奥付を見てもと、きっちりそのまま長いのです。富岳、というショートタイトルじゃないのです。
ジャーナリスティックな面では理解できます。
アカデミックな側面ではとても理解できません。
ベンチマークテストで世界には有名なのが4種類あります。
富岳は全部のベンチマークテストで一位でした。
二位に圧倒的な大差をつけての一位なのだ。
前に世に出したスパコン京は、成績は良かったが、演算素子が独特だったので、売れなかった。
ソフトウェアを組むのに取り付きにくかったからだ。
富岳は、ソフト設計に馴染みのある演算回路を使ったので、今度は売れる見込みなのだ。
次のステップは量子コンピューターなのだ。
この章は、読み流した程度では、理解することができません。
わたしには歯が立たないけど、がんばってね。

読書メーター

広島ブログ

« 可愛川の源流を求めて、分水嶺まで(自転車篇) | トップページ | ダチョウはアホだが役に立つ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 可愛川の源流を求めて、分水嶺まで(自転車篇) | トップページ | ダチョウはアホだが役に立つ »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31