無料ブログはココログ

« 虹色のバッジ | トップページ | 識見、見識 »

2021年4月19日 (月)

探偵は女手ひとつ

「探偵は女手ひとつ」深町秋生 光文社
6篇の短編集、主人公は椎名留美、山形県警を退職して、探偵として生活している。
探偵の依頼より、便利屋の仕事のほうが多い。
パチンコの順番取り、サクランボの採集、万引きの監視員、雪かき、デリヘリ嬢の送迎。
探偵の腕はすごいのだ。
客には、警察署の署長もいる。署長は前の上司、署員に秘密で捜査を依頼することもあるのだ。
全員山形弁をしゃべる。
これが東京弁・関東弁で書いてあるとあざといが、だれもが山形弁ならキツイお話しもほっこりするなぁ。
探偵の内容は、サクランボ泥棒、売春摘発(無報酬で探偵)、ホストクラブでの詐欺、大麻の摘発、ストーカーにお灸。

読書メーター

広島ブログ

« 虹色のバッジ | トップページ | 識見、見識 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 虹色のバッジ | トップページ | 識見、見識 »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31