無料ブログはココログ

« 個別の案件にはコメントできない | トップページ | 県道12号線(東城足立線)を岡山県境へ(自転車篇) »

2021年5月 5日 (水)

夢幻

「夢幻」上田秀人 中央公論新社
第1部「夢の天下」徳川家康 第2部「幻の天下」織田信長
こういう構成になっています。
第1部はいきなり本能寺の変が始まり、家康は命からがら三河へ帰ります。
一転、そこから家康の人質時代から物語が始まります。
第2部、信長が家督を引き継いで、家中を引き締め従わぬものを打ち取るところから始まります。
この先は、今までの小説とそう変わりない姿で叙述してきます。
関東から中国四国までほぼ切り取ったと思えるあたりで、朝廷が意に従わぬのを咎めます。
それに気が付いたのが近衛前久、切り崩し工作を始めます。
ほとんど出番がなかった明智光秀が出現します。
第1部の冒頭部分に続きます。

読書メーター

広島ブログ

« 個別の案件にはコメントできない | トップページ | 県道12号線(東城足立線)を岡山県境へ(自転車篇) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 個別の案件にはコメントできない | トップページ | 県道12号線(東城足立線)を岡山県境へ(自転車篇) »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31