無料ブログはココログ

« 東城の多飯が辻山の山麓を周回(自転車篇) | トップページ | 両手をわきわきする »

2021年6月11日 (金)

観月

「観月」麻生幾 文芸春秋
ここは大分杵築市、波田野七海はスートーカーの気配を感じるようになった。
ストーカーは七海を石段から突き落としして怪我まで与えた。
このあたりは恐怖の気配が満ち満ちています。
杵築で殺人があり、東京で殺人があり、それが結びついていく。
大分弁、大分の行事に麻生幾はずいぶん達者です。
著者の略歴・出身は明かしていませんが、大分の出身じゃないかしら。
事件の根源は20年以上前にあります。
七海の父は公安の刑事で、闇に処理した事件の結果が今押し寄せています。
ホラー小説を読んでいる気分になります。
麻生幾、ホラーの語り手ではえらく達者です。

読書メーター

広島ブログ

« 東城の多飯が辻山の山麓を周回(自転車篇) | トップページ | 両手をわきわきする »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東城の多飯が辻山の山麓を周回(自転車篇) | トップページ | 両手をわきわきする »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31