無料ブログはココログ

« 大事なことだから二度、そして、繰り返しになりますが | トップページ | 6月に読んだ本 »

2021年6月30日 (水)

なぜ秀吉は

「なぜ秀吉は」門井慶喜 毎日新聞出版
秀吉は小田原を平定した。
明へ討ち入ろう、朝鮮をまず平らげよう。
秀吉は腰を上げた。
唐津に名護屋城を築いた。
弟の秀長も、徳川家康も、博多の豪商神屋宗湛にもわからない。
なぜ唐入りかは秀吉自身も語らない。
狂言回しに朝鮮から渡ってきた青年がいる。その名はカラク。
生まれ故郷の釜山が荒らされる、ということで、秀吉を二度襲撃する。
罪に問われることもなく、二度とも放免される。
なんで放免されたんだろ。
そもそも、なぜ唐に討ち入るのか、朝鮮に渡海するのか。
遂に語ることなくお話は終わってしまう。
いつもなら、きっぱりと門井史談を語るのに、今回はどうしたんでしょうね。
門井慶喜としては珍しく生煮えのお話しです。

読書メーター

広島ブログ

« 大事なことだから二度、そして、繰り返しになりますが | トップページ | 6月に読んだ本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大事なことだから二度、そして、繰り返しになりますが | トップページ | 6月に読んだ本 »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31