無料ブログはココログ

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月31日 (土)

わたし、定時で帰ります。ライジング

「わたし、定時で帰ります。ライジング」朱野帰子 新潮社
表紙が凄い、一万円札が乱舞している。
そう、この巻は給料のお話しです。
東山舞衣は末端の管理職になった。
部下の残業申請が多い。残業するほどの仕事量じゃないのにな。
生活残業なのだ。給料が安いから残業手当で補っているのだ。
恋人の種田晃太郎は仙台支店に応援に行ったまま帰ってこない。
仙台支店のテコ入れに行っているのだ。
ヒロインは残業せずに定時で帰る。残業手当を部下の本給に繰り込んでちゃんと生活るようにしてやりたいな。
業務改善提案書に取り掛かる。
仰天する提案が始まった。
新しいキャラクターの紹介は丁寧だが、前々から出ているキャラは、前作、前々作にあるから紹介なし。
三作目から読み始めると損します。第一作から読むべし。

WEBマガジン「yomyom」で連載されたものです。
本来なら、日本経済新聞、東洋経済新報、週刊ダイヤモンドなどで連載されることが推奨されるべきものだった。

読書メーター

広島ブログ

2021年7月30日 (金)

車の鍵がありました、というお話し

先日の自転車輪行で、駐車場に帰ると、車の鍵を落としていた、という事件がありました。
どうしょうもない、スペアキーを我が家に取りに帰らなきゃならない。
さらに往復で自転車20キロ走ったもんです。

自動車販売店にスペアキーのスペアキーを注文したら
三次交番から問い合わせの電話がありました、とのこと。
キーにはプラスチックのタグが付いていて、自動車販売店の電話番号が書いてあるからです。
転送先の三次警察署に届け出のキーはありました。

届けてくれたのは小学生5人くらい、名前は名乗らず、ということです。
ザックが背中に当たって、当たりを直すのに、街路樹の木陰でザックを下した。
その時に、サイクルウェアのポケットから落ちたのだろうと思います。

電子式のキーで、コピーを作るのに、2万円程度かかるとのことです。
いやぁ、助かったぁ。

広島ブログ

2021年7月29日 (木)

神野瀬川、山あいを蛇行する下流域 2回目(自転車篇)

尾関山と比熊山を繋ぐ低い尾根を越えて、江の川に沿って下っていく。国道54号線に合流する。神野瀬川に沿って走るようになる。神野瀬川に架かる最初の橋が日山橋。
この先で洞門を二つ潜る。みはら洞門、みはら第二洞門、庇の下を抜けていくのだ。
ラブホテルの前を通るのだが、ラブホテルに、結集!ひろしま、立憲民主党系の選挙ポスターが貼ってある。
そりゃぁ、ラブホテルだからふたりで結集することなんだが、業種に不似合いなポスターだと思いませんか。
神野瀬川に次に架かる橋が神明橋、橋を渡らず、橋の手前で脇道に進む。
坂道の途中に道の分岐がある。以前に、この道を進んでみた。地図には橋もないし、道も結ばれてはいない。いいえ、ちゃんと橋がある、黍新橋、渡ればそこは布野町、黍集落。
そのまま進めば、神之瀬橋、橋を渡って、山家町に入り、神之瀬集落、そのまま山家町の中心部目指して進んでいく。神野瀬だったり、神之瀬だったり、地名には拘りがあるから尊重しましょう。
で、先ほどの分岐、路面に中国山地コースY10とプリントがある。別名、道の駅グルメ堪能コース。
道の駅ゆめランド布野、道の駅ふぉレスト君田、道の駅たかの、道の駅たたらば壱番地、道の駅掛合の里、を結ぶ自転車コースなのだ。距離が125kmあるから、覚悟して乗り込んでね。
だらだらとした一本道で、暑いので木陰の誘惑には勝てない。要所要所で休憩することになる。
峠が見えている。こういうのは峠と呼ぶのだろうか。馬の背とでも呼びたくなる。今は休耕田だが、たんぼが連続して繋がっているのですよ。こういうのは峠とは違うと思うがねぇ。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜き書きです。
全体の姿は下のリンクからお出でください。

http://sherpaland.net/bike/2021/bike-210726-kannose_karyu2/bike-210726-kannose_karyu2.html

広島ブログ

2021年7月28日 (水)

・・・ これは何?

・・・ あるいは ...
この名前は何でしょう、答え、三点リーダー
用途は
語尾に余韻を持たせたり、文章を省略したり、すること

うん、はいはい、で、それがどうしたの
いや、最近の発見、なるほど、あれはそういうことだったのか

広島ブログ

2021年7月27日 (火)

返し 仕返し

返しは、反応だったり、答礼だったり、そんなもんですよねぇ
仕返しとなると、そりゃもう、暴力的になります
お返しはちょっとビミョウ、両方の意味があるんですよ
繰り返し、これは全然別物、気を遣う必要はありません

広島ブログ

 

2021年7月26日 (月)

自転車のポンプが泥で塞がれた

自転車に空気を入れようとして
ポンプの注入口が泥で塞がれています
ははぁ、さては泥バチの仕業だ
爪楊枝で突き崩すと、泥バチの幼虫、ウジ虫が出てきました
水で洗って、泥を落として、乾くまでちょっと待つ
さて、使用、ちゃんと空気が入りました

草刈り機などの農機具で、エンジンの排気口に泥バチが巣を作ることはよくあることです
こんなところでやりおった
もう巣は作らせない、レジ袋で空気入れの先っちょを包んで、泥バチの侵入を防ぎました

広島ブログ

2021年7月25日 (日)

埋蔵文化財 出土品

過去の工作物が地中に埋まっていますが
明治・大正、戦前でのものは出土品と称されるのが通常です
戦後のものは、埋蔵文化財と呼ばれています
未発掘のものも埋蔵文化財ですから、こっちのほうが対象が広い

広島ブログ

2021年7月24日 (土)

絶滅危惧個人商店

「絶滅危惧個人商店」井上理津子 筑摩書房
雑誌連載の商店街聞き込み雑記。ト書きが地の文・会話文に混然一体と混ざっている。
タイトルが、大田区梅屋敷の青果店「越後屋」「父には死ぬまで働いてもらいますよ」
台東区の「金星堂洋品店」「(よく売れるのは)カストロとベトコンですね」などなど
インタビュアーは若いのかと思いきや、アラ還のベテランだった。
やはり、インタビューするのではなく、聞き込むことなんだろうなぁ。
分量は、毎回ほぼ12ページ、挿絵のイラストがええ味を出している。
絶滅危惧とは失礼だが、ほんとに絶滅が危惧されるのもあり、隆々と栄えている個人商店もある。

2018年12月から2020年5月まで連載、雰囲気は昭和そのものだが、いえいえ令和のものです。

読書メーター

広島ブログ

2021年7月23日 (金)

Amazon で見るカタログの言葉

----
LIXADAのサイクリングウェアセットには、半袖シャツとショーツが含まれています。
それはあなたが快適でクールな気分にさせる、プレミアムポリエステル生地、軽量、通気性と速乾性で作られています。
ショートパンツは完璧にあなたの体にフィットするように伸縮性があります、
そしてパッドを入れられたクッションは柔らかくて、抗菌性で、そして長い乗り物に適しています。
このサイクリングウェアセットはどんなサイクリストにも必需品です。
-----
LIXADAとは、どうやらアメリカの会社のようです
カタログの言葉は翻訳調そのものです
もうちょっと日本語らしい日本語に翻訳できないものかね

2行目、二つの文章が関係代名詞で結ばれているのがありありと見えます、二行に分けなさい
4行目、---そして長い乗り物に適しています---
長い乗り物とは自転車のフレームが長いのかね、長い自転車コースでしょ、ライドはそのまま日本語で通用するよ

違和感が湧くのは、自動翻訳そのままだからです
自動翻訳を、日本人の従業員に読ませて、日本語として通用するように書き直さなきゃ

カートに入れましたが、興醒めしました、買う気が消えました、キャンセルしました

広島ブログ

2021年7月22日 (木)

よさげな

あちこちの文中にちょいちょい見かけるのが「よさげな」
よさそうな、の言い換えですね
○○げな
これは昔からあります
物憂げな、はかなげな
あるにはあるのですが、いかにも古風だ
現代的に、物憂そうに、はかなそうに、こう言い換えるのが普通です

違和感が湧くのはこんなところからです
汚なげな、清らかげな
汚なげな、なら問題はないが、清らかげな、とは不似合いな
濁音の、げな、に問題があるのです

濁音があっても、あえて、よさげな、と言い切る、その感覚が理解できません
タブーを破ることで、「してやったり」感が湧き上がるからかもしれません

広島ブログ

2021年7月21日 (水)

柳楽優弥について

柳楽優弥という俳優がいます
柳楽と姓だけで書かれていると
三遊亭柳楽と補ってしまうのです

ごめん
貶めるつもりはありません
ただの、チャチャイレです

柳楽優弥とは誰?
NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」で海賊商人龍雲丸といえば
思い出しませんか

広島ブログ

 

2021年7月20日 (火)

アフリカ出身 サコ学長、日本を語る

「アフリカ出身 サコ学長、日本を語る」朝日新聞出版 ウスビ・サコ
ウスビ・サコ、生まれはアフリカ、サハラ西のマリ共和国、フランス文化、イスラム教、マリ伝統文化の国です。
高校まではフランス式私学で学び、中国に留学、欧米が希望で、本意ではなかったが、奨学金の関係で、ま、それでもええか。
留学中に日本人に出会い、変わってるなぁ、日本に行ってみようか。
京都大学大学院に入学、建築学を学ぶ。博士号取得。
大学院を出るにあたり、誰かにコネ付けしてもらうのは嫌だなぁ。
自分で探して、京都精華大学人文学部専任講師に職を得る。
支持を得て、学長に当選する。
日本の教育は「型に嵌める」事だと、著者は指摘する。
マリでは自由に育った。自由ということをもっと考えてほしいと語る。
学長に就任し、改革に励んでいる。文科省から指令があるが、押し返すことも厭わない。

読書メーター

広島ブログ

2021年7月19日 (月)

雪に撃つ

「雪に撃つ」佐々木譲 角川春樹事務所
サブタイトルが、道警・大通警察署
道警裏金問題で冷や飯を食わされている、佐伯宏一、新宮昌樹、小島百合、津久井卓。
巻頭は、ベトナム人の技能実習生が脱走するところから始まる。
札幌雪祭りが始まる、前日か前々日ころ。
自動車が盗まれる、佐伯・新宮が担当する。
札幌市内でピストル射撃事件が発生、津久井が担当。
女子校生がが家出する。小島が担当する。
発砲現場近くにNPO法人がある。外国人救済が目的らしい。
佐伯たちは彼らの活動の一端を目にするが、目をつむることにする。
犯人は検挙されるが、技能実習生には利権が絡む。
政治家、大臣クラスが関与するので、深掘りは拒否される。
道警裏金問題と同様、闇があるのだ。

読書メーター

広島ブログ

2021年7月18日 (日)

日本人=真面目論

Serchina で「もはや中国人の間の共通認識・・・「日本人はまじめで厳格」=中国」
を読みました

http://news.searchina.net/id/1700793?page=1

「日本人と言えば、責任感が強くて言動がきちんとしているというイメージだ。でも、日本人に遊び心がないわけではない」
との指摘もあった。
例えば、ある飲食店には
「お気づきの点がございましたら、どんな小さな事でも我慢してください」
との張り紙があったことを紹介している。

これには、大笑いに笑ってしまった
Serchina では、日本人罵り投稿か、たまにはベタ褒め投稿の中で
この種の、ユーモア投稿、肩透かし投稿は珍しい
型にはまった公式見解よりも、このテのものは大歓迎です

広島ブログ

 

2021年7月17日 (土)

蘇羅比古神社、本社から分社へ(自転車篇)

グーグルマップを見ていました。あれ、見も知らぬところに、蘇羅比古神社と書いてある。
国土地理院の地図にも、ゼンリンの地図にも、Mapion、MapFan の地図にも書いてないのに、そう書いてある。昭文社のロードマップにも神社の名前は書いてないよ。
これは探しに行かなきゃなるまいて。確かめに行かなきゃなるまいて。
庄原・本村の谷に入って、蘇羅比古神社に近いあたりが道が膨らんでいる。そこに駐車する。
自転車を引き出して、いざ、これから漕いでいく。
街道から鳥居が見えている。巨木なのだよ。昔、地元のおじいさんから聞いたところでは、宮島の鳥居の次に大きいと言っていた。そうかい、そうかい、そりゃそうなんだろうね。反論はしませんよ。
すぐに参拝路がある。参拝路を行かずに県道をこのまま進むと、中国道の高架下を通って、吉備谷の集落に入る。そこからは足嶽山へ入る分岐なのだ。日本ピラミッドのほうが名前が通っているかな。
参拝路をえんやえんやと漕いで登る。続かないから下りて押して歩く。案内板があって、左だと教えてくれる。
ここが蘇羅比古神社、入口に鳥居と神門がある。参道を進んで本殿の前に進む。本殿の横に由緒の案内板がある。祭神は神武天皇と他とある。蘇羅比古についての記述がないよなぁ。
蘇羅比古について検索したが由緒については不明、出雲の神でも大和の神でもないみたい。ここローカルの神なんでしょうね。
神社の背後から大黒目山に登ったことがある。最初に登った時はまだ道があった。二度目に登ったときはもう道が定かじゃなかった。
神社から下りて、県道を少したどって、本村自治振興センターがあって、その先の十字路を右折する。県道23号線から県道422号線に移行するのだ。
山越えの道だがそんなに苦しい道ではない。ごく普通の登り。登り詰めたあたりに分岐がある。
この分岐から篠津池に向かうのだ。池に行く手前に大黒目山への登山路があるのだ。こっちのほうがポピュラーな道なのだ。
そっちには行かずに左に向かう。下りの道になる。どんと下ると信号交差点がある。永末小学校前の交差点と言えば伝わるかなぁ。
その交差点を右折、ちょっとした登りがあって、その向こうで国道183号線に合流する。西城川に沿って遡行する。

編集が終わりました。
新しいページをアップしております。
これは出だしの部分の抜き書きです。
全体の姿は下のリンクからお出でください。

http://sherpaland.net/bike/2021/bike-210714-sorahikojinja/bike-210714-sorahikojinja.html

広島ブログ

 

2021年7月16日 (金)

プロデューサー

プロジューサー、プロデユーサー、これは違うよな
キーボードでどのキーを押せば、ちゃんとした文字になるのかな
困って、producer 英単語で検索すると、カタカナ語はプロデューサーと判明しました
ということは
ひらがな入力で、purodexyu-sa- と打ち込めばええのだ
ぷろでゅーさー、ほらね、これをカタカナ変換すればええのだ
やっと正字法を獲得したぞ

度忘れというか、認知症の先触れというか、一瞬、落とし穴に嵌まって立ち往生しました

広島ブログ

 

2021年7月15日 (木)

違かった

違(ちが)う、は、違(ちが)う、言い換えはない
違(ちが)っていた、は、違(ちが)かった、と言い換える

追記

違(ちが)うよ、は、違(ちげ)ぇよ、と言い換える
違(ちが)う、は、違(ちげ)ぇ、にはならない

難(むず)かしい、は、難(むず)い
難(むず)かしかった、は、難(むず)かった

若者の日常の言葉の採録です
傾向として
短縮したがるのかなぁ
音韻変化は、法則性があるのやらないのやら
50年後の日本語はこのように変化するのでしょうか

日常語は日常語、公式語は公式語
両方の言葉を操るようになるでしょうね
バイリンガルになります
誰もが田舎の言葉と共通語の両方を操っています
時々、油断して垣根を越えることもありますが
両方の言葉の使い分けはそんなに難しいことじゃありません

広島ブログ

 

2021年7月14日 (水)

背中の蜘蛛

「背中の蜘蛛」誉田哲也 双葉社
あの誉田哲也だもの、背中の蜘蛛とは、ヤクザの入れ墨のことだろう。
違った、全然見当違い。
警察庁本庁のサーバーだった。
名前がスパイダー、腕を伸ばしてデータを集める。
集めたデータを統合して筋を書く。
第1部が主人公登場、この人が主人公だよ。
第2部、犯人側登場、最初は他愛のないお話しなのだ。第3部になって意味が明らかになる。
第3部、見かけ上、犯人は捕まります。
これからどうするんだよ。このまま警察は国民の観察・監視を続けるのかい。
今までの誉田哲也は、爽やか誉田哲也と血まみれ誉田哲也がありました。
そうじゃない誉田哲也が現れて嬉しい。

読書メーター

広島ブログ

2021年7月13日 (火)

一回り上 イッコ上

年齢のお話しなんですがね
歳の差について、一回り上、下、という言い方をします
12歳違うわけです、子年、丑年、寅年、一回り違うわけです
わたしにはこれ、ピンとこない、10歳上、下、ならよく分かる
十二支なんて、年賀状以外では、頭の片隅にもない
一回り上、下、と言われても、10歳上、下と置き換えてやり過ごしています

最近、イッコ上、下、という言い方が出てきました
イッコ、ニコ、サンコ、だいたい使用範囲はそのくらいみたいです
ジュッコ上、などとは言わない
気が付いてみると、若年層から中高年層まで、意外に広がっている
老年層だけが、イッコ、ニコ、サンコ、この言い方を知らない
いつの頃から言い始めて、隣接する上の世代に言い方を広げていったんでしょうね
下の世代には、努力せずとも自動的に伝わっていきます

広島ブログ

2021年7月12日 (月)

なんかごめん

あれ、気分壊した?ごめんごめん
とりあえず謝っておく、なんかごめん
保険を掛けて、謝っておく

本気で謝るわけじゃないのです、取り繕っているだけ
あの時謝ったじゃん、すぐに謝ったじゃん

なんかごめん、このフレーズ、中国語、欧米語、アラブ語、インド語
どこの世界でも翻訳できないでしょうね
軽い謝罪という文化があれば翻訳できます、なければ、長い長い注釈が付いた言葉になるでしょうね

軽々と、こんなにお手軽なごめんを作り出した、日本の若者は大したヤツです
重く苦しい謝罪から、苦渋を取り去って、気軽なごめんに変えたわけです
がんばって作り出したわけじゃありません、出来ちゃったのです
なんかごめんと言われて、受け入れるほうも受け入れるほうだ
そうじゃないよ、受け入れざるを得ない空気感があるんでしょうね

なんかごめん、これは、おっさんやじいさんからは生まれない言葉です

広島ブログ

2021年7月11日 (日)

壬申の乱と関ケ原の戦いーなぜ同じ場所で戦われたのか

「壬申の乱と関ケ原の戦いーなぜ同じ場所で戦われたのか」本郷和人 祥伝社新書
不破の関
青野ヶ原
関ケ原
この三つはほぼ同一か、ごく近隣にあります。
歴史学界で、この共通点を指摘したのは著者が最初なのだそうです。
壬申の乱、大海人皇子は東から不破の関を突破して勝利する。
南北朝時代、青野ヶ原で南朝の侵入を北朝が防いだ。
関ケ原、家康の覇権が確立した。
壬申の乱の意味、朝鮮中国に外交するのを閉ざして内政に専念した。
青野ヶ原、南朝が滅んで北朝が優位に立つ、朝廷を押さえて室町幕府が立つ。
関ケ原、時と場合によっては徳川が負けたかもしれなかった。
それを押し切った。
正直、古代の天皇がどうしようと、南北朝の正統がどうのこうの、興味はない。
関ケ原にはすごく関心があります。
最後に章を立てて、関ケ原での論功行賞、減封改易、現状維持、なるほど、そういう意味だったのか。

読書メーター

広島ブログ

2021年7月10日 (土)

総理大臣の記者会見

今の総理大臣の記者会見は夜7時から始まります
前の総理大臣の記者会見は夜6時から始まりました

7時からの記者会見は嫌いだよ
ニュースが8時に繰り下がってしまう
8時台の番組が飛ばされて迷惑なんですよ
民放では、記者会見など眼中になく
番組の変更もしないけどね

6時からの記者会見に戻しませんか
それならNHKも民放も同時に扱うでしょう
政府としてもメリットがあるんじゃないの

ほんとはね、朝の10時とか午後の3時とか、そのへんの時間帯でやってくれるのが一番ええ
ただし、洗剤とかラーメンなどのCMが挿入されて、談話はズタズタになるだろうがね
コメン亭太がいるから、フォローしてくれるでしょうよ、それとも、ひっぱたくかな

広島ブログ

2021年7月 9日 (金)

死語になった「オノマトペ」

mixiニュースでこんなのを見ました
【死語になった「オノマトペ」】
これは転載されたニュースだから、オリジナルを見よう
ダ・ヴィンチニュース
【「ガーン」ほか、使うとおっさん臭さが漂うオノマトペ】
https://ddnavi.com/news/807330/a/

その時々で、流行した表現ワードがあるんですって
ガーン
ガビーン
ぐぬぬ…
ぎゃふん
そうか、そうか、世相を反映するワード、ということね
マジか
ぴえん
今の世相にピッタリのものが出て、駆逐する、ということね

ガーン、ガビーン、これがオマノトペだと括られると違和感があるんだが
オマノトペではないとも言えないよなぁ
マジか、ぴえん、これはオマノトペではないでしょう

オノマトペという括りが消えてしまった、そう早とちりして、驚きました
タイトル付けの、適、不適、ということで、別のスレッドを立ててもええかな

広島ブログ

2021年7月 8日 (木)

本日も晴天なり 鉄砲同心つつじ暦

「本日も晴天なり 鉄砲同心つつじ暦」梶よう子 集英社
礫(つぶて)丈一郎は鉄砲百人組に属し、伊賀組の同心なのだ。
父徳右衛門はまだ隠居することなく、丈一郎は部屋住みの身分だ。
伊賀組はつつじで知られており、俸禄が少ないのをつつじの売り上げで補っているのだ。
他愛もないお話が続くが、それ、そこは幕末、動き出す前兆があるのだ。
その他愛もないお話がええのです。そうか、御家人の暮らしはそういうことなのか。
大小腰に手挟んでいても、旗本と御家人とはやはり違うのか。
ちょっと脱線します。
戦国の世では足軽小者と武士とは大きく違いました。
江戸幕府では、旗本御家人と分けてはいましたが、幕末には垣根はずいぶん低くなりました。
鉄砲同心と呼びますが、時代が時代なら、鉄砲足軽なのです。
幕末も押し詰まると、鉄砲足軽が主体となります。

読書メーター

広島ブログ

2021年7月 7日 (水)

大連合

「大連合」堂場瞬一 実業之日本社
鳥屋野高校野球部は監督のパワハラ問題で部員が大勢退部し、数人しか残らなかった。
成南高校野球部はバスが事故を起こして大多数が負傷し、無事な部員は数人しか残っていない。
鳥屋野のキャッチャー尾沢は成南のピッチャー里田に連合チームを組むことを申し入れた。
尾沢と里田は同じ中学の野球部員だったのだ。
少年ジャンプのスローガンは「友情・努力・勝利」
そのノリで進んでいく。
連合チームで甲子園に出るのだ。
それは実現するのか。
新潟県予選、初戦勝利、次も勝利。次は、次は。
テレビ中継を見るように、一球ごとに、手に取るように試合の息継ぎが伝わってくる。

読書メーター

広島ブログ

2021年7月 6日 (火)

タクジョ!

「タクジョ!」小野寺史宜 実業之日本社
タクジョとはタクシー女子を指す。
四大新卒でタクシー会社に就職した。
事務職希望ではなく、タクシー乗務を希望して入社したのだ。
働き甲斐が毎日目に見えて現れることに満足している。
毎日毎日、さしたる事件があるわけではない。
起承転結はあるが、緩い起伏なのだ。
結婚話もある。タクシーでの料金踏み倒し=かごぬけ詐欺もある。タクシー強盗まがいもある。
底に流れているのは、結婚、親子のありようの問題かなぁ。
緊迫はしていない、ゆったりと語られるお話しなのだ。
6篇の短編集です。
何月の地名、十月の羽田とか、十一月の神田とか。
月も場所もきっかけだけです、それでなきゃならない理由はありません。

読書メーター

広島ブログ

2021年7月 5日 (月)

ナレ死

ナレ死とは、演技することなく、死んだとナレーションで告げられることですが
ナレ死オンと言い換えてくれないかねぇ

広島ブログ

 

2021年7月 4日 (日)

田中家の三十二万石

「田中家の三十二万石」岩井三四二 光文社
田中久兵衛は百姓なのだ。年貢の取り立てが酷過ぎる。
やけのやんぱちで侍になった。
侍にはまだまだ、小者中間から始まるのだ。
腕にものをいわせて侍になった。始まりは三石。
仕えた主は宮部善祥坊、宮部家は浅井に仕えていたが、織田勢に鞍替えした。
宮部は羽柴秀吉の与力になった。
秀吉は子供を宮部に預けた。秀吉の甥なのだそうな。
田中久兵衛は子守を仰せつかった。
この子が後の関白豊臣秀次、これは危ないことになりそうだなぁ。
上手に身を処して、難を逃れた。
次の難所は関ケ原、石田三成と同郷で、気分は石田、計算では徳川。
計算が勝った。
果ては、三十二万石の大名にのし上がる。
それが幸せなのか、不幸なのか、微妙なところですねぇ。
最後は、田中久兵衛一代ではハッピーエンドだろうが、次の代ではバッドエンド。
次の次の代で二百石、これなら三十二万石には及びもつかないが、始まりの三石を思えば、上出来、上出来。

読書メーター

広島ブログ

2021年7月 3日 (土)

戯ける

どう読むかなぁ

ふざける
おどける

たわける
じゃらける
ちょける

前の二つは標準的な日本語でしょう
後の三つは方言だったり、芸人の業界語だったり、通用範囲が制限されます

広島ブログ

2021年7月 2日 (金)

西城から比和へ、また西城へ(自転車篇)

熊野神社への参詣道と分かれて進んでいく。この先大型車通行不能とある。道幅はあるんですよ、長尺車はカーブが曲がれないのじゃないのかな。
最後の民家と思ったが、どうやら無住みたい。せいぜい盆に墓参りに帰る程度なんじゃないかな。
ここまでは漕いできた。この先は息が切れて自転車を下りなきゃもたない。ここからは延々と押して歩く。ちょっと平らなところだけ、つまみ食いして漕いでみる。
ここが県道254号線と255号線が分かれるところ、254号線は山岳道路、比婆山公園線、竜王山・立烏帽子山へと登っていく、255号線は比和へと向かっていく。
分岐が大きな広場になっていて、そこから竜王山が一望できる。ただし、頂上は見えていないし、登山道も稜線の向うにあるのだ。
分岐から比和境界までの道は、押して歩いたり、運よく漕げるほど傾斜がゆるくなったり、総体としては歩かなきゃならない。
2013年_7月_8日 「比婆山山群、山麓を一周」で自転車で漕いで登った経験があるが、当時と体力差がある。思うようにいかない。
登り詰めたぞぉ。ここが西城と比和の境界、狭い道を直進すれば、県道で比和に向かうが、ここから緑資源幹線林道が始まるのだ。広幅の道で高規格道路なのだ。

編集が終わりました。
新しいページをアップしております。
これは一部分の抜き書きです。
全体の姿は下のリンクからお出でください。

http://sherpaland.net/bike/2021/bike-210628-saijo_hiwa/bike-210628-saijo_hiwa.html

広島ブログ

2021年7月 1日 (木)

6月に読んだ本

6月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:1625
ナイス数:48

なぜ秀吉はなぜ秀吉は感想
秀吉は小田原を平定した。明へ討ち入ろう、朝鮮をまず平らげよう。秀吉は腰を上げた。唐津に名護屋城を築いた。弟の秀長も、徳川家康も、博多の豪商神屋宗湛にもわからない。なぜ唐入りかは秀吉自身も語らない。狂言回しに朝鮮から渡ってきた青年がいる。名はカラク。生まれ故郷の釜山が荒らされる、ということで、秀吉を二度襲撃する。罪に問われることもなく、二度とも放免される。なんで放免されたんだろ。そもそも、なぜ唐に討ち入るのか、朝鮮に渡海するのか。遂に語ることなくお話は終わってしまう。門井慶喜としては珍しく生煮えのお話しです
読了日:06月30日 著者:門井 慶喜


上流階級 富久丸百貨店外商部 III (小学館文庫)上流階級 富久丸百貨店外商部 III (小学館文庫)感想
鮫島静緒は外商部でトップランナーになった。売っている商品のブランドは見たことも聞いたこともないブランドばっかりだぞ。アラフォー手前、このまま外商部を続けられるか、考えることもしばしばあるす。そんな時、製菓学校時代の同級生から、別チャンネルを起ち上げる、役員として参加してほしいと話がある。マンションを買う寸前に、キャッシュ払いのライバルが現れて、持っていかれてしまう。著作権ビジネスの仲介もする。中学お受験の世話もする。高殿円、百貨店外商の内情に詳しい。そういう職歴があったのか。聞き込みとリサーチでそこまでの
読了日:06月19日 著者:高殿円


ヴィンテージガール 仕立屋探偵 桐ヶ谷京介ヴィンテージガール 仕立屋探偵 桐ヶ谷京介感想
テレビで警察の公開手配を見た。10年前に少女が殺された。着ていた衣服が公開されているのだ。仕立ては念入りだ。生地は、10年前どころではない、もっと古いデザインなのだ。桐ヶ谷京介は衣料品業界のブローカーなのだ。メーカーと職人を結び付ける仕事。古物商の小春を巻き込んだ。この生地のデザインを知らないかい。ビキニ環礁の水爆のデザインね。ボタンについて手芸店のミツおばあさんに知恵を借りた。警察に得た情報を提供した。京介たちの見立てを警察に話した。10年前に捜査した手口とは大違いの切り口で迫ってくる。犯人まで到達する
読了日:06月18日 著者:川瀬七緒


カラ売り屋、日本上陸 (角川書店単行本)カラ売り屋、日本上陸 (角川書店単行本)感想
中編3篇でできています。「病院買収王」「シロアリ屋」「商社絵画部」アメリカから日本上陸したのはパンゲア&カンパニー、読む前の印象では、さぞかし悪辣なカラ売りの手口が公開されているのだろうな。いいえ、カラ売りされる側に大きく問題があるのです。病院チェーンでは、リース融資の会社を設立して、リースで雁字搦めにして奪い取っていく。シロアリ駆除で違法を繰り返しながら上場を維持している。商社の絵画部門で闇の手口がある。いずれもそれぞれの手口を暴いて、レポートを公開する。株価は一挙に暴落する。暴落したところで買い戻して
読了日:06月15日 著者:黒木 亮


観月 KANGETSU (文春e-book)観月 KANGETSU (文春e-book)感想
ここは大分杵築市、波田野七海はスートーカーの気配を感じるようになった。ストーカーは七海を石段から突き落としして怪我まで与えた。このあたりは恐怖の気配が満ち満ちています。杵築で殺人があり、東京で殺人があり、それが結びついていく。大分弁、大分の行事に麻生幾はずいぶん達者です。著者の略歴・出身は明かしていませんが、大分の出身じゃないかしら。事件の根源は20年以上前にあります。七海の父は公安の刑事で、闇に処理した事件の結果が今押し寄せています。ホラー小説を読んでいる気分になります。ホラーの語り手としては達者です。
読了日:06月11日 著者:麻生 幾


いわいごと (文春e-book)いわいごと (文春e-book)感想
まんまことシリーズの第八弾なのだそうだ。このシリーズ、どれを読んでも似たような既読感で、そういうマンネリがええんですよ。八丁堀同心の相馬吉五郎の家では同心から与力に昇格する喜びが来る。町名主の高橋麻之助の高橋家では、支配町が増える、嫁を貰う。同じく町名主の八木清十郎の八木家では、今回は出番なし。その代りと言っちゃぁなんだが、金貸の丸三(まるさん)の出番が多い。オール読物連載の短編6篇。どれが一番面白かったか。「八丁堀の引っ越し」同心から与力への昇格なんぞ、他の小説では読んだことがない。なるほどそんなことも
読了日:06月06日 著者:畠中 恵


ヘルメースの審判 (角川書店単行本)ヘルメースの審判 (角川書店単行本)感想
重電家電メーカーのニシハマだが、東芝をイメージして書かれているな。主人公は肥後賢太、ハーバードを卒業して、肥後家に入り婿したのだ。ニシハマは学閥の塊で、東都大学で固めている。洛北大学出身でも役員から排除されるのだ。ニシハマは原発のメーカーだが、福島被災以来、原発の将来が揺らいでいる。肥後はアメリカのシェールガスの取引に参加する権利を得た。それを材料に役員の椅子を得た。会長社長の無理な采配で、粉飾決算に嵌まり込んでいた。水戸黄門を思い出してください。悪は滅ぶ、わっはっはっはの終幕が待っています。
読了日:06月04日 著者:楡 周平

読書メーター

 

広島ブログ

 

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30