無料ブログはココログ

« 壬申の乱と関ケ原の戦いーなぜ同じ場所で戦われたのか | トップページ | 一回り上 イッコ上 »

2021年7月12日 (月)

なんかごめん

あれ、気分壊した?ごめんごめん
とりあえず謝っておく、なんかごめん
保険を掛けて、謝っておく

本気で謝るわけじゃないのです、取り繕っているだけ
あの時謝ったじゃん、すぐに謝ったじゃん

なんかごめん、このフレーズ、中国語、欧米語、アラブ語、インド語
どこの世界でも翻訳できないでしょうね
軽い謝罪という文化があれば翻訳できます、なければ、長い長い注釈が付いた言葉になるでしょうね

軽々と、こんなにお手軽なごめんを作り出した、日本の若者は大したヤツです
重く苦しい謝罪から、苦渋を取り去って、気軽なごめんに変えたわけです
がんばって作り出したわけじゃありません、出来ちゃったのです
なんかごめんと言われて、受け入れるほうも受け入れるほうだ
そうじゃないよ、受け入れざるを得ない空気感があるんでしょうね

なんかごめん、これは、おっさんやじいさんからは生まれない言葉です

広島ブログ

« 壬申の乱と関ケ原の戦いーなぜ同じ場所で戦われたのか | トップページ | 一回り上 イッコ上 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 壬申の乱と関ケ原の戦いーなぜ同じ場所で戦われたのか | トップページ | 一回り上 イッコ上 »

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30