無料ブログはココログ

« Amazon で見るカタログの言葉 | トップページ | 埋蔵文化財 出土品 »

2021年7月24日 (土)

絶滅危惧個人商店

「絶滅危惧個人商店」井上理津子 筑摩書房
雑誌連載の商店街聞き込み雑記。ト書きが地の文・会話文に混然一体と混ざっている。
タイトルが、大田区梅屋敷の青果店「越後屋」「父には死ぬまで働いてもらいますよ」
台東区の「金星堂洋品店」「(よく売れるのは)カストロとベトコンですね」などなど
インタビュアーは若いのかと思いきや、アラ還のベテランだった。
やはり、インタビューするのではなく、聞き込むことなんだろうなぁ。
分量は、毎回ほぼ12ページ、挿絵のイラストがええ味を出している。
絶滅危惧とは失礼だが、ほんとに絶滅が危惧されるのもあり、隆々と栄えている個人商店もある。

2018年12月から2020年5月まで連載、雰囲気は昭和そのものだが、いえいえ令和のものです。

読書メーター

広島ブログ

« Amazon で見るカタログの言葉 | トップページ | 埋蔵文化財 出土品 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Amazon で見るカタログの言葉 | トップページ | 埋蔵文化財 出土品 »

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30