無料ブログはココログ

« 非難囂々 | トップページ | 難癖 »

2021年8月27日 (金)

君と歩いた青春 駐在日記

「君と歩いた青春 駐在日記」小路幸也 中央公論新社
駐在日記の3作目です。
妻は外科医、患者から逆恨みで襲われた。
もうメスは握れなくなった。
夫は刑事だったが、駐在所勤務を志願して、妻の癒しを優先した。
タイトルは、〇曜日の何々はあれこれ
中編4篇で、駐在所管内で事件が起きます。
どれも、警察案件ではない。
相続、スキャンダル、幽霊、埋蔵金、警察の立ち入る範囲ではありません。
その全部に絡んで、見事に事件を終結させます。
駐在さんは優秀なんです。
小説の時代は、ザ・ピーナッツが引退する頃、ロッキード事件があった頃。
そりゃ、一昔も二昔も昔の頃だ。
小路幸也、14歳か15歳の頃、ザ・ピーナッツ引退、ロッキード事件発覚、があった頃だ。

読書メーター

広島ブログ

« 非難囂々 | トップページ | 難癖 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 非難囂々 | トップページ | 難癖 »

最近のトラックバック

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31