無料ブログはココログ

« すゑひろがりず | トップページ | みつばの郵便屋さん »

2021年8月22日 (日)

天下商人 大岡越前と三井一族

「天下商人 大岡越前と三井一族」高任和夫 講談社
徳川幕政の世は、米経済から貨幣経済に移行して行きます。
米は新田開発などで増産し、消費より生産のほうが増していきます。
米で扶持をもらっている武士は手取りが減っていきます。
将軍吉宗は米価の値上げを政策の基本にします。
大岡越前は米価ではなく、貨幣の流通を増やすことを主張します。
小判を改鋳して、流通量総量を増やすことが基本だと考えます。
吉宗は押し切ろうとし、大岡は必死に抵抗します。
江戸は金遣い、上方は銀遣い。
通貨の本位制がダブルなのは矛盾を孕みます。
改鋳で、金銀の比率を調整するべきなのです。
大岡越前はただの町奉行ではありません。
勘定奉行の職責まで踏み込んでいるのです。
メインのストーリーが大岡越前、裏のストーリーが三井一族。
波乱万丈なのが大岡越前、きわめて順調なのが三井一族。
お話は波乱万丈のほうへ傾きます。

読書メーター

広島ブログ

« すゑひろがりず | トップページ | みつばの郵便屋さん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« すゑひろがりず | トップページ | みつばの郵便屋さん »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31