無料ブログはココログ

« きちっとした ならずもの でっちあげ | トップページ | 名前に敬称を付けるか、問題 »

2021年8月 4日 (水)

江戸のジャーナリスト 葛飾北斎

「江戸のジャーナリスト 葛飾北斎」千野鏡子 国土社
ほう、北斎はジャーナリストだったのかい、どれどれ。
読み始めたが、普通の略伝じゃないか。
どこにジャーナリストと書いてあるんだろう。
北斎は長崎のカピタンと親交があった。
海外に興味があるのだからジャーナリストの精神を持っている。
何を言うてますか。
羊頭狗肉じゃないか。詐欺とまでは言わないが、中身と看板が大違いだ。
鳥観図を得意にしている。大空高くに視点を置いて、地上を見下ろして書いている。
これがジャーナリスストの視点だ。
はい、はい、そうですか。
シーボルトは大量の日本の文物を持ち帰っている。
その中に北斎漫画があった。北斎漫画は西洋の画壇に大きな影響を与えた。
シーボルトのほうがジャーナリストだったのじゃありませんか。
シーボルトにとって、北斎は取材の対象だったのじゃないの。
ロシアのコレクションに大量のものがあります。
海軍士官が集めて、国立プーシキン美術館に寄贈されました。
現在、オランダとロシアに北斎の美術品が大量に残る由縁です。

読書メーター

広島ブログ

« きちっとした ならずもの でっちあげ | トップページ | 名前に敬称を付けるか、問題 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« きちっとした ならずもの でっちあげ | トップページ | 名前に敬称を付けるか、問題 »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31