無料ブログはココログ

« 三次の神社、作木の迦具神社、本社も分祠も全部(自転車篇) | トップページ | 「違和感」の日本史 »

2021年9月16日 (木)

事案 案件 事件

事件の意味は見ての通り
表ざたになった犯罪です

事案と案件の区別が分からない
ウィキペディア的には区別がつくかも
だけど、いまいち使い分けに合点がいかない

高度成長期以前は案件だった
高度成長期以後は事案と呼ぶようになった
しぇるぱ的な解釈ではこうです

試してはいませんが
松本清張の小説を読むと、答えがあるんじゃありませんか
彼の作品なら、経済界も舞台にしている、お役所も舞台にしている
松本清張は高度成長期以前でしたからね、その時代を反映しているはずです

なんで案件が事案に変わったの
変わったのだから、しゃぁあんめぇ
周りがそうするから、流れに乗っているんですよ

広島ブログ

 

« 三次の神社、作木の迦具神社、本社も分祠も全部(自転車篇) | トップページ | 「違和感」の日本史 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三次の神社、作木の迦具神社、本社も分祠も全部(自転車篇) | トップページ | 「違和感」の日本史 »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31