無料ブログはココログ

« 8月に読んだ本 | トップページ | 高瀬庄左衛門御留書 »

2021年9月 2日 (木)

生まれつきの花 警視庁花人犯罪対策班

「生まれつきの花 警視庁花人犯罪対策班」似鳥鶏 河出書房新社
花人(かじん)という新人類が生まれました。
日本では全体の2%程度。普通の会話以外に超音波で会話できます。頭がよくて勉強ができるので出世しやすいです。
ただ、花人はユリの体臭がします。それで常人からは花人と悟られます。
常人はひがみ、嫉妬し、花人を圧迫し、排除しようとします。
火口竜牙、警視庁本庁勤務、水科此花、警視庁翻訳センター勤務、草津佳久、警視庁本庁班長。
水科だけが花人、他は常人。
連続して殺人事件が3件起きる。いずれも密室殺人事件。
草津が解決する。犯人はそれぞれ花人だった。
話しはこれでは終わらない。
どうひっくり返るのかがこのお話しのキーポイントなのだ。

読書メーター

広島ブログ

« 8月に読んだ本 | トップページ | 高瀬庄左衛門御留書 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 8月に読んだ本 | トップページ | 高瀬庄左衛門御留書 »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31